そのままの部屋

公開日: 家族 | 悲しい話

洗濯バサミ

4年前、会社の友人が交通事故で奥さんと4歳の長男を失いました。飲酒運転の車が彼らを轢いたのです。ニュースでも大きく取り上げられるほどの痛ましい出来事でした。加害者家族も辛い日々を過ごしましたが、当時は友人の悲しみの方が大きかったことを覚えています。

幸いにも、1歳だった娘が残されたことが救いでした。葬儀では、娘の顔を見た女性社員が泣き崩れたのを覚えています。友人は仕事を辞めようとしましたが、娘のために職場復帰を決意。その後の仕事と育児は大変だったと思います。私たちはもちろん、会社や両親、近所の人たちも彼を支えてきました。

去年、友人が初めて家に招いてくれたとき、私たちは一緒に鍋を囲んで過ごしました。その時、彼は一つの和室を見せてくれました。そこは彼の奥さんと長男が使っていた部屋で、洗濯物や玩具がそのままにされていました。部屋を見ると、友人は涙を流しました。

そんな中、娘が現れて「お父さん頑張ろうね。裕太くん(長男の名前)が見てるもんね」と言いました。娘は事故のことを知らないはずでしたが、友人は彼女に真実を伝えていたのです。父と娘は互いに励まし合いながら、亡くなった家族のことを忘れずにいました。

私たちは友人を励ますつもりで訪れたのに、逆に彼らから力をもらいました。酒も手伝って、私たちも涙を流しました。友人の家族のように、私たちもそれぞれの人生で頑張ろうと思いました。

関連記事

母への感謝の気持ち(フリー写真)

ありがとうな、おかん

なあなあ、おかんよ。 中学の時に不登校になり、夜間高校に入るも家に帰って来ず、毎日心配させてごめんよ。 二十歳を超えてからも、彼氏を作り勝手に同棲して、ろくに連絡もせず心配…

アパート

優しい味のおにぎり

もう20年以上前のことです。古びたアパートでの一人暮らしの日々。 安月給ではあったが、なんとか生計を立てていました。隣の部屋には50代のお父さんと、小学2年生の女の子、陽子ちゃ…

天国(フリー素材)

天国のおかあちゃんへ

もう伝わらないのは解っているけど、生きている内に伝えられなかった事を今、伝えるね。 まずは長い闘病生活、お疲れ様。最後まで絶対に諦めなかったおかあちゃんの姿、格好良かったよ。 …

宮古島

沖縄の約束

母から突然の電話。「沖縄に行かない?」と彼女は言った。 当時の私は大学三年生で、忙しく疲れる就職活動の真っ只中だった。 「今は忙しい」と断る私に、母は困ったように反論して…

親子の後ろ姿(フリー写真)

育ての親

私には、お母さんが二人居た。 一人は、私に生きるチャンスを与えてくれた。 もう一人は……。 ※ 私の17歳の誕生日に、母が継母であることを聞かされた。 私を生んで…

タクシー(フリー写真)

母の愛

俺は母子家庭で育った。 当然物凄く貧乏で、それが嫌で嫌で仕方がなかった。 だから俺は馬鹿なりに一生懸命勉強して、隣の県の大きな町の専門学校に入ることができた。 そし…

女性の後姿(フリー写真)

宝物ボックス

俺が中学2年生の時だった。 幼馴染で結構前から恋心も抱いていた、Kという女子が居た。 でもKは、俺の数倍格好良い男子と付き合っていた。俺が敵う相手ではなかった。 彼女…

青空(フリー写真)

命懸けの呼び掛け

宮城県南三陸町で、震災発生の際に住民へ避難を呼び掛け、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが判りました。 亡くなられた町職員の遠藤未希さんの呼び掛けが全て収録…

コスモス

未来への手紙

家内を亡くしました。 お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、病院へ向かう途中、居眠り運転のトラックと激突し、彼女は即死でした。 警察からの連絡を聞いた時、酷い冗談だ…

電話機

電話越しの陽だまり

結構前、家の固定電話が鳴った。 『固定電話にかけてくるなんて、誰だろう?』と思いつつ、電話に出ると、若い男の声がした。 「もしもし? 俺だけど、母さん?」 すぐにオ…