大事なメール

公開日: 夫婦 | 心温まる話

夫婦の手(フリー写真)

嫁が風呂に入っている時に携帯を見てしまった。

メールボックスには俺が送った『今から帰る』というような、くだらないメールばかり。

でもフォルダがあって、そこにメールが一杯貯まっていた。

知らない男から彼女に宛てた甘い内容のメールばかり、百通くらいあったも知れない。

感情的になってしまい、風呂から上がって来た嫁に問い詰めた。

そしたら、

「自分が送ったメールを忘れてしまったの?」

と言って嫁は笑った。

全然気付かなかった。言われてみれば、差出人が俺の昔の番号だった。

そうこうしてる間に、嫁の携帯の電池が一つになっていた。もう何年も前から同じ携帯だから、バッテリーが弱くなっている。

機種変しないのか聞いたら、メールが消えるのが嫌だったんだと……。

何だか携帯を盗み見た自分が恥ずかしくなかった。

携帯を見たことを謝ると、嫁は笑いながら

「こんな私を貰ってくれる人なんて、貴方以外にいません」

と言って俺を抱き締めてくれた。

今週末、嫁の携帯を機種変しに行って来ます。

もちろん俺の自腹です(泣)。

関連記事

封筒を持つ手(フリー写真)

結婚記念日おめでとう

入社4年目の時に、初めて結婚記念日の日を迎えた。 しかしその日、運悪く社内でトラブルが発生した。 下手したら全員会社に泊まりになるかもしれないという修羅場なのに、 「…

夫婦の手(フリー写真)

23年間のリセット

俺と嫁は、高校の時からの付き合いだった。 付き合った切っ掛けは、同じ委員会に所属したこと。 高校の文化祭で、俺と嫁は同じ仕事をした。 準備から事後まで、約一ヶ月間同じ…

空(フリー写真)

才能の代わりに

小学生の時、少し知恵遅れのA君が居た。 足し算、引き算などの計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵がとても上手な子だった。 彼はよく空の絵を描いた。抜けるような色合いには…

柿(フリー写真)

果物の命

昔、24時間営業のスーパーで働いていた。 この時期はただえさえ寒い上に、店内に冷房が効いていて凄く寒かったな。 それはさておき、その年は柿が凄く美味しかったんですよ。 …

蛍(フリー写真)

蛍は亡くなった人の魂

祖父が死んで、もう12年になる。 幼い頃から、 「蛍は亡くなった人の魂だから、粗末に扱うな」 と祖父に教えられてきた。 ※ 去年の8月15日の夜、父と俺とで家族総…

妊婦さん(フリー写真)

普通の一家の物語

その昔、大学の同級生の女の子にがりがりに痩せた子が居た。 細身の娘が好みだったので声を掛け、程なく恋仲に。 ある日、 「心臓に大穴が空いていて、苦しい。 子供も…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

人に優しくあるためには

私は事故に遭い、足が不自由になってしまいました。 車椅子なしでは外出も出来ませんし、トイレも昔のようにスムーズに行うことが出来ません。 そんな私から友人たちも離れて行きまし…

ハート(フリー素材)

残りの一年

彼女に大事な話があるからと呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。 …

バイク(フリー写真)

最高の子供達

昔話になるが、15歳の時に親父が畑や山に通うのに使うスーパーカブを無免で持ち出し、親父に顔の形が変わるほどぶん殴られて以来のバイク好きだった。 カブから始まり、モンキー、FX、C…

おむすび(フリー写真)

母の意志

僕が看取った患者さんに、スキルス胃がんに罹った女性の方が居ました。 余命3ヶ月と診断され、彼女はある病院の緩和ケア病棟にやって来ました。 ある日、病室のベランダでお茶を飲み…