大事なメール

公開日: 夫婦 | 心温まる話

夫婦の手(フリー写真)

嫁が風呂に入っている時に携帯を見てしまった。

メールボックスには俺が送った『今から帰る』というような、くだらないメールばかり。

でもフォルダがあって、そこにメールが一杯貯まっていた。

知らない男から彼女に宛てた甘い内容のメールばかり、百通くらいあったも知れない。

感情的になってしまい、風呂から上がって来た嫁に問い詰めた。

そしたら、

「自分が送ったメールを忘れてしまったの?」

と言って嫁は笑った。

全然気付かなかった。言われてみれば、差出人が俺の昔の番号だった。

そうこうしてる間に、嫁の携帯の電池が一つになっていた。もう何年も前から同じ携帯だから、バッテリーが弱くなっている。

機種変しないのか聞いたら、メールが消えるのが嫌だったんだと……。

何だか携帯を盗み見た自分が恥ずかしくなかった。

携帯を見たことを謝ると、嫁は笑いながら

「こんな私を貰ってくれる人なんて、貴方以外にいません」

と言って俺を抱き締めてくれた。

今週末、嫁の携帯を機種変しに行って来ます。

もちろん俺の自腹です(泣)。

家族の手(フリー写真)

幸せな家族

私は長女が3歳になった時に長男を出産した。 長男が生まれるまで、私と長女は殆どずっと一緒に居た。 夫が居ない平日の昼間は、二人だけの時間だった。 でも子供が二人になる…

ラーメン(フリー写真)

母ちゃんとラーメン

今日、俺は珍しく母ちゃんを外食に誘った。 行き先は、昔からよく行く馴染みのラーメン屋だった。 俺は味噌ラーメンの大盛り、母ちゃんは味噌ラーメンの並盛りを頼んだ。 「昔…

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

雲海(フリー写真)

命綱を譲った男性

1982年1月13日16時1分頃、ワシントン国際空港を激しい吹雪のなか離陸したエア・フロリダ90便が、離陸直後に氷結したポトマック川に架かる橋梁に激突・墜落した。 水没を免れた…

駅のホーム(フリー写真)

母を守る子

昔は JR大久保駅(兵庫県)から通勤していたのですが、週2日は午前10時までに舞子に着けば良い時期がありました。 朝はゆっくりできるし、電車は空いていて快適でした。 ホー…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

サーカス(フリー写真)

ほどこしと親切

私がまだ十代の頃の話です。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を待っていました。 私たちの前に居るのは、ようやくあと一家族だけとなりました。 私…

小石(フリー写真)

大切な石

私の母の話です。 私には三歳年下の弟が一人います。 姉の私から見ても、とても人懐っこく優しい性格の弟は、誰からも好かれるとても可愛い少年でした。 母は弟を溺愛してお…

手紙を差し出す女の子(フリー写真)

パパと呼ばれた日

俺が30歳の時、一つ年下の嫁を貰った。 今の俺達には、娘が三人と息子が一人居る。 長女は19歳、次女は17歳、三女が12歳。 長男は10歳。 こう言うと、 …

椅子(フリー写真)

脳内共同ガールフレンド

大戦中にドイツ軍の捕虜収容所に居たフランス兵たちのグループが、長引く捕虜生活の苛立ちから来る仲間内の喧嘩や悲嘆を紛らわすために、皆で脳内共同ガールフレンドなるものを作った話を思い出した…