お母さんありがとう

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。

風邪ひとつ引かない元気な母だった。

僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。

借金を作って逃げたらしい。

母は早朝4時に起きて俺たち兄妹の弁当を作り、6時から17時まで弁当屋でパート。

帰って来たら晩飯を作ってすぐに出て行き、23時までパチンコ屋で掃除のバイト。

休日は月に三回あれば良い方だったと思う。

そうやって僕と妹は育てられた。

反抗期なんてほぼ無かった。

あんなに頑張る母親を見て、反抗など出来るはずが無かった。

いや…一度だけあった。

クリスマスの二、三日前にゲームボーイが欲しいとねだったのだ。

友達がみんなゲームを持っているのに、自分だけ持っていないと虐められると。

何故、あんな嘘を吐いたのだろう…。

母は、

「ごめんね…」

と顔をくしゃくしゃにして泣いた。

僕も何故か悲しくなって、家族三人でボロボロ泣いた。

その日は三人とも同じ布団で抱き合って寝た。

クリスマスの日の夕食は、おでんとケーキだった。

母親は子供のようにはしゃぎ、歌い、最後に

「はい」

とプレゼントを渡した。

古いゲームソフトだけを買って来た。

「これだけじゃできないんだよ」

と言おうとしたけど、嬉しそうな母の顔を見ると言えなかった。

あれから二十年、兄妹揃って大学まで出してくれた。

「俺も妹ももう就職したし、これからは楽をさせてあげるから仕事辞めなよ」

と言ったのに。働いてなきゃボケるって…そんな年じゃないだろう。

どこか三人で旅行に行こうよと言っていたのに。

妹の結婚式を見るまでは死ねないと言っていたのに。

何で末期癌になるまで働くんだよ…。

何度も病院行こうって言ったじゃないか。

先生も、

「あんなに我慢強い人見たこと無い」

と言っていたよ。

看護婦さんに

「迷惑掛けてごめんね」

ばっかり言ってたんだってな。

いっつも人のことばっかり気にして…。

震える手で書いた枕元の手紙…読んだよ。

『耕ちゃんへ

小さいころはいつもお手伝いありがとう。

あなたはわがままをひとつも言わないやさしい子でした。

妹の面倒も沢山見てくれてありがとう。

あなたが生まれてきてくれてほんとうにうれしかったよ。

あなたのお嫁さんを見たかった』

『梓へ

女の子なのにおしゃれをさせてあげられなくてごめんね。

いつも帰ったら「ぎゅっとして」と言ってくるあなたに、私は何度救われたかわかりません。

あなたは、あなたを愛する人を見つけなさい。

そしてその人のために生きなさい。

死は誰にでも訪れるものです。

悲しまないで。

あなたがもし辛いことがあったら、いつでもあなたの枕元に立ちますよ。なんてね。

あなた達の母親で良かった。

また生まれ変わってもあなた達の母親でありたい。

それが私の唯一つの願いです。

体に気を付けて。

寒いからあたたかかくして。

それから…それから…きりが無いからやめとくね。

たくさんたくさんありがとう』

お母さん…手紙は涙で滲んでボロボロだったよ。

だから紙を買って来てくれって言ってたんだね。

お母さん…ありがとう…ありがとう…ありがとう…。

まだ遊んでるよ。

プレゼントしてくれたスーパーマリオランド。

友情(フリー写真)

変わらないもの

俺たち小学校から高校までずっと一緒だったよな。 高卒後、俺は就職、お前はフリーター。 学歴社会の昨今、 「俺たちゃ負け組じゃねぇよな!がんばろうぜ!」 と、よく…

エプロン(フリーイラスト)

母のエプロン

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。 「いつもありがとう」という言葉を添えて、プレゼントを渡したかった。 でも照れ臭いし、もし選んだプレゼントが気に入ってもらえなかっ…

家族(フリー写真)

娘への遺言

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります。 両親は、私が10歳の時に事故死しました。 あの日は家族旅行に行っていました。 帰り道、高速…

玩具にじゃれる白猫(フリー写真)

待っていてくれた猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭に居た。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

赤ちゃん(フリー写真)

本当に価値がある存在

君がママのお腹に居ると判った時、ママは涙ぐんでいた。 妊娠したと聞いて僕は、 「おーそうか」 なんて冷静に言おうとしたけど、すぐに涙が出たんだ。 決して口には出…

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

親子(フリー写真)

お袋からの手紙

俺の母親は俺が12歳の時に死んだ。 ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 親父は俺の20歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 俺の20歳の誕生日に、入院中の親父から…

空(フリー写真)

見守ってくれた兄

我が家の仏壇には、他より一回り小さな位牌があった。 両親に聞いた話では、生まれる前に流産してしまった俺の兄のものだという。 両親はその子に名前(A)を付け、事ある毎に …

万年筆(フリー写真)

わすれられないおくりもの

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。 私はまだ小学4年生で、使い方も知りませんでした。 万年筆をくれたので、その人のことを『万年筆さん』と呼びます。 万年筆…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…