彼女に会いに行きたい

公開日: 恋愛 | 悲しい話

青空(フリー写真)

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。

中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。

彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり、俺の方から別れを切り出した。

「いつかまた絶対迎えに行くから」

「何ゆってんねん~。もうその頃には結婚してるわ!うぬぼれんなよ~♪」

当然、駄目でも迎えに行くつもりでした。

でもなかなか行けず、4年も彼女を待たせました。

それで、あいつは若いのに癌で呆気なく死んだ。

家族からも本人からも、病気のことは一言も連絡が無かった。

葬式には行きました。昔、仲の良かった彼女の母親が寄って来て

「あの子、ずっと待ってたよ。○○君のこと。

仲が良かった頃の手紙をずっと枕元に置いて読み返してたよ」

もう俺も30歳近いけど、結婚する気もしませんな。

一人でぼちぼち生きて一人で死にまっさ。

彼女の分まで幸せになろうなんて全く思わない。

ただ、マジで天国があるなら早く死んで彼女に会いに行きたい、とは思う。

関連記事

お弁当グッズ(フリー写真)

海老の入ったお弁当

私の母は昔から体が弱かった。 それが理由かは分からないが、母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない、質素で見映えの悪いものばかりだった。 友達に見られるのが恥ずかしくて、…

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

初恋と友情

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。 親友の嫁が俺の初恋の相手。 親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時…

赤い糸(フリー写真)

同級生との再会

私はその日、両親、妹と住宅展示場に来ていました。 家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました。 私はなかなか予定が合わず、住宅展示場に来るのはこ…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

人に優しくあるためには

私は事故に遭い、足が不自由になってしまいました。 車椅子なしでは外出も出来ませんし、トイレも昔のようにスムーズに行うことが出来ません。 そんな私から友人たちも離れて行きまし…

手を繋ぐ恋人(フリー写真)

握り返してくれた手

今から6年前の話です。 僕がまだ十代で、携帯電話も普及しておらずポケベル全盛期の時代の事です。 僕はその頃、高校を出て働いていたのですが、二つ年上の女性と付き合っていました…

婚約指輪(フリー写真)

渡せなかった婚約指輪

彼女と死別した。 気付いたらもう3年も前の話だ。 彼女の誕生日の前日、プロポーズした。 「誕生日のプレゼントと婚約指輪、一緒にしちゃっていい?」 と笑って話して…

沖縄の夕暮れ(フリー写真)

立派な将校さん

戦時中の沖縄での事です。 当時12歳だった叔父さんは、自然の洞穴を利用して作られた壕の中に居た。 他の住民や、部隊からはぐれた大怪我を負った兵隊たちも隠れていた。 息…

手のひら(フリー写真)

出会い

昔、美術館でバイトをしていた。 その日の仕事は、地元の公募展の受け付け作業。 一緒に審査員の先生も一人同席してくれる。 その時に同席してくれたのは、優しいおじいちゃん…

カップル(フリー写真)

彼女の日常

俺には幼馴染の女の子が居た。 小学校から中学校まで病気のため殆んど普通の学校に行けず、いつも院内学級で一人で居るせいか人付き合いが苦手で、俺以外に友達は居なかった。 彼女の…

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなた

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。 小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。 9歳の凄く元気なLと、12歳…