大好きなあなた

公開日: ちょっと切ない話 | 夫婦 | 恋愛 | 悲しい話

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。

小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。

9歳の凄く元気なLと、12歳の大人っぽいけど天然なS、仏頂面なのに本当は優しいAでした。

三人とも親が居ませんでしたが、おじいちゃんがとても良い人なので、私同様に引き取った子達でした。

それから私たちは本当の兄弟のように、家族のように育ちました。

一年が経った頃、大人っぽいお兄ちゃんが居なくなりました。

本当に急で。信じられなかった。呆気なかった。

おじいちゃんには死んでしまったと知らされ、滅多に泣かなかったお兄ちゃんも大泣きしていました。

そしてAが17歳、Lが14歳、私が12歳の時に、Aと私は家を離れました。

Aは学校に行ってはおらず、働いていたので転勤するとのことでした。

Aは一人ではまともに家事も出来ないし、私はAが好きでした。Lも快く送り出してくれたので、Aに付いて行きました。

二人で暮らし始めて、Aもすぐに私を愛してくれました。

近所にAの同僚等が沢山住んでいて(会社近くのマンションだったため)、とても楽しく過ごしていました。

Aの会社の社長さんもすぐ近くに住んでおり、親の居ない私たちを実の子供のように可愛がってくださいました。

とても、とても幸せでした。

既に私は15歳で、16歳になったら結婚する約束をしていました。

ある時、会社の旅行で山へ行く機会がありました。

たまたま遊びに来ていたLと私もお誘いを受け、一緒に行かせていただきました。

Lもすぐに会社の人たちと仲良くなり、ずっとこのままでいたいと心から思いました。

なのに。

どうしてあなたと社長さんは居なくなったのですか。

山で土砂崩れに遭って…。あの時、何故私を庇ったのですか。

社長さんも、何故私が落としたネックレスを探しに行ったのですか。それがAがくれた宝物だとしても、私は誰かを失いたくなかったのに。

Aはこんな私だったのに、愚痴の一つも吐かないで、愛してる、ありがとう、しか言わないで。なんでよりによってLの前で死にますか。最期までバカですね。

暫くして見つかった社長さんの手には、ちゃんとネックレスが握られていましたね。一生、この身から離しません。

ただ、結婚式で社長さんに父が座る席に座って欲しいと言えて良かった。最期までAを抱き締めていられて良かった。

おじいちゃんとLに抱き締められながら泣きました。

理不尽な世界を。無力な私を呪いました。

私は、一度は壊れました。けれど会社の人やL達に支えられて、最近また笑えるようになりました。

今、私の傍には二人のとても可愛い女の子と男の子が居ます。

あの後、病院に行ったら、居たんですよ。あなたと私の子供です。双子ですよ。

なんでこの子達をあなたは抱き締めてあげないのですか。本当にバカですね?

私はずっと、あなた達のところに行くまで、あなたに悪態をつきまくるでしょう。

毎日、毎日。

悪態をつかれたくなかったらもう一度、夢の中でも良いから愛してるって言ってくださいよこのバカが。

あなたは今も、笑っていますか。

今はただ、あなたも笑っていることを祈ってあげる。

関連記事

手を繋ぐ恋人同士(フリー写真)

遠く離れても、絆は永遠に

ある町に、幼馴染の男女が暮らしていた。 彼らは幼い頃からずっと一緒に過ごし、お互いのことを大切に思っていた。 しかしある日、男性が突然遠い町へ引っ越すことになった。 …

キャンドル(フリー写真)

キャンドルに懸けた想い

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。 会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったこと…

夫婦(フリー写真)

奥さんの日記

嫁の日記を盗み読みしたら、いつも昼飯は納豆ご飯やお茶漬けしか食べていないことが判った。 友達とファミレスに行くのも月に一度と決めているらしい。 俺に美味しい料理を食べさせた…

手紙(フリー写真)

生きて欲しかった

私は高校2年生です。 去年、3つ下の妹が自殺しました。 妹はいつも笑顔で『悩みなんてない!』みたいな子でした。 妹は成績は散々だったけど、コミュニケーションが苦手な…

バス停(フリー写真)

親切な彼女

バスで二人座席に座っていた学生風のカップル。 車椅子の人が乗ろうとした途端、彼女の方がすっと立ち上がって、彼氏に荷物を渡し、運転手が車椅子を乗せるお手伝いをしていた。 その…

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

運動会(フリー写真)

素敵なお弁当

小学校高学年の時、優等生だった。 勉強もスポーツもできたし、児童会とか何かの代表はいつも役が回って来た。 確かに、良く言えば利発な子供だったと思う。 もう一人のできる…

交差点(フリー写真)

家族の支え

中学時代、幼馴染の親友が目の前で事故死した。 あまりに急で、現実を受け容れられなかった俺は少し精神を病んでしまった。 体中を血が出ても止めずに掻きむしったり、拒食症になった…

カップル

余命と永遠の誓い

彼は肺がんで入院し、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定を立て、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態で、彼はバツイチで大分年上だっ…

雨(フリー写真)

真っ直ぐな青年の姿

20年前、私は団地に住んでいました。 夜の20時くらいに会社から帰ると、団地前の公園で雨の中、一人の男の子が傘もささず向かいの団地を見ながら立っていました。 はっきり言って…