遅れて届いた母からのメール

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 |

パソコンを操作する手(フリー写真)

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がん告知を受けたことを聞きました。

当時の自分はそれこそ受験や部活のことで頭が一杯で、

『生活は大丈夫なんだろうか』

『お金は大丈夫なんだろうか』

など、そのようなことしか考えていませんでした。

5月、母は病院に入院しました。

偶に家にも帰って来ていたので、治るものだと思っていました。

そして夏が終わり、私は水泳部を引退しました。

部活がなくなったので当然、時間も増えました。

それからほぼ毎日、父に連れられてお見舞いに行きましたが、

『早く帰りたい』

『勉強させろ』

とばかり思っていました。

それから2ヶ月、入院してから半年で母は他界しました。

末期で手術を受ける体力もなかったそうです。

すぐ傍で看取る事ができました。

その時は泣きましたが、

『ああ、こんなものか』

と思った自分がいました。

人が死ぬというのは何て呆気ないものだろうと。

その後、父と親族の支えで何とか生活のリズムを取り戻し、無事に目標としていた高校に入学することができました。

しかし県内でも割と進学校の部類だったので、すぐに落ちこぼれてしまいました。

中学では東北大会まで出場した水泳も、受験休みのブランクから抜け出せずにいました。

そして先日、家でパソコンを触っていた時、

ふと昔使っていたフリーメールの受信ボックスにログインしてみようと思ったのです。

面白いスパムでもないかと思い開いてみたら、案の定、何百通というスパムメールが届いていました。

その中に、見覚えのある母のメールアドレスがありました。

スパムメールに紛れて何通も、何通も。

それらのメールを開いて見ると、

『誕生日おめでとう』

『東北大会出場おめでとう』

と書いてくれているのもあれば、

『ちゃんとご飯食べた?』

『父のことを手伝ってあげてね』

と、そんな内容のメールが何通も届いていました。

泣きました。泣いて、そして後悔しました。

何故、新しいメールアドレスを教えなかったのかと。

『ありがとう』と、もう伝えられない。

母がいないということと、母が死んだということがイコールになったのは、その時なのだと思います。

返信が一年以上も遅れてごめんなさい。

ありがとう。大好きです。

関連記事

犬(フリー写真)

コロの思い出

うちにはコロという名前の雑種の犬が居ました。 白色と茶色の長い毛がふわふわしている犬でした。 私が学生の頃は学校から帰って来る時間になると毎日、通学路が見える場所に座り、遠…

タクシー(フリー写真)

台風の日

タクシーの中でお客さんとどんな話をするか、平均で10分前後の短い時間で完結する話題と言えばやはり天気の話になります。 今日の福岡は台風11号の余波で、朝から断続的に激しい雨が降っ…

赤ちゃん(フリー写真)

望まれた存在

君がママのお腹にいるとわかったとき、ママの目は涙で溢れていた。 僕が妊娠の報せを聞いたとき、クールに「そうか」と言おうと思っていた。 しかし、その言葉が出る前に、僕の目か…

差し伸べる手(フリー写真)

俺を育ててくれた兄貴

俺を育ててくれた兄貴が正月に結婚したんだ。 兄貴と言っても、血は繋がっていないけれど。 ※ 自分が5歳の時に親父が死んでから、母親が女手一つで育ててくれた。 親父と結婚…

ハンバーグ(フリー写真)

幸せな食卓

結婚して子供が出来て、ホカホカした食卓にみんな笑顔で並んでたりして、時々泣きそうなほどの幸せを噛み締める。 荒みじんの玉葱が入ったでっかいハンバーグや、大皿一杯の散らし寿司。妻と…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

教室

思春期の揺れる心

中学1年生のころ、私の身近にはO君という特別な存在がいました。 私たちは深く心を通わせ、漫画やCDの貸し借りを楽しんだり、放課後や週末には図書館で学び合ったりしていました。 …

女子高生(フリー写真)

一緒に生きる覚悟

妻が亡くなる前、闘病の際に「私が死んでも泣かないで」と娘二人は言われていました。 それから数日後、妻は息を引き取りました。 通夜の晩は私が会場で妻に付き添うこととし、当時…

ウィスキー(フリー写真)

悲しい時は泣くんだよ

家内を亡くしました。 お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、病院へ向かう途中、居眠り運転のトラックと激突。即死のようでした。 警察から連絡が来た時は、酷い冗談だと思い…

赤い薔薇(フリー写真)

赤い薔薇の花束

数年前にお父さんが還暦を迎えた時、家族4人で食事に出掛けた。 その時はお兄ちゃんが全員分の支払いをしてくれた。 普段着ではなく、全員が少しかしこまっていて照れくさい気もした…