お母さんありがとう

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 心温まる話 |

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。

風邪ひとつ引かない元気な母だった。

僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。

借金を作って逃げたらしい。

母は早朝4時に起きて俺たち兄妹の弁当を作り、6時から17時まで弁当屋でパート。

帰って来たら晩飯を作ってすぐに出て行き、23時までパチンコ屋で掃除のバイト。

休日は月に三回あれば良い方だったと思う。

そうやって僕と妹は育てられた。

反抗期なんてほぼ無かった。

あんなに頑張る母親を見て、反抗など出来るはずが無かった。

いや…一度だけあった。

クリスマスの二、三日前にゲームボーイが欲しいとねだったのだ。

友達がみんなゲームを持っているのに、自分だけ持っていないと虐められると。

何故、あんな嘘を吐いたのだろう…。

母は、

「ごめんね…」

と顔をくしゃくしゃにして泣いた。

僕も何故か悲しくなって、家族三人でボロボロ泣いた。

その日は三人とも同じ布団で抱き合って寝た。

クリスマスの日の夕食は、おでんとケーキだった。

母親は子供のようにはしゃぎ、歌い、最後に

「はい」

とプレゼントを渡した。

古いゲームソフトだけを買って来た。

「これだけじゃできないんだよ」

と言おうとしたけど、嬉しそうな母の顔を見ると言えなかった。

あれから二十年、兄妹揃って大学まで出してくれた。

「俺も妹ももう就職したし、これからは楽をさせてあげるから仕事辞めなよ」

と言ったのに。働いてなきゃボケるって…そんな年じゃないだろう。

どこか三人で旅行に行こうよと言っていたのに。

妹の結婚式を見るまでは死ねないと言っていたのに。

何で末期癌になるまで働くんだよ…。

何度も病院行こうって言ったじゃないか。

先生も、

「あんなに我慢強い人見たこと無い」

と言っていたよ。

看護婦さんに

「迷惑掛けてごめんね」

ばっかり言ってたんだってな。

いっつも人のことばっかり気にして…。

震える手で書いた枕元の手紙…読んだよ。

『耕ちゃんへ

小さいころはいつもお手伝いありがとう。

あなたはわがままをひとつも言わないやさしい子でした。

妹の面倒も沢山見てくれてありがとう。

あなたが生まれてきてくれてほんとうにうれしかったよ。

あなたのお嫁さんを見たかった』

『梓へ

女の子なのにおしゃれをさせてあげられなくてごめんね。

いつも帰ったら「ぎゅっとして」と言ってくるあなたに、私は何度救われたかわかりません。

あなたは、あなたを愛する人を見つけなさい。

そしてその人のために生きなさい。

死は誰にでも訪れるものです。

悲しまないで。

あなたがもし辛いことがあったら、いつでもあなたの枕元に立ちますよ。なんてね。

あなた達の母親で良かった。

また生まれ変わってもあなた達の母親でありたい。

それが私の唯一つの願いです。

体に気を付けて。

寒いからあたたかかくして。

それから…それから…きりが無いからやめとくね。

たくさんたくさんありがとう』

お母さん…手紙は涙で滲んでボロボロだったよ。

だから紙を買って来てくれって言ってたんだね。

お母さん…ありがとう…ありがとう…ありがとう…。

まだ遊んでるよ。

プレゼントしてくれたスーパーマリオランド。

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

駄菓子屋(フリー写真)

駄菓子屋に集結したヒーロー

近所に古い駄菓子屋がある。 経営しているのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年程前に病気で亡くなってしまった)。 いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで、お金…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

ウェディングドレスの女性(フリー写真)

俺の娘が、俺の嫁になった話

俺には、嫁がいない。 正確に言えば、嫁はいたのだが、病気で先立ってしまった。 ただ、俺には10歳の娘がいる。 娘は本当にヤンチャで、しょっちゅうケンカして帰って来る…

子猫(フリー写真)

こはくちゃん

彼女を拾ったのは、雪がちらほらと舞う寒い2月の夜。 友人数人と飲みに行った居酒屋でトイレに行った帰り、厨房が騒がしかったので『何だ?』と思ったら、小さな子猫を掴んだバイトが出て来…

カップル(フリー写真)

二人の幸せ

私は現在20歳です。 今付き合っている彼氏とは、去年の夏にナンパされて知り合った。 彼氏の見た目はいわゆるチャラ男で、それなりに遊んでいる感じ。 絶対好きになんてなら…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

お茶碗(フリー写真)

テーブルのお皿

私と淳子は、結婚して社宅で暮らし始めました。 台所には四人がやっと座れる小さなテーブルを置き、そこにピカピカの二枚のお皿が並びます。 新しい生活が始まることを感じました。 …

父(フリー写真)

父と私と、ときどきおじさん

私が幼稚園、年少から年長頃の話である。 私には母と父が居り、3人暮らしであった。 今でも記憶にある、3人でのお風呂が幸せな家族の思い出であった。 父との思い出に、近…

犬(フリー写真)

大切な家族

家で可愛がっていた犬が亡くなって、もう何年経っただろう…。 まだ私も子育て中で、小さい子供を2人育てていたので毎日がバタバタだった時のことだ。 旦那が、番犬になるし子供たち…