再会のディズニーランド

公開日: ちょっと切ない話 |

観覧車

その日は約束の時間ぎりぎりに、舞浜駅のホームから階段を駆け下りた。

雑踏の中で待っていたのは、元妻とミニリュックを背負った小学3年生の息子だった。

半年ぶりに会う息子は、前よりも一回り大きくなっていた。

じっと息子を見ていると、元妻が「じゃあ、お願いね」とパスポート(引換券)とメモ紙を渡してくれた。

メモには息子の好きなアトラクションや食べ物が丁寧に書かれていた。

ランドへ向かう道のり、父と子は無言だった。

何を話せばいいのか、どう接すればいいのか、戸惑いがあった。

しかし、ランドの門をくぐると、少しずつ会話が始まった。

息子と一緒にアトラクションを楽しみながら、距離が縮まっていく感じがした。

一緒に笑い、時には手をつないで、8時間の貴重な時間を過ごした。

ミートでキャストに「おとうさん」と呼ばれ、その言葉が心に響いた。

長く感じた時間もあっという間に過ぎ、夕暮れの駅で息子を元妻に託した。

ひとりで次の電車を待ちながら、息子の大きな声が耳に残る。

「おとうさん、今度はシーだよ!絶対、一緒に行こうね!」

その言葉が、久しぶりに聞いた「おとうさん」という呼び名だった。

電車の中で、スプラッシュで撮られた写真を眺めると、涙がこみ上げてきた。

口を大きく開けて笑う、父と息子の幸せな瞬間。

今日は、父としての自分を取り戻す一歩を踏み出せた日だった。

関連記事

ファミコン(フリー写真)

消えた冒険の書

私には、兄が居ました。 三つ年上の兄は、妹思いの優しい兄でした。 子供の頃はよくドラクエ3を兄と一緒にやっていました(私は見ているだけでした)。 勇者が兄で、僧侶が私…

花束

深く、不器用な愛情

私は先天性の障害を持つ足で生まれました。 幼い私が、治療で下半身がギプスに覆われた時のことです。 痛みで泣き叫んだ夜、疲れ果てて眠った私を見て、強がりの父が涙を流していま…

祖母の手(フリー写真)

おばあちゃんの深い愛

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。 俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。 あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。…

病院

父の願いと医者への道

高校一年生の夏休み、両親から「大事な話がある」と呼び出されたとき、父が癌で余命宣告されていることを知りました。 私たち家族は商売をしており、借金も多く、父が亡くなれば高校に通う…

月

三度の祈り

それは今から数年前、俺の人生における三度の神頼みの始まりでした。 最初は七歳の時、両親が離婚し、厳しい祖父母の元へ預けられた時のことです。 彼らから「お前のせいで別れた」…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…

ゲーミング(フリー写真)

母の愛、信じる笑顔

幼い頃、父が交通事故で亡くなり、母一人で私を育ててくれた。 我が家は裕福ではなく、私は県立高校を落ちてしまった。 私立には通うことができず、定時制高校に進学した。 …

アプリコット色の子犬

涙を拭いてくれたハナ

結婚して子どもができた後、ペットショップで、トイプードルでアプリコット色の子犬と出会い、一目惚れした。 子どもの環境にも良いと言い訳して家族に迎えた。 元々はチワワ好きだ…

カップルと夕日(フリー写真)

国境と愛

彼女と俺は同じ大学だった。二人とも無事四年生になってすぐの4月、連日のように中国での反日デモがニュース番組を賑わしていた頃のこと。 中国人の彼女とはどうしても険悪なムードになるか…

夕日とカップル(フリー写真)

優しい貴方へ

元気ですか。 今、何処に居ますか。 生きていますか。 悪い事はもうしていませんか。 貴方と離れてから7年が経ちました。 貴方は私に言いました。 「沢…