最後の時を過ごす二人

公開日: 恋愛 | 悲しい話

カップル(フリー写真)

従兄弟が大腸癌で亡くなった。27歳だった。

その彼女は、従兄弟が癌と判ってから、仕事もあったのに毎日病室を訪れ付き添っていた。

結婚の約束もしていたんじゃないかな。

食べ物を「お口、あーん」とやってじゃれ合っていたり、癌が侵食して痛む従兄弟の腰や背中を擦ってあげたり。

当時の私は十代の子供だったせいもあるけど、従兄弟が死ぬなんて全く想像付かなかった。

『きっとこの二人は、あと数年もしたら結婚して、幸せな家庭を築くんだろーな』

なんて見舞いに行く度、幸せな想像しか出来なかった。普通に羨ましかった。

しかし従兄弟の病状はどんどん進んで行った。見る見る痩せて行き、目ばかりぎょろぎょろになって、身内の私でも正視出来なかった。

早く終わって欲しかった。人の命の脆さが怖かった。

でも彼女はずっと傍に居た。従兄弟の痩せ細った手を握って、抗癌剤の影響でぼろぼろに禿げた頭に被る毛糸の帽子を作ったり。

私は怖くて怖くて、病室にも入るのも嫌で、病室に入っても彼女の後姿ばかりを見ていた気がする。

従兄弟は、癌が良くなったらどこかへ行こうとか、あれ食べに行こうとか、今度の携帯の最新機種を買いたいとか、来ない日のことばかり喋っていた。

彼女は笑顔で「絶対行こうね」「私、あれ食べたい」などと言っていた。

気休めだろうと思ったけど、彼女の目は本気だった。

今、思い返せば、彼女は他にどうすることも出来なかったのだと思う。

彼女も怖かったのだ。好きな人を失うことが、きっと自分が死ぬこと以上に恐ろしかったと思う。

年末に癌が全身に回り、肺に転移。

従兄弟は最初の意識不明に陥った。

医師は、

「癌を抑える薬がある。しかし、一時的に抑える効果しかない。

苦しむ期間が延びるだけ。私の子供が患者だったらこのまま死なせる」

と、きっぱり言った。

両親は、

「せめて27歳の誕生日を迎えさせたい」

と延命を望んだ。

横で彼女は黙って、震えていた。

薬が効いて従兄弟は劇的に回復した。

彼女と温泉に行ったり、近場に旅行へ行ったり、新薬は二人に時間をくれた。

「癌が治った」

とはしゃいでいたけど、一時的だというのは本人が何よりも解っていたと思う。

最後の時を過ごす二人を、両親も親戚も何も言わず見守った。

春になり、従兄弟が三度目の意識不明に陥った。

あまりの痛みに子供のように泣き叫ぶ従兄弟を、彼女と従兄弟の母親が押さえ付け、抱き締めた。

「ここに居るよ。一人じゃないよ」

彼女は、死の激痛に喘ぐ従兄弟の顔にキスして、手足を擦った。

医師が死亡宣告し、遺体が自宅に搬送されるまで、彼女は従兄弟を抱いた。

何かに取り憑かれたように嗚咽する彼女を見て、人を愛するというのはこういうことかと思った。

彼女は親戚の手前、通夜にも葬式にも出られなかった。

彼女は毎年、従兄弟の墓参りには来ていた。

従兄弟が亡くなって数ヶ月後に、勤めていた会社を辞めたと聞いた。

数年が経ち、墓参りにも来なくなった。

最近、彼女が結婚し、一児の母になったことを聞いた。

寂しく思った反面、ほっとした。幸せになって欲しいと思う。

関連記事

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…

公園(フリー写真)

一緒に遊んでくれた女の子

これは私が小学三年生の頃の話です。 両親が離婚して母子家庭となり、一人で居るのが怖かった私は、しょっちゅう児童館へ行っていました。 学童保育という手もあったのですが、当時は…

婚約指輪(フリー写真)

渡せなかった婚約指輪

彼女と死別した。 気付いたらもう3年も前の話だ。 彼女の誕生日の前日、プロポーズした。 「誕生日のプレゼントと婚約指輪、一緒にしちゃっていい?」 と笑って話して…

空と太陽の光(フリー写真)

平和な世界で

あなたへ あなたが、戦地にお向かいになってからもう、何度目の夜でしょう。 娘も、こんなに大きくなって。 あなた、見ていてくれていますか? あの時、私はあなたに言…

青空(フリー写真)

命懸けの呼び掛け

宮城県南三陸町で、震災発生の際に住民へ避難を呼び掛け、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが判りました。 亡くなられた町職員の遠藤未希さんの呼び掛けが全て収録…

黒猫(フリー写真)

黒猫の赤ちゃん

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。 両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。 どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目…

ご縁の糸(フリー写真)

風変わりなアピール

30歳になる少し前に離婚した。 その一年半後に現在の妻を紹介された。 高校を出て7年間、妻は俺の祖母の兄が営む田舎町の店舗に勤めていた。 安い給料なのに真面目に働く良…

桜(フリー写真)

地元の友だち

話は遡ること3年前。 桜が開花し始めた頃、俺は自殺を考えていた。 大した理由ではないが、失恋、借金や勤めていた会社が倒産した事が重なり、全てに失望していた。 コミュニ…

恋人(フリー写真)

一番大切な人

当時21歳の私と倫子は、その日ちょっとしたことで喧嘩をしてしまった。 明らかに私が悪い理由で。 普段なら隣同士で寝るのに、この日は一つの部屋で少し離れて寝た。 ※ 19…

空港(フリー写真)

空港の約束

俺が25歳くらいの時の話。 当時働いていた職場に二つ年下の女の子が居て、めっちゃいい子だった。 当時はお互い恋人が居たから付き合えなかったけど、お互いかなり意識はしていたと…