彼女に会いに行きたい

公開日: 恋愛 | 悲しい話

青空(フリー写真)

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。

中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。

彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり、俺の方から別れを切り出した。

「いつかまた絶対迎えに行くから」

「何ゆってんねん~。もうその頃には結婚してるわ!うぬぼれんなよ~♪」

当然、駄目でも迎えに行くつもりでした。

でもなかなか行けず、4年も彼女を待たせました。

それで、あいつは若いのに癌で呆気なく死んだ。

家族からも本人からも、病気のことは一言も連絡が無かった。

葬式には行きました。昔、仲の良かった彼女の母親が寄って来て

「あの子、ずっと待ってたよ。○○君のこと。

仲が良かった頃の手紙をずっと枕元に置いて読み返してたよ」

もう俺も30歳近いけど、結婚する気もしませんな。

一人でぼちぼち生きて一人で死にまっさ。

彼女の分まで幸せになろうなんて全く思わない。

ただ、マジで天国があるなら早く死んで彼女に会いに行きたい、とは思う。

桜(フリー写真)

戦友を弔うために

インドで傭兵としてパキスタン軍と対峙していた時、遠くから歌が聞こえてきた。 知らない言葉の歌だったが、味方のものではないことは確かなので、銃をそちらに向けた。すると上官に殴り飛ば…

カップル(フリー写真)

気付かないふり

一昨年の今日、告白しました。生まれて初めての告白でした。 彼女は全盲でした。 それを知ったのは、彼女が弾くピアノに感動した後の事でした。 俺は凄くびっくりしました。そ…

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

カップル(フリー写真)

最後の時を過ごす二人

従兄弟が大腸癌で亡くなった。27歳だった。 その彼女は、従兄弟が癌と判ってから、仕事もあったのに毎日病室を訪れ付き添っていた。 結婚の約束もしていたんじゃないかな。 …

指切り(フリー写真)

幸せをありがとう

「いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見られたから。 これも日頃の何とやらなのかな?」 病室のベッドで手を握りながら彼女は言…

手を繋ぐカップル(フリー素材)

可愛い彼女がいた

俺には可愛い彼女がいた。 性格は素直でスタイルも良かったが、周囲からは 「え、あの女と付き合ってるの? お幸せに(笑)」 と、よく馬鹿にされた。 彼女は頭が非常…

ゲームセンター(フリー写真)

嬉しそうな笑顔を

うちのゲーセンに、毎日のように来ていたお前。 最近全然見ないと思ったら、やっと理由が判ったよ。 この前、お前の母ちゃんが便箋を持って挨拶に来たんだよ。 こちらで良くお…

終戦時の東京(フリー写真)

少女に伝えること

第二次大戦が終わり、私は多くの日本の兵士が帰国して来る復員の事務に就いていました。 ある暑い日の出来事でした。私は、毎日毎日訪ねて来る留守家族の人々に、貴方の息子さんは、ご主人は…

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…