虐め

公開日: 友情 | 悲しい話

教室(フリー写真)

友達が自殺した。

理由はよくある『虐め』。

俺は気付いていた。

友達が虐められてたことには気付いていた。

でも自分までそうなるのが嫌だったから、最後は他人の振りまでした。

まさか自殺をするとは思っていなかった。

ショックだった。

でも俺だってあいつを虐めたようなものだから、何も言えなかった。

ただ、ずっと後悔するしかなかった。

そしたらある日、友達の母親に呼ばれた。

「貴方は息子が虐められたの知ってたの?」

そう聞かれて、ただ

「はい」

と答えた。

『怒られるかな』と思った。

でも何故か、友達の母親は何も言わずに手紙を差し出して来た。

あいつが俺宛に書いたものだった。

俺への恨みでも書いてあるのか、と思った。

○○へ

こんな形で別れてしまってごめん。

虐められていた間のことについては、かなり怒ってる。

でも、誰だってああしたくなるよな。

だから、後悔するなよ。

俺のことをお前が庇ったら、お前まで虐められるだろ?

だからこれで良かったんだ。

お前は俺みたいにはなるなよ。

俺はもう死ぬけど、お前には生きていて欲しい。

男同士で気持ち悪いかもしれねえけど、何だかんだで俺はお前のこと好きだったからさ。

あ、もちろん、友達としてだぞ?

まあ、とにかく、俺はお前のことは恨んでねえから。

じゃあな。

恐らく死ぬ前に書かれたであろう手紙は、所々濡れていて文字がぼやけていた。

あいつがどんな気持ちでこれを書いたのかは分からない。

でも『もう二度と会えないんだな』『笑ってくれないんだ』という思いが込み上げて来て。

思い切り泣いた。その場に崩れ落ちるような感じで。

そしたら、あいつの母親が

「私ね、あの子が虐められてること知らなかったのよ。

だって、あの子ったら、家でもあなたの話ばかりしてるのよ?

でも、それも嘘だったのね。

…でも、気付いてあげられなかった私も悪いから、私に貴方を叱る権利はない。

息子の友達になってくれてありがとう」

そう言って泣き出すんだよ。

あの時の気持ちは、今でも忘れられない。

『ごめんな、俺、助けてやれなかった。

だからこそ、これからはお前の分もしっかり生きるよ』

現在、俺はスクールカウンセラーとして働いています。

関連記事

病室(フリー写真)

妹からの最後のメール

妹からの最後のメールを見て、命の尊さ、居なくなって残された者の悲しみがどれほど苦痛かを実感します。 白血病に冒され、親、兄弟でも骨髄移植は不適合でドナーも見つからず、12年間苦し…

日記(フリー写真)

最後の日記

小学校の時、虐められていた。 消しゴムを勝手に使われたので怒ったら、相手が学年のボス格の女子。 それ以来、クラスから無視された。 それが中学に入っても変わらず、真剣に…

春の路地(フリー写真)

命よりも大切な友達

お前は俺にとって、命よりも大切な友達だ。 小学校2年の時、友達も居なかった俺の誕生日に、プレゼントとしてチョロQを持って来てくれた。 その時の600円というのは、俺達にとっ…

親子の後ろ姿(フリー写真)

育ての親

私には、お母さんが二人居た。 一人は、私に生きるチャンスを与えてくれた。 もう一人は……。 ※ 私の17歳の誕生日に、母が継母であることを聞かされた。 私を生んで…

従軍(フリー写真)

祖父の傷跡

俺の爺さんは戦地で足を撃たれたらしい。 撤退命令が出て皆急いで撤退していたのだが、爺さんは歩けなかった。 隊長に、 「自分は歩けない。足手まといになるから置いて行って…

ナースステーション(フリー写真)

最強のセーブデータ

俺が小学生だった時の話。 ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。 俺は車と軽く接触し、入院していた。 同じ病室には、ひろ兄という患者が居た。 ひろ兄は俺と積極…

可愛い犬(フリー写真)

ボロという犬の話

小学3年生の時、親父が仕事帰りに雑種の小犬を拾って来た。 黒くて目がまん丸で、コロコロとした可愛い奴。 でも野良なので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。 そんな風貌…

母の手を握る赤ちゃん(フリー写真)

生まれて来てくれて有難う

親と喧嘩をし「出て行け」と言われ、家を飛び出して6年。 家を出て3年後に知り合った女性と同棲し、2年後に子供が出来た。 物凄く嬉しかった。 母性愛があるのと同じように…

繋がれた手(フリー写真)

彼との最後の夜

一年間、同棲していた彼が他界した。 大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。 本当に突然の出来事だった。 ※ その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。 しかし…

桜(フリー写真)

戦友を弔うために

インドで傭兵としてパキスタン軍と対峙していた時、遠くから歌が聞こえてきた。 知らない言葉の歌だったが、味方のものではないことは確かなので、銃をそちらに向けた。すると上官に殴り飛ば…