大好きなあなた

公開日: ちょっと切ない話 | 夫婦 | 恋愛 | 悲しい話

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。

小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。

9歳の凄く元気なLと、12歳の大人っぽいけど天然なS、仏頂面なのに本当は優しいAでした。

三人とも親が居ませんでしたが、おじいちゃんがとても良い人なので、私同様に引き取った子達でした。

それから私たちは本当の兄弟のように、家族のように育ちました。

一年が経った頃、大人っぽいお兄ちゃんが居なくなりました。

本当に急で。信じられなかった。呆気なかった。

おじいちゃんには死んでしまったと知らされ、滅多に泣かなかったお兄ちゃんも大泣きしていました。

そしてAが17歳、Lが14歳、私が12歳の時に、Aと私は家を離れました。

Aは学校に行ってはおらず、働いていたので転勤するとのことでした。

Aは一人ではまともに家事も出来ないし、私はAが好きでした。Lも快く送り出してくれたので、Aに付いて行きました。

二人で暮らし始めて、Aもすぐに私を愛してくれました。

近所にAの同僚等が沢山住んでいて(会社近くのマンションだったため)、とても楽しく過ごしていました。

Aの会社の社長さんもすぐ近くに住んでおり、親の居ない私たちを実の子供のように可愛がってくださいました。

とても、とても幸せでした。

既に私は15歳で、16歳になったら結婚する約束をしていました。

ある時、会社の旅行で山へ行く機会がありました。

たまたま遊びに来ていたLと私もお誘いを受け、一緒に行かせていただきました。

Lもすぐに会社の人たちと仲良くなり、ずっとこのままでいたいと心から思いました。

なのに。

どうしてあなたと社長さんは居なくなったのですか。

山で土砂崩れに遭って…。あの時、何故私を庇ったのですか。

社長さんも、何故私が落としたネックレスを探しに行ったのですか。それがAがくれた宝物だとしても、私は誰かを失いたくなかったのに。

Aはこんな私だったのに、愚痴の一つも吐かないで、愛してる、ありがとう、しか言わないで。なんでよりによってLの前で死にますか。最期までバカですね。

暫くして見つかった社長さんの手には、ちゃんとネックレスが握られていましたね。一生、この身から離しません。

ただ、結婚式で社長さんに父が座る席に座って欲しいと言えて良かった。最期までAを抱き締めていられて良かった。

おじいちゃんとLに抱き締められながら泣きました。

理不尽な世界を。無力な私を呪いました。

私は、一度は壊れました。けれど会社の人やL達に支えられて、最近また笑えるようになりました。

今、私の傍には二人のとても可愛い女の子と男の子が居ます。

あの後、病院に行ったら、居たんですよ。あなたと私の子供です。双子ですよ。

なんでこの子達をあなたは抱き締めてあげないのですか。本当にバカですね?

私はずっと、あなた達のところに行くまで、あなたに悪態をつきまくるでしょう。

毎日、毎日。

悪態をつかれたくなかったらもう一度、夢の中でも良いから愛してるって言ってくださいよこのバカが。

あなたは今も、笑っていますか。

今はただ、あなたも笑っていることを祈ってあげる。

手を繋いで夕日を眺めるカップル(フリー写真)

ずっと並んで歩こうよ

交通事故に遭ってから左半身に少し麻痺が残り、日常生活に困るほどではないけれど、歩くとおかしいのがばれる。 付き合い始めの頃、それを気にして一歩下がるように歩いていた私に気付き、手…

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…

野球のグローブ(フリー写真)

カーブ!

今はお通夜の最中です。兄貴が死にました。 4つ年上の兄貴は40歳の若さで、この世を去りました。胃癌でした。 私の家は母子家庭でした。だから初めて野球を教えてくれたのは、親父…

猫(フリー写真)

鳴かない猫

昔話だけど。 実家の猫は赤ちゃんの時、空き地で目も潰れて放置され、泣き喚いていたところを保護したんだ。 正直、化け猫のようで触るのも躊躇するほどの悲惨さだった。 目は…

犬(フリー写真)

ペットとの別れ

レオと出会ったのは、私が3歳の時。 山奥の綺麗な川へバーベキューしに向かっていると、運転していた父が 「あそこに犬がおる!」 と言って車を停めた。 窓を開けて見…

夏休みの情景(フリー写真)

バス停の女の子

俺が小学3年生の夏休みの話。 今の今までマジで忘れていた。 小学校の夏休みとか、遊びまくった覚えしかない。 俺は近所の男子と夏休み中、開放されていた学校の校庭で、午後…

兄妹(フリー写真)

たくましいお兄ちゃん

親戚にとても仲の良い幼い兄妹が居た。 兄は3才の康介ちゃんで、妹は2才の愛ちゃん。 当時21歳だった俺にとっても、可愛くてたまらない子供達だった。 ※ しかしある年末、…

学校(フリー背景素材)

たくちゃん

その人は一個上の先輩で、同級生や後輩からも『たくちゃん』と呼ばれていた。 初めて話したのは小学校の運動会の時。 俺の小学校は、全学年ごちゃ混ぜで行われる。俺は青組みだった。…

ミートソーススパゲッティ

母の味

うちの母が作るミートソースは、とても美味かった。 家族全員の大好物だった。 でもそのレシピを聞かないうちに、母は急性白血病で亡くなった。 亡くなって数年が経った頃、…