彼女に会いに行きたい

公開日: 恋愛 | 悲しい話

青空(フリー写真)

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。

中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。

彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり、俺の方から別れを切り出した。

「いつかまた絶対迎えに行くから」

「何ゆってんねん~。もうその頃には結婚してるわ!うぬぼれんなよ~♪」

当然、駄目でも迎えに行くつもりでした。

でもなかなか行けず、4年も彼女を待たせました。

それで、あいつは若いのに癌で呆気なく死んだ。

家族からも本人からも、病気のことは一言も連絡が無かった。

葬式には行きました。昔、仲の良かった彼女の母親が寄って来て

「あの子、ずっと待ってたよ。○○君のこと。

仲が良かった頃の手紙をずっと枕元に置いて読み返してたよ」

もう俺も30歳近いけど、結婚する気もしませんな。

一人でぼちぼち生きて一人で死にまっさ。

彼女の分まで幸せになろうなんて全く思わない。

ただ、マジで天国があるなら早く死んで彼女に会いに行きたい、とは思う。

沖縄の夕暮れ(フリー写真)

立派な将校さん

戦時中の沖縄での事です。 当時12歳だった叔父さんは、自然の洞穴を利用して作られた壕の中に居た。 他の住民や、部隊からはぐれた大怪我を負った兵隊たちも隠れていた。 息…

南国の夕日(フリー写真)

特攻隊員の方の遺書

戦いは日一日と激しさを加えて参りました。 父母上様、長い間お世話になりました。 私も未だ十九才の若輩で、この大空の決戦に参加できることを、深く喜んでおります。 私は…

指切り(フリー写真)

幸せをありがとう

「いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見られたから。 これも日頃の何とやらなのかな?」 病室のベッドで手を握りながら彼女は言…

椅子と聖書(フリー写真)

特攻隊員の方の手紙

お母さん、とうとう悲しい便りを出さねばならない時が来ました。 晴れて特攻隊員に選ばれ出陣するのは嬉しいですが、お母さんのことを思うと泣けて来ます。 母チャン、母チャンが 私…

家族(フリー写真)

娘への遺言

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります。 両親は、私が10歳の時に事故死しました。 あの日は家族旅行に行っていました。 帰り道、高速…

赤い糸(フリー写真)

同級生との再会

私はその日、両親、妹と住宅展示場に来ていました。 家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました。 私はなかなか予定が合わず、住宅展示場に来るのはこ…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

学校(フリー背景素材)

たくちゃん

その人は一個上の先輩で、同級生や後輩からも『たくちゃん』と呼ばれていた。 初めて話したのは小学校の運動会の時。 俺の小学校は、全学年ごちゃ混ぜで行われる。俺は青組みだった。…

駅(フリー写真)

3年後の約束

私の悲しい恋愛体験を語ります。 私は大学1年生の頃、初めての彼氏ができました。 彼は同じ大学に通う人でした。 同じサークルに入っていて、お互い意気投合して付き合うこ…

兄妹(フリー写真)

たくましいお兄ちゃん

親戚にとても仲の良い幼い兄妹が居た。 兄は3才の康介ちゃんで、妹は2才の愛ちゃん。 当時21歳だった俺にとっても、可愛くてたまらない子供達だった。 ※ しかしある年末、…