涙の中の絆

廊下

僕は小さい頃、両親に捨てられ、孤独な日々を過ごしていた。

「施設の子」「いつも同じ服を着た乞食」という言葉が常に僕を追いかけた。

同級生と遊びたくても、その家の親に拒まれることが日常だった。

僕は自分が汚い服を着ていても、人を傷つけたり、盗んだりはしていない。

両親がいないのは、僕のせいではない。

でも、僕を理解してくれる人はいなかった。

独りでいることが、一番傷つかない方法だと思っていた。

高校に入学しても、僕の机には酷い言葉が書かれていた。

立ち尽くす僕の前から、机がなくなった。

クラスの人気者、Yが僕の机を持ち上げ、廊下に出て行った。

技術室へ行くと、彼は紙やすりで落書きを消し始めた。

「つまんない事に負けんなよ」と彼は言い、黙々と作業を続けた。

「放課後にもう一回ここでニス塗ろうぜ。そしたら元通りだ」と言って彼は笑った。

その笑顔に、僕は感動して泣いた。

Yは照れ笑いを浮かべながら、僕を励ましていた。

Yは今、幸せな人生を歩んでいる。

彼がいなければ、僕は今の自分を見つけることはできなかっただろう。

直接言えないけれど、彼の幸せを心から願っている。

彼は僕にとってかけがえのない親友だ。

彼の優しさに対する感謝は、言葉では表現できない。

関連記事

オフィスの机(フリー写真)

膝枕

昔、飲み会があるといつも膝枕をしてくれる子が居たんだ。 こちらから頼む訳でもなく、何となくしてもらう感じだった。 向こうも嫌がるでもなく、俺を膝枕しながら他の奴らと飲んでい…

空(フリー写真)

見守ってくれた兄

我が家の仏壇には、他より一回り小さな位牌があった。 両親に聞いた話では、生まれる前に流産してしまった俺の兄のものだという。 両親はその子に名前(A)を付け、事ある毎に …

彼女(フリー写真)

忘れられない暗証番号

元号が昭和から平成に変わろうとしていた頃の話です。 当時、私は二十代半ば。彼女も同じ年でした。 いよいよ付き合おうかという時期に、彼女から私に泣きながらの電話…。 「…

チョコレート(フリー写真)

チョコをくれたお姉さん

少し嬉しかった話。 去年の冬、高校受験もラストスパートの時の話。 中学の成績はなかなかだったから、志望校は進学校にした。 しかし中学3年生になってから全然成績が上がら…

男の子

父の小さな優しさ

子供の頃、母が入院していた時期があって、そのせいで遠足の準備がうまくできなかったんだ。一人じゃお菓子も買いに行けなくて、家にあった食べかけのお茶菓子をリュックに詰め込んだのを覚えてる…

シロツメグサ

手話で結ぶ絆

私たちの娘は3歳で、ほとんど聞こえません。 その現実を知った日、私と妻はただただ涙に暮れました。繰り返し泣きました。 難聴という言葉が娘を別の世界の生き物に見せてしまうほ…

ハンバーグ(フリー写真)

幸せな食卓

結婚して子供が出来て、ホカホカした食卓にみんな笑顔で並んでたりして、時々泣きそうなほどの幸せを噛み締める。 荒みじんの玉葱が入ったでっかいハンバーグや、大皿一杯の散らし寿司。妻と…

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

母(フリー写真)

私を大学に通わせてくれた母へ

あなたは私を産むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね。 私が産まれた時、あなたは泣きながら喜んだそうですね。 私が一才の誕生日に、借金を抱えたまま父が自殺しましたね。 …

夫婦(フリー写真)

幸せなことは何度でもある

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。 2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。 そしたら旦那がメールが届いた。 ※…