思い出のスプーン

公開日: 家族 | 心温まる話 | 恋愛 | |

ケーキカット(フリー写真)

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。

幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。

もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。

でも常に沢山の愛情を受け、何不自由ない生活でした。

両親共に少し年を取ってからの子供だったこともあると思います。

本当に仲良し家族で反抗期も無く、両親のことが大好きでした。

そんな私にも好きな人が出来ました。

学生の頃から好きな人や付き合った人は何人かいたけど、初めて結婚を意識した人でした。

でもその人とは遠距離恋愛だったんです。

最初から解っていたことだけど、結婚を意識した時、好きな人と一緒に暮らすためには両親とも友達とも離れなければいけないことが大きく伸し掛かりました。

どちらかを選択しなければいけないということは、私にとって辛いことでした。

バレンタインの日でした。

私は彼から逆チョコをもらい、プロポーズされました。

少し前から何となく予感のようなものはありました。

でもその場で「はい」とは即答出来ませんでした。

次のデートまで約2週間、私は悩みました。

そして彼と結婚することを決めました。

プロポーズしてもらった時は凄く嬉しかったし、本当に彼のことが大好きだったからです。

結婚を決めてから、私は両親や友達と出来るだけ一緒に時間を過ごしました。

それと同時に少しずつ荷物を整理し、荷造りをしました。

二度と会えない訳ではないと解っていても、慣れ親しんだ場所を離れることはとても寂しく感じました。

そしてついに結婚式の日を迎えました。

式場に着いてから、緊張の中、あっという間に時間は過ぎて行きました。

挙式を終え、披露宴が始まりました。

ケーキカットを終え、ファーストバイトとなりました。

司会の方の言葉に両親が驚きました。

両親には内緒にしていたけれど、ラストバイトを予定していたのです。

思いも寄らず呼ばれた両親は、戸惑いながら会場の方に誘導され、私たちの元に来ました。

彼のお母様から彼へのラストバイトの後、私の番となりました。

私は母親に内緒で自宅から持って来たスプーンを取り出しました。

自宅で長年ずっと使って来たスプーンでした。

母親はスプーンを見てすぐにそれに気付き、驚いていました。

スプーンを渡すと、控えめにケーキをすくって私の前に差し出してくれました。

私が口を開けて食べた後、母親は涙ぐんでいました。

スプーンは式場で洗ってもらい、母親が持ち帰りました。

今でも実家にはその時のスプーンがあります。

沢山の思い出と母の味と共に。

進学祝い(フリー写真)

金ピカの時計

大学が決まり、一人暮らしを始める前日の日の事。 親父が時計をくれた。 金ピカの趣味の悪そうな時計だった。 「金に困ったら質に入れろ。多少、金にはなるだろうから」 …

靴を持つ夫婦(フリー写真)

二つの指輪

「もう死にたい…。もうやだよ…。つらいよ…」 妻は産婦人科の待合室で、人目もはばからず泣いていた。 前回の流産の時、私の妹が妻に言った言葉…。 「中絶経験があったりす…

薔薇の花(フリー写真)

せかいでいちばんのしあわせ

私が幼稚園の時に亡くなったお母さん。 当時、ひらがなを覚えたての私が読めるように、ひらがなだけで書かれた手紙を遺してくれた。 ※ みいちゃんが おかあさんのおなかにやってきて…

柴犬(フリー写真)

おばあちゃんと柴犬

昔の話だが、近所に旦那さんに先立たれ、独り暮らしをしているお婆ちゃんが居た。 お婆ちゃんは室内で柴犬を飼っていた。 嫁いだ娘さんや孫たちがしょっちゅう様子を見に来ていたから…

桜(フリー写真)

地元の友だち

話は遡ること3年前。 桜が開花し始めた頃、俺は自殺を考えていた。 大した理由ではないが、失恋、借金や勤めていた会社が倒産した事が重なり、全てに失望していた。 コミュニ…

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

おばあさん(フリー素材)

ばあちゃんいつまでもげんきでね

ばあちゃんの痴呆症は日に日に進行し、ついに家族の顔も分からなくなった。 お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んだが、それすらも自分の母親と思い込んでいるらしかった。 俺と親父は…

空の太陽(フリー写真)

祖父が立てた誓い

三年前に死んだ祖父は、末期癌になっても一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。 体中に癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)…

手を組む女性(フリー写真)

恋人からの手紙

昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。 そしたらなんか通夜が終わって、病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛ての手紙が入ってたんです。 で、よく…

カップル(フリー写真)

最後の時を過ごす二人

従兄弟が大腸癌で亡くなった。27歳だった。 その彼女は、従兄弟が癌と判ってから、仕事もあったのに毎日病室を訪れ付き添っていた。 結婚の約束もしていたんじゃないかな。 …