生きているうちに

公開日: 家族 | 心温まる話 |

花嫁(フリー写真)

大学生の時、友人Aちゃんは彼氏B君と同棲していました。

二人ともまだ学生だったため、両親から

「交際は許すが結婚はまだまだ先の事。責任を持った交際をすること(避妊をしっかりするように)」

と言われていました。

大学3年になり、Aちゃんのお父さんが癌で1年持つか分からないと家族だけに伝えられました。

Aちゃんも彼氏B君も将来は結婚をお互いに考えていたので、花嫁姿を見せるために妊娠してから出来ちゃった結婚をしました。

妊娠をお父さんに伝えた時は、罵倒され殴られたそうです。

しかし自分が癌であると知らないお父さんに『生きているうちに孫と花嫁姿を見せたかった』と言える訳もなく、何度も説得してやっと結婚を許してもらったそうです。

結婚式が近付くにつれ、痩せ細るお父さん。

ただただ、間に合ってと皆が願っていました。

結婚式では車椅子を断り、チャペルのバージンロードを花嫁と一緒に自力で歩くお父さん。

事情を知っていた私は、感動と複雑な気持ちで涙が止まりませんでした。

結婚式も無事に済み、その2ヶ月後に待望の赤ちゃんを抱っこしたお父さん。そして一週間後に亡くなりました。

お葬式の後、お父さんのノートが見つかりました。

そのノートには、死を覚悟していた事、花嫁姿を見られて孫を抱っこ出来た事へのお礼が書かれていたそうです。

関連記事

子供の手(フリー写真)

嫁の手

うちの3才の娘は難聴。殆ど聞こえない。 その事実を知らされた時は嫁と泣いた。何度も泣いた。 難聴と知らされた日から、娘が今までとは違う生き物に見えた。 嫁は自分を責め…

家族の手(フリー写真)

いつかの日曜日

私が4歳の時、父と母は離婚した。 当時は祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。 母は出て行く日に私を実家へ連れて行った。 家具や荷物が沢山置いてあって、叔母の…

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…

たんぽぽを持つ手(フリー写真)

あした

私の甥っ子は、母親である妹が病気で入院した時に、暫くパパママと離れて実家の父母の家に預けられていました。 「ままがびょうきだから、おとまりさせてね」 と言いながら、小さな体…

キャンドル(フリー写真)

キャンドルに懸けた想い

僕は24歳の時、当時勤めていた会社を退職して独立しました。 会社の駐車場で寝泊まりし、お子さんの寝顔以外は殆ど見ることが無いと言う上司の姿に、未来の自分の姿を重ねて怖くなったこと…

老夫婦(フリー写真)

夫婦の最期の時間

福岡市の臨海地区にある総合病院。 周囲の繁華街はクリスマス商戦の真っ只中でしたが、病院の玄関には大陸からの冷たい寒気が、潮風となって吹き込んでいたと思います。 そんな夕暮れ…

母に渡す花(フリー写真)

お母さんの看病がしたいよ

19歳の頃、癌で入院中のお母さんに、泊り込みで付き添っていた。 その頃、私は予備校に行っていた。 お母さんが 「看護婦さんになって欲しい」 と言ったから、一つく…

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…

父と娘(フリー写真)

娘の望み

彼は今日も仕事で疲れ切って、夜遅くに帰宅した。 すると、彼の5歳になる娘がドアの所で待っていたのである。 彼は驚いて言った。 父「まだ起きていたのか。もう遅いから早く…

卒業証書(フリー写真)

忘れられない生徒

高校教師です。 私が教えていた生徒に問題児の女の子が居ました。 彼女は成績も悪くなく、資格取得にも一生懸命なのですが、その原動力は強過ぎる学歴コンプレックスらしく精神も病ん…