大切な家族

公開日: ペット | 心温まる話 |

犬(フリー写真)

家で可愛がっていた犬が亡くなって、もう何年経っただろう…。

まだ私も子育て中で、小さい子供を2人育てていたので毎日がバタバタだった時のことだ。

旦那が、番犬になるし子供たちにも良いと思うからと、突然犬を飼おうと言い出した。

私たちは今、海外に住んでいる。

更に小さな子供もいるので、それだけでも私には大変なことだった。

そんな私は『これ以上私の仕事が増えるのはちょっとなぁ』とあまり飼う気にはなれなかったが、取り敢えずと子犬を見に行くことになった。

私たちが見に行くと沢山の子犬たちがいて、戯れあってる子犬もいたりあくびをして眠そうにしていたり、個性溢れる可愛い子犬たちがそこにはいた。

しかし、よく見回ってみるとその子犬よりも少し大きく、部屋の隅っこにじっとしている子犬を見つけた。

「あの犬は?」

とオーナーさんに聞いてみると、

「あぁ、あの犬は母犬が世話をしなくなってしまってね、飼い主もなかなか決まらずにいるんだよ。あれを持って行ってくれるなら安くしとくよ」

そんな言葉が返って来た。

その言葉を聞いた途端、他の子犬のことは目に入らなくなった。

犬を飼い始めることは私はあまり賛成ではなかったけれど、この犬を連れて帰らずにはいられなくなってしまったのだ。

「この犬にします!」

私たちはそう決めて、その日からその犬は私たち家族の一員となった。

母親犬にいじめられて育ったその犬は、いつもびくびくしていて部屋の隅っこにいることが多かった。

でも、一日一日一緒に過ごす日が増えて来た頃には、子供たちと一緒に遊んでくれるまで変わっていた。

そんな私たちの家族も、ある時から具合が悪くなり、もう治らない病気になってしまった。

そこで安楽死をさせる飼い主さんも多いが、私たちは最後まで一緒にいる決意をした。

最後はちょっとだけ苦しそうだったけど一緒にご飯を食べて一緒のベットで寝て、好きなことをいっぱいさせてあげた。

眠るように天国へ旅立って行ったけど、少しは幸せな日々を過ごせたかな…。

ペットは決して値段ではない。

どんなに安く来た犬でも、私たちにとっては掛け替えのない大切な家族だった。

私が天国へ旅立つ時が来たらまた会えるかな。

そんなことを思いながら、飾ってある犬の写真をいつも眺めている毎日です。

関連記事

吹雪(フリー写真)

ばあちゃんの手紙

俺の母方のばあちゃんは、いつもニコニコしていて、かわいかった。 生んだ子供は四姉妹。 娘が全員嫁いだ後、長いことじいちゃんと二人暮らしだった。 そして、じいちゃんは2…

海を眺める男の子(フリー写真)

ぽっけ

「このぽっけ、すごいねんで!!(`・ω・´)三3ムフー!!」 そう言って幼稚園の制服のポケットをパンパン叩いていた友達Aの息子。 ポケットにはハンカチ、ティッシュ、お菓子、…

学校の教室(フリー写真)

初めての親友

中学3年生の夏。私に不登校でオタクな女の子の友達が出来た。 切っ掛けは些細なことだった。担任の先生が、 「運動会の練習をするから、△△ちゃんを呼びに行って!」 と、何…

花(フリー写真)

母の匂いと記憶

先日、母の日に実家へ帰った時、ジョイントを持って行った。 兄に子供が生まれた関係で家は禁煙になっていて、俺の部屋も物置き状態。 母親の隣で寝る事になったんだけど、何か気恥ず…

満員電車(フリー写真)

子供を大切に

父が高校生の時に、僕の祖父が死んだ。 事故だった。 あまりの唐突な出来事で我が家は途方に暮れたらしい。 そして父は高校を卒業し、地元で有名な畜産会社に入社した。 …

ノートとペン(フリー写真)

一冊のノート

会社に入って3年目に、マンツーマンで一人の新人の教育を担当する事になりました。 実際に会ってみると覚えが悪く、何で俺がこの子を担当するんだろうと感じました。 しかし仕事で…

結婚指輪(フリー写真)

会社対抗クイズ

近所に住んでいるご夫婦の話です。 その夫婦には子供が居らず、そのせいか私は子供の頃から可愛がってもらっていました。 おじさんは無口な土建屋の事務員。おばさんは自宅で商売をし…

玩具にじゃれる白猫(フリー写真)

待っていてくれた猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭に居た。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

ちまきと柏餅(フリー写真)

ロクな大人

この前の、子供の日。 夫の親、兄弟、親戚、一同が集まった席で、いつものように始まった大合唱。 「一人っ子は可哀想」 「ロクな大人にならん」 「今からでも第二子は…

卵焼き(フリー写真)

とうちゃんの卵焼き

この前、息子の通う保育園で遠足があった。 弁当持参だったのだが、嫁が出産のため入院していたため、俺が作ることになった。 飯を炊くくらいしかしたことがないのに、弁当なんて無理…