母の愛、信じる笑顔

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 |

ゲーミング(フリー写真)

幼い頃、父が交通事故で亡くなり、母一人で私を育ててくれた。

我が家は裕福ではなく、私は県立高校を落ちてしまった。

私立には通うことができず、定時制高校に進学した。

高校を卒業しても就職先は見つからず、毎日ぶらぶらと過ごしていた。

その頃の母は、私に対して「そのうちいい仕事が見つかるよ」と言い続けていた。

それは母の独り言のようなものだった。

ある日、母は「パソコンぐらい使えないと就職も難しいのかね」と呟いた。

そして私を電器店へ連れて行き、パソコンをローンで購入した。

インターネット接続も全て店に任せた。

帰り道、母は「25万円かー、こんな大金を使うのは父さんが死んで初めてだね」と笑った。

そのために、母は深夜まで働くことになった。

私は無料のネットゲームを見つけ、毎日ゲームに没頭していた。

母は私がパソコンに向かっているのを見て、

「パソコン上手になった? いい仕事が見つかるといいね」と笑っていた。

しかし、ある日、母が仕事先で倒れてしまった。

私は自転車を漕ぎ、1時間以上かけて病院に駆けつけた。

母はベッドから起き上がって「ただの過労だよ」と笑った。

「パソコン上手になって、いい仕事が見つかったら自動車も買えるからね」

と言いながら、私の汗だくの額をタオルで拭いてくれた。

しかし数日後、母の精密検査の結果が出た。

「急性白血病で、あと3ヶ月あまりの余命だ」と医師から告げられ、私の頭の中は真っ白になった。

私は自分自身を恥じた。

母に負担をかけ続け、ゲームにばかり時間を使っていた自分が情けなかった。

家に帰る道すがら、私の頭の中には母との思い出が次々と浮かんできた。

家に着くと、私は自分のゲームのアカウントやアイテムを全てリアルマネートレーディングで売りに出した。

安値設定だったので、すぐに買い手が見つかった。

翌日、その収益で母の好きなチーズケーキとヨーグルトを立派な店で購入した。

病室に持って行くと、母は驚き「お金はどうしたの?」と尋ねた。

「パソコンのバイトで8万円手に入ったから」と私は嘘をついた。

母は心から嬉しそうに笑い、

「パソコン上手になったから、いい仕事が見つかったんだね」と言った。

母の信じきった笑顔を見て、私は顔を伏せた。

それから二週間ほどが過ぎたある朝、母は亡くなった。

がらんとした病室で、私は一人で母の持ち物を片付けていた。

その時、看護師さんがやってきて、

「パソコン得意なんですってね、お母さんは毎日のように自慢してたわ」と言った。

その言葉を聞いた瞬間、涙が溢れ出た。

体を震わせながら、私は大声をあげて泣き続けた。

関連記事

ハンバーグ(フリー写真)

お母さんの弁当

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当が必要な時は、母さんが頑張って作ってくれていた。 ※ 小学六年生の…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

花(フリー写真)

母が見せた涙

うちは親父が仕事の続かない人で、いつも貧乏だった。 母さんは俺と兄貴のために、いつも働いていた。ヤクルトの配達や、近所の工場とか…。 土日もゆっくり休んでいたという記憶は無…

電車内から見る駅のホーム(フリー写真)

おとうさんという言葉

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を降りた。 雑踏の中には元妻と、ミニリュックを背負った小学3年生の息子が待っていた。 半年ほど見ない間に一回り大きくなっ…

夕日

再会の約束

私の心に刻まれた恋の物語をお話しします。 大学生の日々、初めて彼氏ができました。 私たちは同じキャンパス、同じサークルで出会った運命の人でした。 お互いに気持ちを深…

夕焼け(フリー素材)

大きな下り坂

夏休みに自転車でどこまで行けるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。 国道をただひたすら進んでいた。途中に大きな下り坂があって、自転車はひとりでに進む。 ペダル…

万年筆(フリー写真)

わすれられないおくりもの

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。 私はまだ小学4年生で、使い方も知りませんでした。 万年筆をくれたので、その人のことを『万年筆さん』と呼びます。 万年筆…

朝焼け(フリー写真)

天国の祖父へ

大正生まれの祖父は、妻である祖母が認知症になってもたった一人で介護をし、祖母が亡くなって暫くは一人で暮らしていた。 私が12歳の時に、祖父は我が家で同居することになった。 …

バスの車内(フリー写真)

悪意と善意

10歳の息子がある病気を持っており車椅子生活で、更に投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。 知能レベルは年齢平均のため、尚更何かと辛い思いをして来ている。 ※ …

雨の日の紫陽花(フリー写真)

いってらっしゃい

もう二十年ほど前の話です。 私が小さい頃に親が離婚しました。 どちらの親も私を引き取ろうとせず、施設に預けられ育ちました。 そして三歳くらいの時に、今の親にもらわれた…