最後の時を過ごす二人

公開日: 恋愛 | 悲しい話

カップル(フリー写真)

従兄弟が大腸癌で亡くなった。27歳だった。

その彼女は、従兄弟が癌と判ってから、仕事もあったのに毎日病室を訪れ付き添っていた。

結婚の約束もしていたんじゃないかな。

食べ物を「お口、あーん」とやってじゃれ合っていたり、癌が侵食して痛む従兄弟の腰や背中を擦ってあげたり。

当時の私は十代の子供だったせいもあるけど、従兄弟が死ぬなんて全く想像付かなかった。

『きっとこの二人は、あと数年もしたら結婚して、幸せな家庭を築くんだろーな』

なんて見舞いに行く度、幸せな想像しか出来なかった。普通に羨ましかった。

しかし従兄弟の病状はどんどん進んで行った。見る見る痩せて行き、目ばかりぎょろぎょろになって、身内の私でも正視出来なかった。

早く終わって欲しかった。人の命の脆さが怖かった。

でも彼女はずっと傍に居た。従兄弟の痩せ細った手を握って、抗癌剤の影響でぼろぼろに禿げた頭に被る毛糸の帽子を作ったり。

私は怖くて怖くて、病室にも入るのも嫌で、病室に入っても彼女の後姿ばかりを見ていた気がする。

従兄弟は、癌が良くなったらどこかへ行こうとか、あれ食べに行こうとか、今度の携帯の最新機種を買いたいとか、来ない日のことばかり喋っていた。

彼女は笑顔で「絶対行こうね」「私、あれ食べたい」などと言っていた。

気休めだろうと思ったけど、彼女の目は本気だった。

今、思い返せば、彼女は他にどうすることも出来なかったのだと思う。

彼女も怖かったのだ。好きな人を失うことが、きっと自分が死ぬこと以上に恐ろしかったと思う。

年末に癌が全身に回り、肺に転移。

従兄弟は最初の意識不明に陥った。

医師は、

「癌を抑える薬がある。しかし、一時的に抑える効果しかない。

苦しむ期間が延びるだけ。私の子供が患者だったらこのまま死なせる」

と、きっぱり言った。

両親は、

「せめて27歳の誕生日を迎えさせたい」

と延命を望んだ。

横で彼女は黙って、震えていた。

薬が効いて従兄弟は劇的に回復した。

彼女と温泉に行ったり、近場に旅行へ行ったり、新薬は二人に時間をくれた。

「癌が治った」

とはしゃいでいたけど、一時的だというのは本人が何よりも解っていたと思う。

最後の時を過ごす二人を、両親も親戚も何も言わず見守った。

春になり、従兄弟が三度目の意識不明に陥った。

あまりの痛みに子供のように泣き叫ぶ従兄弟を、彼女と従兄弟の母親が押さえ付け、抱き締めた。

「ここに居るよ。一人じゃないよ」

彼女は、死の激痛に喘ぐ従兄弟の顔にキスして、手足を擦った。

医師が死亡宣告し、遺体が自宅に搬送されるまで、彼女は従兄弟を抱いた。

何かに取り憑かれたように嗚咽する彼女を見て、人を愛するというのはこういうことかと思った。

彼女は親戚の手前、通夜にも葬式にも出られなかった。

彼女は毎年、従兄弟の墓参りには来ていた。

従兄弟が亡くなって数ヶ月後に、勤めていた会社を辞めたと聞いた。

数年が経ち、墓参りにも来なくなった。

最近、彼女が結婚し、一児の母になったことを聞いた。

寂しく思った反面、ほっとした。幸せになって欲しいと思う。

結婚指輪(フリー写真)

ずっと笑っていてね

去年の夏、彼女が逝きました。 ある日、体調が優れないので病院へ。 検査の結果、癌。 余命半年と診断されました。 最期まで「もっと生きたい」「死にたくない」とは言…

夕日が見える町並み(フリー写真)

幸せだった日常

嫁と娘が一ヶ月前に死んだ。 交通事故で大破。 単独でした。 知らせを受けた時、出張先でしかも場所が根室だったから、帰るのに一苦労だった。 でもどうやって帰ったの…

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

婚約指輪(フリー写真)

脳内フィアンセ

もう十年も前の話。 俺が京都の大学生だった頃、男二人、女二人の四人組でいつも一緒に遊んでいた。 そんな俺たちが四回生になり、めでたく全員就職先も決まった。 「もうこう…

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…

青い花(フリー写真)

ママの棺

この間、1歳半の息子を連れて友人の家へ行った時に、友人の祖母から聞いた話です。 ※ 友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。 気付いた時にはもう手遅れで、一ヶ…

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

朝焼け(フリー写真)

半年前の俺へ

半年前の俺へ。 そっちは午前4時だな。 部活で疲れてぐっすり眠っている頃だと思うが、頑張って起きろ。 今から言う事をやってくれ。頼む、お前のためだから。しくじるなよ。…

黒猫(フリー写真)

黒猫の赤ちゃん

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。 両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。 どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目…