お母さんありがとう

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。

風邪ひとつ引かない元気な母だった。

僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。

借金を作って逃げたらしい。

母は早朝4時に起きて俺たち兄妹の弁当を作り、6時から17時まで弁当屋でパート。

帰って来たら晩飯を作ってすぐに出て行き、23時までパチンコ屋で掃除のバイト。

休日は月に三回あれば良い方だったと思う。

そうやって僕と妹は育てられた。

反抗期なんてほぼ無かった。

あんなに頑張る母親を見て、反抗など出来るはずが無かった。

いや…一度だけあった。

クリスマスの二、三日前にゲームボーイが欲しいとねだったのだ。

友達がみんなゲームを持っているのに、自分だけ持っていないと虐められると。

何故、あんな嘘を吐いたのだろう…。

母は、

「ごめんね…」

と顔をくしゃくしゃにして泣いた。

僕も何故か悲しくなって、家族三人でボロボロ泣いた。

その日は三人とも同じ布団で抱き合って寝た。

クリスマスの日の夕食は、おでんとケーキだった。

母親は子供のようにはしゃぎ、歌い、最後に

「はい」

とプレゼントを渡した。

古いゲームソフトだけを買って来た。

「これだけじゃできないんだよ」

と言おうとしたけど、嬉しそうな母の顔を見ると言えなかった。

あれから二十年、兄妹揃って大学まで出してくれた。

「俺も妹ももう就職したし、これからは楽をさせてあげるから仕事辞めなよ」

と言ったのに。働いてなきゃボケるって…そんな年じゃないだろう。

どこか三人で旅行に行こうよと言っていたのに。

妹の結婚式を見るまでは死ねないと言っていたのに。

何で末期癌になるまで働くんだよ…。

何度も病院行こうって言ったじゃないか。

先生も、

「あんなに我慢強い人見たこと無い」

と言っていたよ。

看護婦さんに

「迷惑掛けてごめんね」

ばっかり言ってたんだってな。

いっつも人のことばっかり気にして…。

震える手で書いた枕元の手紙…読んだよ。

『耕ちゃんへ

小さいころはいつもお手伝いありがとう。

あなたはわがままをひとつも言わないやさしい子でした。

妹の面倒も沢山見てくれてありがとう。

あなたが生まれてきてくれてほんとうにうれしかったよ。

あなたのお嫁さんを見たかった』

『梓へ

女の子なのにおしゃれをさせてあげられなくてごめんね。

いつも帰ったら「ぎゅっとして」と言ってくるあなたに、私は何度救われたかわかりません。

あなたは、あなたを愛する人を見つけなさい。

そしてその人のために生きなさい。

死は誰にでも訪れるものです。

悲しまないで。

あなたがもし辛いことがあったら、いつでもあなたの枕元に立ちますよ。なんてね。

あなた達の母親で良かった。

また生まれ変わってもあなた達の母親でありたい。

それが私の唯一つの願いです。

体に気を付けて。

寒いからあたたかかくして。

それから…それから…きりが無いからやめとくね。

たくさんたくさんありがとう』

お母さん…手紙は涙で滲んでボロボロだったよ。

だから紙を買って来てくれって言ってたんだね。

お母さん…ありがとう…ありがとう…ありがとう…。

まだ遊んでるよ。

プレゼントしてくれたスーパーマリオランド。

絵馬(フリー写真)

絵馬に書かれた願い

この前、近くの神社まで散歩したんだ。 絵馬が沢山あって、 『あまり良い趣味じゃないな』 と思いながらも、他人の色々な願い事を見ていたんだ。 「大学に合格しますよ…

女の子の後ろ姿(フリー写真)

温かい家庭

兄家族が俺達の家にやって来て、長女を押し付け引っ越して行った。 兄も兄嫁も甥っ子だけが生き甲斐みたいなところがあったんだよね。 甥っ子は本当に頭が良かったんだ。 勉強…

ディズニーランド(フリー写真)

親子三人で

秋も大分深まってまいりました。 ディズニーランドのスタッフの皆様、いつも私たちに素敵な夢をありがとうございます。 今月、数年ぶりに主人とディズニーランドに遊びに行かせていた…

雨の日の紫陽花(フリー写真)

いってらっしゃい

もう二十年ほど前の話です。 私が小さい頃に親が離婚しました。 どちらの親も私を引き取ろうとせず、施設に預けられ育ちました。 そして三歳くらいの時に、今の親にもらわれた…

家族(フリー写真)

娘への遺言

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります。 両親は、私が10歳の時に事故死しました。 あの日は家族旅行に行っていました。 帰り道、高速…

田舎の風景(フリー写真)

せめて届かないだろうか

葬式、行けなくてゴメン。 マジでゴメン。 行かなかったことに言い訳できないけどさ、せめてものお詫びに、お前んちの裏の山に登って来たんだ。 工事用の岩の間に作った基地さ…

ハート(フリー素材)

残りの一年

彼女に大事な話があるからと呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。 …

家族の手(フリー写真)

いつかの日曜日

私が4歳の時、父と母は離婚した。 当時は祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。 母は出て行く日に私を実家へ連れて行った。 家具や荷物が沢山置いてあって、叔母の…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

空(フリー写真)

祖父の恩人

仕事でどうしようもないミスをしてしまい、次の日に仕事に行きたくないと鬱ぎ込んでいた時の事だ。 家に帰りたくなく、仕事帰りにいつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみた。 …