お母さんありがとう

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 心温まる話 |

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。

風邪ひとつ引かない元気な母だった。

僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。

借金を作って逃げたらしい。

母は早朝4時に起きて俺たち兄妹の弁当を作り、6時から17時まで弁当屋でパート。

帰って来たら晩飯を作ってすぐに出て行き、23時までパチンコ屋で掃除のバイト。

休日は月に三回あれば良い方だったと思う。

そうやって僕と妹は育てられた。

反抗期なんてほぼ無かった。

あんなに頑張る母親を見て、反抗など出来るはずが無かった。

いや…一度だけあった。

クリスマスの二、三日前にゲームボーイが欲しいとねだったのだ。

友達がみんなゲームを持っているのに、自分だけ持っていないと虐められると。

何故、あんな嘘を吐いたのだろう…。

母は、

「ごめんね…」

と顔をくしゃくしゃにして泣いた。

僕も何故か悲しくなって、家族三人でボロボロ泣いた。

その日は三人とも同じ布団で抱き合って寝た。

クリスマスの日の夕食は、おでんとケーキだった。

母親は子供のようにはしゃぎ、歌い、最後に

「はい」

とプレゼントを渡した。

古いゲームソフトだけを買って来た。

「これだけじゃできないんだよ」

と言おうとしたけど、嬉しそうな母の顔を見ると言えなかった。

あれから二十年、兄妹揃って大学まで出してくれた。

「俺も妹ももう就職したし、これからは楽をさせてあげるから仕事辞めなよ」

と言ったのに。働いてなきゃボケるって…そんな年じゃないだろう。

どこか三人で旅行に行こうよと言っていたのに。

妹の結婚式を見るまでは死ねないと言っていたのに。

何で末期癌になるまで働くんだよ…。

何度も病院行こうって言ったじゃないか。

先生も、

「あんなに我慢強い人見たこと無い」

と言っていたよ。

看護婦さんに

「迷惑掛けてごめんね」

ばっかり言ってたんだってな。

いっつも人のことばっかり気にして…。

震える手で書いた枕元の手紙…読んだよ。

『耕ちゃんへ

小さいころはいつもお手伝いありがとう。

あなたはわがままをひとつも言わないやさしい子でした。

妹の面倒も沢山見てくれてありがとう。

あなたが生まれてきてくれてほんとうにうれしかったよ。

あなたのお嫁さんを見たかった』

『梓へ

女の子なのにおしゃれをさせてあげられなくてごめんね。

いつも帰ったら「ぎゅっとして」と言ってくるあなたに、私は何度救われたかわかりません。

あなたは、あなたを愛する人を見つけなさい。

そしてその人のために生きなさい。

死は誰にでも訪れるものです。

悲しまないで。

あなたがもし辛いことがあったら、いつでもあなたの枕元に立ちますよ。なんてね。

あなた達の母親で良かった。

また生まれ変わってもあなた達の母親でありたい。

それが私の唯一つの願いです。

体に気を付けて。

寒いからあたたかかくして。

それから…それから…きりが無いからやめとくね。

たくさんたくさんありがとう』

お母さん…手紙は涙で滲んでボロボロだったよ。

だから紙を買って来てくれって言ってたんだね。

お母さん…ありがとう…ありがとう…ありがとう…。

まだ遊んでるよ。

プレゼントしてくれたスーパーマリオランド。

関連記事

マグカップ(フリー写真)

友情の形

友人が亡くなった。 入院の話は聞いていたが、会えばいつも元気一杯だったので、見舞いは控えていた。 棺に眠る友人を見ても、闘病で小さくなった亡骸に実感が湧かなかった。 …

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

学校(フリー背景素材)

たくちゃん

その人は一個上の先輩で、同級生や後輩からも『たくちゃん』と呼ばれていた。 初めて話したのは小学校の運動会の時。 俺の小学校は、全学年ごちゃ混ぜで行われる。俺は青組みだった。…

女の子の後ろ姿

再生の誓い

私が結婚したのは、20歳の若さでした。新妻は僕より一つ年上で、21歳。学生同士の、あふれる希望を抱えた結婚でした。 私たちは、質素ながらも幸せに満ちた日々を過ごしていましたが、…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

電車内から見る駅のホーム(フリー写真)

おとうさんという言葉

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を降りた。 雑踏の中には元妻と、ミニリュックを背負った小学3年生の息子が待っていた。 半年ほど見ない間に一回り大きくなっ…

赤ちゃん(フリー写真)

本当に価値がある存在

君がママのお腹に居ると判った時、ママは涙ぐんでいた。 妊娠したと聞いて僕は、 「おーそうか」 なんて冷静に言おうとしたけど、すぐに涙が出たんだ。 決して口には出…

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …

廃墟

神戸からの少女

2年前、旅行先の駐屯地祭での出来事です。 例によって、特定の市民団体が来場し、場の雰囲気が少し重たくなっていました。そのとき、女子高生と思しき一人の少女がその団体に向かって歩い…

小石(フリー写真)

大切な石

私の母の話です。 私には三歳年下の弟が一人います。 姉の私から見ても、とても人懐っこく優しい性格の弟は、誰からも好かれるとても可愛い少年でした。 母は弟を溺愛してお…