彼女に会いに行きたい

公開日: 恋愛 | 悲しい話

青空(フリー写真)

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。

中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。

彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり、俺の方から別れを切り出した。

「いつかまた絶対迎えに行くから」

「何ゆってんねん~。もうその頃には結婚してるわ!うぬぼれんなよ~♪」

当然、駄目でも迎えに行くつもりでした。

でもなかなか行けず、4年も彼女を待たせました。

それで、あいつは若いのに癌で呆気なく死んだ。

家族からも本人からも、病気のことは一言も連絡が無かった。

葬式には行きました。昔、仲の良かった彼女の母親が寄って来て

「あの子、ずっと待ってたよ。○○君のこと。

仲が良かった頃の手紙をずっと枕元に置いて読み返してたよ」

もう俺も30歳近いけど、結婚する気もしませんな。

一人でぼちぼち生きて一人で死にまっさ。

彼女の分まで幸せになろうなんて全く思わない。

ただ、マジで天国があるなら早く死んで彼女に会いに行きたい、とは思う。

関連記事

北部ソロモン諸島(ブーゲンビル島)の戦い

貴様飲め!

俺のおじいちゃんは戦争末期、南方に居た。 国名は忘れたけど、とにかくジャングルのような所で衛生状態が最悪だったらしい。 当然、マラリアだのコレラだのが蔓延する。 おじ…

スマホを持つ人(フリー写真)

彼女からの最後のメール

あの日、俺は彼女と些細な事でケンカをしていた。 お互い険悪な状態のまま、彼女は車で仕事へ行った。 俺は友達に会い、彼女の愚痴を言いまくっていた。 そして彼女の仕事が終…

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

当たり前の日常

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。 周りがカップルに間違えるほどの仲でした。 私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。 今思うと、その前…

南国の夕日(フリー写真)

特攻隊員の方の遺書

戦いは日一日と激しさを加えて参りました。 父母上様、長い間お世話になりました。 私も未だ十九才の若輩で、この大空の決戦に参加できることを、深く喜んでおります。 私は…

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…

夕日と花を掴む手(フリー写真)

泣くな

ある日、教室へ行くと座席表が書いてあった。 私の席は廊下側の前から二番目。彼は窓側の一番後ろの席。離れてしまった。 でも同じクラスで本当に良かった。 ※ クラスに馴染ん…

手のひら(フリー写真)

出会い

昔、美術館でバイトをしていた。 その日の仕事は、地元の公募展の受け付け作業。 一緒に審査員の先生も一人同席してくれる。 その時に同席してくれたのは、優しいおじいちゃん…

親子(フリー写真)

娘が好きだったハム太郎

娘が六歳で死んだ。 ある日突然、風呂に入れている最中に意識を失った。 直接の死因は心臓発作なのだが、持病の無い子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受…

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…

カップル(フリー写真)

彼女の日常

俺には幼馴染の女の子が居た。 小学校から中学校まで病気のため殆んど普通の学校に行けず、いつも院内学級で一人で居るせいか人付き合いが苦手で、俺以外に友達は居なかった。 彼女の…