私を大学に通わせてくれた母へ

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 |

母(フリー写真)

あなたは私を産むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね。

私が産まれた時、あなたは泣きながら喜んだそうですね。

私が一才の誕生日に、借金を抱えたまま父が自殺しましたね。

借金を返すために昼はパート、夜は居酒屋で仕事の毎日でしたね。

保育園では遠足のおやつは雑穀のおはぎでしたね。

小学校の給食費を払えない月もありましたね。

修学旅行のお土産はご当地キーホルダーだけでしたね。

中学の制服は親戚のお下がりでしたね。

高校のお弁当はいつもご飯に梅干しと海苔でしたね。

無理を承知で大学に行きたいと頼んだ時、あなたは反論しませんでしたね。

ゴミ処理場から捨てる予定の参考書を貰いに行きましたね。

お金がかかるから私立は受けられず、国立専願受験でしたね。

センター試験の前日には、初めて特上寿司を食べさせてくれましたね。

センター試験には失敗したけど、あなたは最後まで諦めないよう励ましてくれましたね。

前期に落ちて、私は一度自殺しかけましたね。

あなたは怒ることもなく、ずっと私に謝り続けていましたね。

私もあなたにずっと謝り続けましたね。

そして私は気持ちを切り替えて、その後も頑張って勉強し、何とか後期に合格することが出来ましたね。

あなたはずっと、

「おめでとう、おめでとう」

と泣き続けてくれましたね。

でも、あなたは入学の準備の時に急に倒れて病院に運ばれましたね。

医者が、癌が全身に転移していて、これから一週間が峠だと告げましたね。

私がただただ泣き続けている時に、あなたは

「この体の傷や癌の一つ一つが、あなたを育て上げた立派な勲章なのよ」

と微笑みながら言いましたね。

あなたは最後まで泣くことも苦しむこともなく、静かにこの世を去りましたね。

今、私は医者になるために毎日一生懸命に勉強していますよ。

あなたの命を奪った癌に苦しむ人々を治療して助けたいから。

私が育った環境は決して恵まれてはいなかったけれど、あなたの元に生まれ、育ててもらって本当に良かったよ。

ありがとう、お母さん。

関連記事

工事現場(フリー写真)

父の生き様

公用でとある高校へ出掛けたある日のことだった。 私達は校長先生に呼び止められ、 「時間がありましたら、お見せしたいものがありますので、校長室までお越しください」 と言…

手編みのマフラー(フリー写真)

オカンがしてくれたこと

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。 そんな家だった。 ※ そんな俺の15歳の誕生日。 オカンが顔に微笑みを浮かべて、…

白猫(フリー写真)

白猫のミーコ

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。 白くて、ふわふわで、温かかった。 私はミーコが大好きだった。 ミーコもそんな私に懐いてくれた。 ※ 父が入院…

ピンクのチューリップ(フリー写真)

親指姫

6年程前の今頃は花屋に勤めていて、毎日エプロンを着け店先に立っていた。 ある日、小学校1年生ぐらいの女の子が、一人で花を買いに来た。 淡いベージュのセーターに、ピンクのチェ…

タクシーの後部座席(フリー写真)

母の気持ち

実家に帰省して、また帰る時の事。 俺は母子家庭で仕送りを貰っている癖に、冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃を頂戴と母にせがんだ。 すると母は、 「何言ってんの!うち…

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

太陽の光(フリー写真)

あなたらしく生きてください

高校時代に付き合っていた彼女の口癖だった言葉。 「やらないで後悔するより、やって後悔した方が良いんじゃない?」 別れた後も、何故か手紙のやり取りはしていた。 でも、あ…

桜(フリー写真)

地元の友だち

話は遡ること3年前。 桜が開花し始めた頃、俺は自殺を考えていた。 大した理由ではないが、失恋、借金や勤めていた会社が倒産した事が重なり、全てに失望していた。 コミュニ…

花(フリー写真)

母が見せた涙

うちは親父が仕事の続かない人で、いつも貧乏だった。 母さんは俺と兄貴のために、いつも働いていた。ヤクルトの配達や、近所の工場とか…。 土日もゆっくり休んでいたという記憶は無…

運動会(フリー写真)

素敵なお弁当

小学校高学年の時、優等生だった。 勉強もスポーツもできたし、児童会とか何かの代表はいつも役が回って来た。 確かに、良く言えば利発な子供だったと思う。 もう一人のできる…