空港の約束

公開日: 心温まる話 | 恋愛

空港(フリー写真)

俺が25歳くらいの時の話。

当時働いていた職場に二つ年下の女の子が居て、めっちゃいい子だった。

当時はお互い恋人が居たから付き合えなかったけど、お互いかなり意識はしていたと思う。

でも決定的な告白は出来ず、数年して俺が一年間の海外出張に出る時、

「帰国の日に、もしまだ俺の事好きでいてくれたら、空港のロビーに来て」

とだけ言って出張に行った。

出張が終わりに近付くに連れて、

『何であんなこと言ったんやろ…』

と自己嫌悪に陥ったりもした。

それでとうとう帰国の日を迎えた。

空港のロビーに着くと案の定、居ないでやんの。

『やっぱりな~。一年も経てば心変わりくらいするわな~』

なんて思っていたら、不意に後ろから声を掛けられて、振り向いたらその子が居たんだ。

一年前より美人になってやんの。

俺が目を丸くして何も言えずにいたら、

「来ないと思ってた?」

と聞かれて、普通に

「うん、ってか覚えてないと思ってた」

と答えた。するとその子は、

「あの時、言われた瞬間に行くって決めてたよ」

と言うので、泣きそうになった。

「幸せにしてくれるんでしょうね~?」

と笑いながら言って来て、そこで俺は堪え切れんようになった。

涙目で、

「あったりまえやんか!期待しとけや~」

と強がって見せたけど、あの時は涙で殆ど前が見えていなかった。

あれから2年、もうすぐ結婚します。

駄菓子屋(フリー写真)

駄菓子屋に集結したヒーロー

近所に古い駄菓子屋がある。 経営しているのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年程前に病気で亡くなってしまった)。 いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで、お金…

カップル(フリー写真)

僕はずっと傍に居るよ

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。 友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。 しかし無愛想・無関心ではやって行けないご…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

結婚式場(フリー写真)

叔父さんの血

俺には腹違いの兄貴が居る。 俺が小学5年生、兄貴が大学生の時に、両親が子連れ同士の再婚。 一周りも年が離れていたせいか、何だか打ち解けられないままだった。 ※ 大学入試…

女子中学生(フリー写真)

中学生の時の娘の友達

今から8年前の話です。 現在21歳になった娘ですが、中学校時代の男友達が良い人過ぎて感動しました。 娘は自閉症などの障害を持っており、小学校の時は授業で当てられても話せな…

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

コスモスの花(フリー写真)

余命半年の彼女

今日、彼女と別れた。 原因は彼女の病気、癌だった。 最初に聞いた時、冗談だと思った。 つい昨日まで普通に遊んで、喋って、ご飯を食べて、笑っていたのに。 俺は、 …

ドーベルマン(フリー写真)

リードを噛み千切り

普段は俺のことをバカにしまくっているドーベルマンのロッキー。 しかし小学生の時、ロッキーは俺を助けてくれた。 ※ お袋の実家に帰省していた時、近所の大きな川にロッキーと一緒に…