大好きなあなた

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。

小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。

9歳の凄く元気なLと、12歳の大人っぽいけど天然なS、仏頂面なのに本当は優しいAでした。

三人とも親が居ませんでしたが、おじいちゃんがとても良い人なので、私同様に引き取った子達でした。

それから私たちは本当の兄弟のように、家族のように育ちました。

一年が経った頃、大人っぽいお兄ちゃんが居なくなりました。

本当に急で。信じられなかった。呆気なかった。

おじいちゃんには死んでしまったと知らされ、滅多に泣かなかったお兄ちゃんも大泣きしていました。

そしてAが17歳、Lが14歳、私が12歳の時に、Aと私は家を離れました。

Aは学校に行ってはおらず、働いていたので転勤するとのことでした。

Aは一人ではまともに家事も出来ないし、私はAが好きでした。Lも快く送り出してくれたので、Aに付いて行きました。

二人で暮らし始めて、Aもすぐに私を愛してくれました。

近所にAの同僚等が沢山住んでいて(会社近くのマンションだったため)、とても楽しく過ごしていました。

Aの会社の社長さんもすぐ近くに住んでおり、親の居ない私たちを実の子供のように可愛がってくださいました。

とても、とても幸せでした。

既に私は15歳で、16歳になったら結婚する約束をしていました。

ある時、会社の旅行で山へ行く機会がありました。

たまたま遊びに来ていたLと私もお誘いを受け、一緒に行かせていただきました。

Lもすぐに会社の人たちと仲良くなり、ずっとこのままでいたいと心から思いました。

なのに。

どうしてあなたと社長さんは居なくなったのですか。

山で土砂崩れに遭って…。あの時、何故私を庇ったのですか。

社長さんも、何故私が落としたネックレスを探しに行ったのですか。それがAがくれた宝物だとしても、私は誰かを失いたくなかったのに。

Aはこんな私だったのに、愚痴の一つも吐かないで、愛してる、ありがとう、しか言わないで。なんでよりによってLの前で死にますか。最期までバカですね。

暫くして見つかった社長さんの手には、ちゃんとネックレスが握られていましたね。一生、この身から離しません。

ただ、結婚式で社長さんに父が座る席に座って欲しいと言えて良かった。最期までAを抱き締めていられて良かった。

おじいちゃんとLに抱き締められながら泣きました。

理不尽な世界を。無力な私を呪いました。

私は、一度は壊れました。けれど会社の人やL達に支えられて、最近また笑えるようになりました。

今、私の傍には二人のとても可愛い女の子と男の子が居ます。

あの後、病院に行ったら、居たんですよ。あなたと私の子供です。双子ですよ。

なんでこの子達をあなたは抱き締めてあげないのですか。本当にバカですね?

私はずっと、あなた達のところに行くまで、あなたに悪態をつきまくるでしょう。

毎日、毎日。

悪態をつかれたくなかったらもう一度、夢の中でも良いから愛してるって言ってくださいよこのバカが。

あなたは今も、笑っていますか。

今はただ、あなたも笑っていることを祈ってあげる。

カップル(フリー写真)

最後の時を過ごす二人

従兄弟が大腸癌で亡くなった。27歳だった。 その彼女は、従兄弟が癌と判ってから、仕事もあったのに毎日病室を訪れ付き添っていた。 結婚の約束もしていたんじゃないかな。 …

靴を持つ夫婦(フリー写真)

二つの指輪

「もう死にたい…。もうやだよ…。つらいよ…」 妻は産婦人科の待合室で、人目もはばからず泣いていた。 前回の流産の時、私の妹が妻に言った言葉…。 「中絶経験があったりす…

万年筆(フリー写真)

わすれられないおくりもの

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。 私はまだ小学4年生で、使い方も知りませんでした。 万年筆をくれたので、その人のことを『万年筆さん』と呼びます。 万年筆…

学校の机(フリー写真)

君が居なかったら

僕は小さい頃に両親に捨てられ、色々な所を転々として生きてきました。 小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」などと言われました。 偶に同級生の子と遊んでいて、…

夕日(フリー写真)

祖父母からのお小遣い

自分には77歳のばあちゃんがいる。 数ヶ月前にじいちゃんが亡くなり、最近はあまり元気が無い。 ばあちゃんの家には車で20分程で行ける距離だから、父と定期的に行くようにしてい…

虹(フリー写真)

人生

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。 いたずらっ子だった小学生時代。 落ちこぼれだった中学生時代。 レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。 …

手を組む女性(フリー写真)

恋人からの手紙

昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。 そしたらなんか通夜が終わって、病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛ての手紙が入ってたんです。 で、よく…

桜(フリー写真)

桜と最後の嘘

僕は良いところなど一つも無いと言って良い程、嫌な人間だった。 ルックスに自信は無く、頭も良くはない。そして、人に平気で嘘を吐く卑怯者。 僕に構う人など誰も居なかった。もちろ…

繋がれた手(フリー写真)

彼との最後の夜

一年間、同棲していた彼が他界した。 大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。 本当に突然の出来事だった。 ※ その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。 しかし…

手紙(フリー写真)

亡くなった旦那からの手紙

妊娠と同時に旦那の癌が発覚。 子供の顔を見るまでは…と頑張ってくれたのだけど、ちょっと間に合わなかった。 旦那が居なくなってしまってから、一人必死で息子を育てている。 …