キャンドルに懸けた想い

公開日: 心温まる話 | 恋愛 | 長編

キャンドル(フリー写真)

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。

会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったことが理由です。

『夢』以外何も持たずに独立起業したものの、現実は甘くはなく、辛く苦しい毎日が始まりました。

25歳にして月収7万円。

家を借りる事も出来ず事務所で生活。

食事は白飯にふりかけのみ。

そんな生活が幕を開けたのでした。

当時、そんな僕にも6歳年下の彼女がいたのですが、19歳そこそこの女の子の年上の彼氏が月収7万円…。

僕は沖縄に住んでいましたが、彼女は東京で学生をしていたので、いわゆる遠距離恋愛。

飛行機に乗らないと会うこともできず、月収7万円の僕にとって、航空券は高く高くそびえ立つ壁として立ちはだかり、とても会いに行くことも出来ません。

彼女は必死で働いたバイト代で数ヶ月に一度、僕に会いに沖縄まで来てくれましたが、久しぶりのデートはいつもファミレス。

折角沖縄まで来ているというのに、仕事に追われ、どこにも連れて行ってあげられず。彼女は一人でドライブ。

もちろんホテルになんて宿泊できません。

彼女も一緒に、当時のシャワーも無い事務所に寝泊まりしていました。

カツ丼一つとドリンクバー一つを二人で分け合う…それが当時の僕達にとって一番の贅沢でした。

そんな彼女の20歳の誕生日。

彼女に記念になるような素敵なプレゼントをしたかったのですが、そんなお金もありません。

その時の僕にできることを、必死に考えて考えて考え抜いた結果、僕は手作りの『キャンドル』をプレゼントしました。

「僕達の未来に明るい火が灯るように…」

そんな願いを込めて渡したプレゼントを、彼女は本当に嬉しそうに受け取ってくれました。

その時の、優しさに満ちた彼女の笑顔を今も鮮明に覚えています。

「ありがとう」

これしか頭に浮かんで来なかった僕より早く、彼女はこの言葉を口にしていました。

「それは俺のセリフだよ…。本当にいつもありがとう」

二人で当時のことを振り返る時、

「この時のキャンドルが、今までのプレゼントの中で一番嬉しかった」

と彼女は言います。

それから7年の月日が流れ、僕はいま世界の金融大国『香港』に住んでいます。

僕を取り巻く環境は大きく変わり、資産家や凄腕起業家達と新しい事業やビジネスモデルについて語り合い、日々楽しい毎日を過ごしています。

家さえ借りることが出来ず事務所に寝泊まりしていた僕が、ホテルの一室に住み、昼間はプールサイドで仕事をし、夜は仲間達とお酒を酌み交わして語り合う日々。

「人間、やれば出来るのだ…」

心の底からそう確信できた僕は、いま本当に幸せです。

「ねぇ? 早く準備してよ。今日は私の誕生日プレゼント買いに行く約束だよ?」

感傷に浸っていた時、ふと後ろから声がして振り返ると、そこには少し誇りがかったあの日の『キャンドル』と共に、彼女ではなく『奥さん』が立っています。

今日は奥さんの27回目の誕生日。

19歳の時、甲斐性なしの年上彼氏を持った彼女は、友達には

「そんなダメ男やめときなって!」

と言われていたことでしょう。

周りの友達が楽しそうにお金に余裕のある彼氏とのデートの話をするのを聞くのは辛かったことでしょう。

両親に事務所に寝泊まりしているなんて口が裂けても言えなかったことでしょう。

何度も『本当にこの人に付いて行って大丈夫かな…』と悩んだことでしょう。

折角彼女が沖縄まで来てくれたにも関わらず、デートする時間も取れずに僕が仕事に明け暮れている時、夜こっそり彼女が泣いていたのを僕は知っています。

それでも付いて来てくれました。

あの日のキャンドルに懸けた想いを信じてくれました。

何もしてあげられず…、寂しい想いばかりさせていたのにも関わらず、僕を信じた彼女は今も僕の傍にいます。

僕はもう二度と彼女に辛い思いはさせません。

何があっても二人で力を合わせて乗り切ります。

笑ってくれてありがとう。

怒ってくれてありがとう。

悲しんでくれてありがとう。

喜んでくれてありがとう。

一緒にいてくれてありがとう。

僕にとっては、彼女が横にいることが彼女からのプレゼント。

大切な人が幸せな姿が、こんなにも自分にとっての『幸せ』だったのだと気付かせてくれました。

大切な人を守ること。

辛く苦しい思いをさせないこと。

もう二度と寂しい思いをさせないこと。

これだけを胸に僕はまだまだ努力して行きます。

手を繋ぐ(フリー写真)

初恋の人

初恋の人が亡くなりました。 初恋で初めての彼氏で、私も若くて我儘放題で、悔やまれることばかりです。 ある日、突然「別れて欲しい」と言われ、意地を張って「いいよ」と言い返して…

赤ちゃんの足を持つ手(フリー写真)

ママの最後の魔法

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。 その時、サキちゃんはまだ2歳だった。 「あなた、サキのためにビデオを3本残します。 このビ…

トイレ(フリー写真)

ドア裏の落書き

以前、大きな病院に通院していました。 ある日、男子トイレの洋式の方に入って座ると、ドア裏に小さな落書きがあったのです。 『入院して二ヶ月 治らない もうだめだ』 ※ そ…

ベンチに座る老夫婦(フリー写真)

最初で最後のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父。 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があと僅かであることを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。 「元気になって、…

恋人同士(フリー写真)

彼の真意

今年の5月まで付き合っていた彼の話。 料理が好きで、調理場でバイトをしていた。 付き合い始めの頃、私が作った味噌汁に、溶け残りの味噌が固まって入っていたことがあった。 …

母への感謝の気持ち(フリー写真)

ありがとうな、おかん

なあなあ、おかんよ。 中学の時に不登校になり、夜間高校に入るも家に帰って来ず、毎日心配させてごめんよ。 二十歳を超えてからも、彼氏を作り勝手に同棲して、ろくに連絡もせず心配…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

ちまきと柏餅(フリー写真)

ロクな大人

この前の、子供の日。 夫の親、兄弟、親戚、一同が集まった席で、いつものように始まった大合唱。 「一人っ子は可哀想」 「ロクな大人にならん」 「今からでも第二子は…

万年筆(フリー写真)

わすれられないおくりもの

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。 私はまだ小学4年生で、使い方も知りませんでした。 万年筆をくれたので、その人のことを『万年筆さん』と呼びます。 万年筆…

結婚式(フリー写真)

もしもし、お母さん

私が結婚を母に報告した時、ありったけの祝福の言葉を言い終えた母は、私の手を握り真っ直ぐ目を見つめてこう言った。 「私にとって、みおは本当の娘だからね」 ドキリとした。 …