先生がくれた宝物

教室(フリー写真)

私がその先生に出会ったのは中学一年生の夏でした。

先生は塾の英語の担当教師でした。

とても元気で、毎回楽しい授業をしてくれました。

そんな先生の事が私はとても大好きでした。

その頃、私は友人から嫌がらせを受けたり、家族関係が上手くいかなかったりと悩んでいました。

嫌がらせは学校だけに留まらず、塾や、放課後、色々なところでされました。

私はとても精神的にダメージを受けていて、死にたいとすら思っていました。

でも、怖くて周りには相談できませんでした。

そんなある日、授業後に先生は落ち込んでいる私を呼び、こう言いました。

「最近元気ないけど、何かあったのか?

見ていて薄々気付いてはいるけど、言える範囲でいいから言ってみて?」

あんなに元気な先生からは到底考えられない優しい声でそう言ってくれました。

そして私は『この人なら私を支えてくれる』そう思い、今まであったことを全て相談しました。

感情的になり過ぎて泣いてしまうこともありました。

その時も先生は、

「ゆっくりで良い、焦ると上手くいかなくてもっと辛くなる。俺はお前が笑顔でいる事が第一だと思ってるからな」

そう言ってくれました。

そして先生は毎週私の話を聞いてくれました。

そんなある日、先生は私にこう告げました。

「後3週間で俺は講師を辞めて、地元の大阪へ帰る。もっと側にいてやりたかったけど、ごめんな」

その瞬間、私は頭が真っ白になりました。

悲しくて何回も泣きました。

そして最後の日、私は

「私は先生に出会えて良かった。今までありがとう。先生がいないとどうしたらいいか分からないけど、自分らしく進めるように頑張る」

そう誓いました。

それを聞いて先生は、ほっとしたような、少し寂しそうな顔でこう言いました。

「俺もお前と一緒だったんだ。家族関係も悪くて、友達にもいじめられてた。

そんな経験があるからこそ、同じ立場に立っているお前を助けられるような存在になりたかったんだ。

お前は出来る子だから辛くても、苦しくても乗り越えられるように頑張れよ?

いつかお前が笑顔で頑張ったよって報告してくれるのを、俺は何年先だろうと待ってるから」

そう言って涙を零しました。

元気な先生の最初で最後の涙でした。

みんなに元気に振舞っている先生もこんなに辛い思いをしていたんだ。そう思うと何だか頑張れる気がしたんです。

それから早三ヶ月…私は自分らしくがむしゃらに今を生きています。

先生がいなくなって寂しいけれど、辛い事も苦しい事も先生のおかげで乗り越えられています。

先生のくれた言葉や優しさは私の一生の宝物です。

そして、私はこれからも頑張り続けます。

「頑張ったね」

その一言が聞けるように…。

父の日のプレゼント(フリー写真)

見知らぬおじさん

私には妻が居たが、一人娘が1歳と2ヶ月の時、離婚することになった。 酒癖の悪かった私は暴力を振るうこともあり、幼い娘に危害が及ぼすことを恐れた妻が、子供を守るために選んだ道だった…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

皆からもらった命

母は元々体が弱く、月に一回定期検診を受けていた。 そこで、私が出来たことも発覚したらしい。 母の体が弱いせいか、私は本来赤ちゃんが居なくてはいけない所に居らず、危ない状態だ…

手を繋ぐ親子(フリー写真)

会いたい気持ち

私が4歳の時、父と母は離婚した。 当時は父方の祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。 母は出て行く日に私を実家に連れて行った。 家具や荷物がいっぱい置いてあ…

手を握る(フリー写真)

ごうちゃん

母が24歳、父が26歳、自分が6歳の時に両親は離婚した。 母が若くして妊娠し、生まれた自分は望まれて生を受けた訳ではなかった。 母は別の男を作り、父は別の女を作り、両親は裁…

カーネーション(フリー写真)

本当のお母さん

俺が6歳の頃、親父が再婚して義母がやって来た。 ある日、親父が 「今日からこの人がお前のお母さんだ」 と言って連れて来たのだ。 新しい母親は、俺を本当の子供のよ…

空(フリー写真)

才能の代わりに

小学生の時、少し知恵遅れのA君が居た。 足し算、引き算などの計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵がとても上手な子だった。 彼はよく空の絵を描いた。抜けるような色合いには…

ウェディングドレスの女性(フリー写真)

俺の娘が、俺の嫁になった話

俺には、嫁がいない。 正確に言えば、嫁はいたのだが、病気で先立ってしまった。 ただ、俺には10歳の娘がいる。 娘は本当にヤンチャで、しょっちゅうケンカして帰って来る…

桜(フリー写真)

天国のお父さんへ

幼くして父親を亡くした女の子が、小学校に入学する頃のことでした。 周りの子はみんな、親から買ってもらった赤いランドセルを背負って通学していました。 しかし、その子の家庭は幼…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

駅のホームに座る女性(フリー写真)

貴女には明日があるのよ

彼女には親が居なかった。 物心ついた時には施設に居た。 親が生きているのか死んでいるのかも分からない。 グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。 彼女には…