先生がくれた宝物

教室(フリー写真)

私がその先生に出会ったのは中学一年生の夏でした。

先生は塾の英語の担当教師でした。

とても元気で、毎回楽しい授業をしてくれました。

そんな先生の事が私はとても大好きでした。

その頃、私は友人から嫌がらせを受けたり、家族関係が上手くいかなかったりと悩んでいました。

嫌がらせは学校だけに留まらず、塾や、放課後、色々なところでされました。

私はとても精神的にダメージを受けていて、死にたいとすら思っていました。

でも、怖くて周りには相談できませんでした。

そんなある日、授業後に先生は落ち込んでいる私を呼び、こう言いました。

「最近元気ないけど、何かあったのか?

見ていて薄々気付いてはいるけど、言える範囲でいいから言ってみて?」

あんなに元気な先生からは到底考えられない優しい声でそう言ってくれました。

そして私は『この人なら私を支えてくれる』そう思い、今まであったことを全て相談しました。

感情的になり過ぎて泣いてしまうこともありました。

その時も先生は、

「ゆっくりで良い、焦ると上手くいかなくてもっと辛くなる。俺はお前が笑顔でいる事が第一だと思ってるからな」

そう言ってくれました。

そして先生は毎週私の話を聞いてくれました。

そんなある日、先生は私にこう告げました。

「後3週間で俺は講師を辞めて、地元の大阪へ帰る。もっと側にいてやりたかったけど、ごめんな」

その瞬間、私は頭が真っ白になりました。

悲しくて何回も泣きました。

そして最後の日、私は

「私は先生に出会えて良かった。今までありがとう。先生がいないとどうしたらいいか分からないけど、自分らしく進めるように頑張る」

そう誓いました。

それを聞いて先生は、ほっとしたような、少し寂しそうな顔でこう言いました。

「俺もお前と一緒だったんだ。家族関係も悪くて、友達にもいじめられてた。

そんな経験があるからこそ、同じ立場に立っているお前を助けられるような存在になりたかったんだ。

お前は出来る子だから辛くても、苦しくても乗り越えられるように頑張れよ?

いつかお前が笑顔で頑張ったよって報告してくれるのを、俺は何年先だろうと待ってるから」

そう言って涙を零しました。

元気な先生の最初で最後の涙でした。

みんなに元気に振舞っている先生もこんなに辛い思いをしていたんだ。そう思うと何だか頑張れる気がしたんです。

それから早三ヶ月…私は自分らしくがむしゃらに今を生きています。

先生がいなくなって寂しいけれど、辛い事も苦しい事も先生のおかげで乗り越えられています。

先生のくれた言葉や優しさは私の一生の宝物です。

そして、私はこれからも頑張り続けます。

「頑張ったね」

その一言が聞けるように…。

関連記事

ベゴニア(フリー写真)

初めて好きになった人

俺が小学6年生の頃の話。 俺は当時、親の転勤で都会から田舎へと引っ越しをした。時期はちょうど夏休み。全く知らない土地で暮らすのはこれで五回目だった。 引っ越しが終わり、夏休…

野球(フリー写真)

甲子園の約束

十年前、彼女が死んだ。 当時、俺達は高校3年生。同じ高校に通い、同じ部活だった。 野球部だった。 俺と彼女は近所に住む幼馴染で、俺は小さな頃から、野球が好きな両親に野…

お弁当(フリー写真)

母ちゃんの弁当

中学1年生くらいの時は反抗期で、ちょっとツッパっていたりした。 「親の作った弁当なんかダサくて食えるか。金よこせよ、コンビニで買うから!」 と母ちゃんに言ったことがあってさ…

妊婦さん(フリー写真)

私の宝物

中学2年生の夏から一年間も入院した。 退院して間もなく高校受験。 高校生になると、下宿生活になった…。 高校を卒業して就職。 田舎を飛び出して、会社の寮に入った…

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

冬と春の境界(フリー写真)

人間としての愛

1月の朝がとても寒い時に、必ず思い出す少年がいます。 当時、私は狭心症で休職し、九州の実家にて静養していた時でした。 毎朝、愛犬のテツと散歩していた時に、いつも遅刻して実家…

恋人同士(フリー写真)

彼女のために出来ること

まだ一年程前の事です。 彼女がこの世を去りました。病死です。 その彼女と出会ったのは7年前でした。彼女はその頃、大学1年生でした。 彼女には持病があり、 「あと…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

青い花(フリー写真)

ママの棺

この間、1歳半の息子を連れて友人の家へ行った時に、友人の祖母から聞いた話です。 ※ 友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。 気付いた時にはもう手遅れで、一ヶ…

祖母の手(フリー写真)

おばあちゃんの深い愛

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。 俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。 あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。…