大好きなあなた

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。

小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。

9歳の凄く元気なLと、12歳の大人っぽいけど天然なS、仏頂面なのに本当は優しいAでした。

三人とも親が居ませんでしたが、おじいちゃんがとても良い人なので、私同様に引き取った子達でした。

それから私たちは本当の兄弟のように、家族のように育ちました。

一年が経った頃、大人っぽいお兄ちゃんが居なくなりました。

本当に急で。信じられなかった。呆気なかった。

おじいちゃんには死んでしまったと知らされ、滅多に泣かなかったお兄ちゃんも大泣きしていました。

そしてAが17歳、Lが14歳、私が12歳の時に、Aと私は家を離れました。

Aは学校に行ってはおらず、働いていたので転勤するとのことでした。

Aは一人ではまともに家事も出来ないし、私はAが好きでした。Lも快く送り出してくれたので、Aに付いて行きました。

二人で暮らし始めて、Aもすぐに私を愛してくれました。

近所にAの同僚等が沢山住んでいて(会社近くのマンションだったため)、とても楽しく過ごしていました。

Aの会社の社長さんもすぐ近くに住んでおり、親の居ない私たちを実の子供のように可愛がってくださいました。

とても、とても幸せでした。

既に私は15歳で、16歳になったら結婚する約束をしていました。

ある時、会社の旅行で山へ行く機会がありました。

たまたま遊びに来ていたLと私もお誘いを受け、一緒に行かせていただきました。

Lもすぐに会社の人たちと仲良くなり、ずっとこのままでいたいと心から思いました。

なのに。

どうしてあなたと社長さんは居なくなったのですか。

山で土砂崩れに遭って…。あの時、何故私を庇ったのですか。

社長さんも、何故私が落としたネックレスを探しに行ったのですか。それがAがくれた宝物だとしても、私は誰かを失いたくなかったのに。

Aはこんな私だったのに、愚痴の一つも吐かないで、愛してる、ありがとう、しか言わないで。なんでよりによってLの前で死にますか。最期までバカですね。

暫くして見つかった社長さんの手には、ちゃんとネックレスが握られていましたね。一生、この身から離しません。

ただ、結婚式で社長さんに父が座る席に座って欲しいと言えて良かった。最期までAを抱き締めていられて良かった。

おじいちゃんとLに抱き締められながら泣きました。

理不尽な世界を。無力な私を呪いました。

私は、一度は壊れました。けれど会社の人やL達に支えられて、最近また笑えるようになりました。

今、私の傍には二人のとても可愛い女の子と男の子が居ます。

あの後、病院に行ったら、居たんですよ。あなたと私の子供です。双子ですよ。

なんでこの子達をあなたは抱き締めてあげないのですか。本当にバカですね?

私はずっと、あなた達のところに行くまで、あなたに悪態をつきまくるでしょう。

毎日、毎日。

悪態をつかれたくなかったらもう一度、夢の中でも良いから愛してるって言ってくださいよこのバカが。

あなたは今も、笑っていますか。

今はただ、あなたも笑っていることを祈ってあげる。

アスレチックで遊ぶ双子(フリー写真)

兄ちゃんはヒーローだった

兄ちゃんは、俺が腹が減ったと泣けば、弁当や菓子パンを食わせてくれた。 電気が点かない真っ暗な夜は、ずっと歌を唄って励ましてくれた。 寒くて凍えていれば、ありったけの毛布や服…

パラオのサンセットビーチ(フリー写真)

パラオの友情

南洋のパラオ共和国には、小さな島が幾つもある。 そんな島にも、戦争中はご多分に漏れず日本軍が進駐していた。 その島に進駐していた海軍の陸戦隊は、学徒出身の隊長の元、住民たち…

オフィス(フリー写真)

秘密のお守り

初めて彼女に会ったのは、内定式の時。同期だった。 聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文か何かが賞を獲ったこともあるらしく、期待の新人ということだった。 ただ、ちょ…

虹(フリー写真)

人生

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。 いたずらっ子だった小学生時代。 落ちこぼれだった中学生時代。 レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。 …

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

母(フリー写真)

母のビデオテープ

俺は小さい頃に母親を亡くしている。 それで中学生の頃は恥ずかしいほどグレた。 親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探していると、一本のビデオテープがあった。 俺は…

カップル(フリー写真)

気付かないふり

一昨年の今日、告白しました。生まれて初めての告白でした。 彼女は全盲でした。 それを知ったのは、彼女が弾くピアノに感動した後の事でした。 俺は凄くびっくりしました。そ…

祖母の手(フリー写真)

おばあちゃんの深い愛

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。 俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。 あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。…

お味噌汁(フリー写真)

これで仲直りしよう

昨日の朝、女房と喧嘩した。と言うか酷いことをした。 原因は、夜更かしして寝不足だった俺の寝起き悪さのせいだった。 「仕事行くの嫌だよな」 と呟く俺。 そこで女房…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…