特攻隊員の方の遺書

公開日: 悲しい話 | 戦時中の話

南国の夕日(フリー写真)

戦いは日一日と激しさを加えて参りました。

父母上様、長い間お世話になりました。

私も未だ十九才の若輩で、この大空の決戦に参加できることを、深く喜んでおります。

私は潔く死んで逝きます。今日の海の色、見事なものです。決して嘆いて下さいますな。

抑々海軍航空に志した時、真っ先に許されそして激励して下さったのは、父母上様ではなかったでしょうか。

既に今日あるは覚悟の上でしょう。私も魂のみたてとして、ただただ大空に身を捧げんとして予科練に入り、今日まで猛特訓に毎日を送って来たのです。

今、それが報いられ、日本男子として本当に男に花を咲かせる時が来たのです。

この十九年間、人生五十年に比べれば短いですが、私は実に長く感じました。

数々の思出は走馬燈の如く胸中を駆け巡ります。

故郷の兎追いしあの山、小鮒釣りしあの川、みな懐かしい思い出ばかりです。

しかし父母様にお別れするに当たり、もっと孝行がしたかった。そればかりが残念です。

随分暴れ者で迷惑をお掛けし、今になって後悔しております。

お身体を大切に、そればかりがお願いです。

親に甘えた事、叱られた事、皆懐かしいです。

育子、昌子の二人は私の様に母に甘えたり叱られたり出来ないかと思うと可哀想です。

いつまでも仲良くお暮らし下さい。私も喜んで大空に散っていきます。

平常あちこちにご無沙汰ばかりしておりますから、何卒よろしくお知らせ下さい。お願いします。

御身大切にごきげんよう。

昭和19年10月26日 レイテ沖にて特攻戦死

一飛曹 塩田寛 18才

関連記事

コスモス

未来への手紙

家内を亡くしました。 お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、病院へ向かう途中、居眠り運転のトラックと激突し、彼女は即死でした。 警察からの連絡を聞いた時、酷い冗談だ…

戦闘機

戦場の軍医と従兵の絆

先日、私は大伯父の葬儀に参列しました。読経の声が静かに流れる中、私は大伯父がかつて語った、唯一の戦争の話を思い出していました。 医師であった大伯父は軍医として従軍し、フィリピン…

震災の写真

震災を生き抜く少年の記録

「お父さんが軽トラで帰っていった姿を見ました。津波にのみ込まれませんように」と祈っていました。 巨大地震と大津波が東日本を襲ったあの日、子供たちは何を見、その後をどう生きたのか…

山(フリー写真)

姥捨て山

『姥捨て山』の話を聞いた事はありますか? 年老いた親を、子供が背負って山に捨てるという話です。 大昔、貧しさから本当にそのような風習があったそうです。 そしてこんな事…

青空(フリー写真)

命懸けの呼び掛け

宮城県南三陸町で、震災発生の際に住民へ避難を呼び掛け、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが判りました。 亡くなられた町職員の遠藤未希さんの呼び掛けが全て収録…

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

南国(フリー写真)

悔しくないか

先日、大伯父の葬儀に参列しました。 静かに流れる読経を聞きながら、大伯父がただ一度だけ、戦争中の話をしてくれたことを思い出していました。 医師だった大伯父は軍医として従軍し…

空(フリー写真)

祖父の恩人

仕事でどうしようもないミスをしてしまい、次の日に仕事に行きたくないと鬱ぎ込んでいた時の事だ。 家に帰りたくなく、仕事帰りにいつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみた。 …

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

母子手帳

今年の6月に母が亡くなった。火事だった。 同居していた父親は外出していて、弟は無事に逃げる事が出来たのだけど、母親は煙に巻かれて既に駄目だった。 自分は違う地方に住んでいた…