最後の時を過ごす二人

公開日: 恋愛 | 悲しい話

カップル(フリー写真)

従兄弟が大腸癌で亡くなった。27歳だった。

その彼女は、従兄弟が癌と判ってから、仕事もあったのに毎日病室を訪れ付き添っていた。

結婚の約束もしていたんじゃないかな。

食べ物を「お口、あーん」とやってじゃれ合っていたり、癌が侵食して痛む従兄弟の腰や背中を擦ってあげたり。

当時の私は十代の子供だったせいもあるけど、従兄弟が死ぬなんて全く想像付かなかった。

『きっとこの二人は、あと数年もしたら結婚して、幸せな家庭を築くんだろーな』

なんて見舞いに行く度、幸せな想像しか出来なかった。普通に羨ましかった。

しかし従兄弟の病状はどんどん進んで行った。見る見る痩せて行き、目ばかりぎょろぎょろになって、身内の私でも正視出来なかった。

早く終わって欲しかった。人の命の脆さが怖かった。

でも彼女はずっと傍に居た。従兄弟の痩せ細った手を握って、抗癌剤の影響でぼろぼろに禿げた頭に被る毛糸の帽子を作ったり。

私は怖くて怖くて、病室にも入るのも嫌で、病室に入っても彼女の後姿ばかりを見ていた気がする。

従兄弟は、癌が良くなったらどこかへ行こうとか、あれ食べに行こうとか、今度の携帯の最新機種を買いたいとか、来ない日のことばかり喋っていた。

彼女は笑顔で「絶対行こうね」「私、あれ食べたい」などと言っていた。

気休めだろうと思ったけど、彼女の目は本気だった。

今、思い返せば、彼女は他にどうすることも出来なかったのだと思う。

彼女も怖かったのだ。好きな人を失うことが、きっと自分が死ぬこと以上に恐ろしかったと思う。

年末に癌が全身に回り、肺に転移。

従兄弟は最初の意識不明に陥った。

医師は、

「癌を抑える薬がある。しかし、一時的に抑える効果しかない。

苦しむ期間が延びるだけ。私の子供が患者だったらこのまま死なせる」

と、きっぱり言った。

両親は、

「せめて27歳の誕生日を迎えさせたい」

と延命を望んだ。

横で彼女は黙って、震えていた。

薬が効いて従兄弟は劇的に回復した。

彼女と温泉に行ったり、近場に旅行へ行ったり、新薬は二人に時間をくれた。

「癌が治った」

とはしゃいでいたけど、一時的だというのは本人が何よりも解っていたと思う。

最後の時を過ごす二人を、両親も親戚も何も言わず見守った。

春になり、従兄弟が三度目の意識不明に陥った。

あまりの痛みに子供のように泣き叫ぶ従兄弟を、彼女と従兄弟の母親が押さえ付け、抱き締めた。

「ここに居るよ。一人じゃないよ」

彼女は、死の激痛に喘ぐ従兄弟の顔にキスして、手足を擦った。

医師が死亡宣告し、遺体が自宅に搬送されるまで、彼女は従兄弟を抱いた。

何かに取り憑かれたように嗚咽する彼女を見て、人を愛するというのはこういうことかと思った。

彼女は親戚の手前、通夜にも葬式にも出られなかった。

彼女は毎年、従兄弟の墓参りには来ていた。

従兄弟が亡くなって数ヶ月後に、勤めていた会社を辞めたと聞いた。

数年が経ち、墓参りにも来なくなった。

最近、彼女が結婚し、一児の母になったことを聞いた。

寂しく思った反面、ほっとした。幸せになって欲しいと思う。

関連記事

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

桜(フリー写真)

優しい彼の嘘

私には付き合って一年の彼氏がいました。 その彼氏(Sとします)には持病があり、心臓を患っていました。 一緒にご飯を食べていると胸を押さえて苦しがったり、偶に倒れたり、何度も…

カップル(フリー写真)

秘密で手話を

待ち合わせた彼女を待っていて見かけたのは、大学生風のカップルだった。 男の子が女の子の正面に立って、何かしきりに手を動かしていた。手話だ。 彼はやっと手話を覚えたこと、覚え…

消火活動(フリー写真)

救助から生まれた恋

5年前のある日、ある病院から火災発生の通報を受けた。 湿度が低い日だったせいか、現場に着いてみると既に燃え広がっていた。 救助のため中に入ると、一階はまだ何とか形を保ってい…

カップル

君への罪滅ぼし

高校二年の終わり、図書館で偶然隣に座った君に、僕は一目惚れをした。 僕はそれから学校が終わると駆け足で図書館に通い、いつも君を事を探していた。 勇気を出して話し掛けてみた…

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

犬(フリー写真)

ペットとの別れ

レオと出会ったのは、私が3歳の時。 山奥の綺麗な川へバーベキューしに向かっていると、運転していた父が 「あそこに犬がおる!」 と言って車を停めた。 窓を開けて見…

繋がれた手(フリー写真)

彼との最後の夜

一年間、同棲していた彼が他界した。 大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。 本当に突然の出来事だった。 ※ その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。 しかし…

目玉焼き(フリー写真)

彼女とフライパン

一人暮らしを始める時、意気込んでフライパンを買った。 ブランドには疎いが、とにかく28センチの物を一本。 それまで料理なんて全くしなかったのだが、一人暮らしだから自分で作る…

虹(フリー写真)

人生

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。 いたずらっ子だった小学生時代。 落ちこぼれだった中学生時代。 レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。 …