天国へ持って行きたい記憶

公開日: 家族 | 心温まる話 |

浜辺の母娘(フリー写真)

『ワンダフルライフ』という映画を知っていますか?

自分が死んだ時にたった一つ、天国に持って行ける記憶を選ぶ、という内容の映画です。

高校生の頃にこの映画を観て、何の気無しにママに聞いてみた。

「天国にどのシーンを持って行きたい?」

そしたらママは即答えました。

「アンタが生まれた瞬間かな」

うちは大して裕福でもなかったのに、私が男の子が苦手だったからという理由だけで、小学校から身分不相応な私立のお嬢さん学校に通わせてもらった。

それなのに少しも勉強せず、ママは何度も赤点を取った私のせいで学校に呼ばれた。

受験も無い癖に、授業に付いて行くために塾へも行かせてもらった。

そんなに余裕は無かったはずなのに…。

でも当時の私は全然そんな事も考えず、過干渉だと反抗ばかりして、プチ家出を繰り返していた。

沢山怒らせて、沢山泣かせた。

それでもやっと専門まで出て、念願の幼稚園の先生になる事が出来た。

家にお金も入れられるようになった。

それなのに無計画な妊娠…。しかも相手は四つも年下の学生の彼氏。堕ろして欲しいと言われた。

「産みたいけど、一人じゃ無理だよ」

とママに言ったら、

「人殺し!」

と私を引っ叩いた後、

「私にまだ子宮があれば、代わりに産んであげたのに…」

と泣き始めた。

ママは子宮筋腫で子宮を摘出してしまっていた。

その後、私の貯金と、今まで家に入れていたお金(ママが貯めていてくれた)を合わせて引っ越し、出産資金にした。

彼氏ははっきり言って自己中心的な子どもだけど、何とか説得したよ。

今はお腹の子どもに毎日話し掛けている。

これだけ大切に育ててもらったのに、24歳にもなって何一つお返し出来ず、最後の最後に心配や迷惑を掛けたまま嫁に出た。

妊娠経過も良くなくて、度々お世話になってしまった。

みんな諦めた方が良いと言う中、あなただけが私の産みたい気持ちを尊重して、精一杯の事をしてくれた。

私の幸せのために祈り、叱ってくれた。

こんな大人になっても駄目な娘だけど、それでもやっぱり天国には、初めて会えた日の記憶を持って行ってくれるかな?

ママの孫は、今週か来週には生まれるよ。

あなたを超えるのは難しいけど、私も娘に、あなたが与えてくれた愛情を伝えて行きます。

いつもごめん。

ありがとう。

世界一尊敬しています。

もうすぐバーバになるママへ。

もうすぐママになる馬鹿娘より。

関連記事

天国(フリー素材)

天国のおかあちゃんへ

もう伝わらないのは解っているけど、生きている内に伝えられなかった事を今、伝えるね。 まずは長い闘病生活、お疲れ様。最後まで絶対に諦めなかったおかあちゃんの姿、格好良かったよ。 …

母への感謝の気持ち(フリー写真)

ありがとうな、おかん

なあなあ、おかんよ。 中学の時に不登校になり、夜間高校に入るも家に帰って来ず、毎日心配させてごめんよ。 二十歳を超えてからも、彼氏を作り勝手に同棲して、ろくに連絡もせず心配…

チューリップ(フリー写真)

立派なお義母さん

結婚当初は姑と上手く噛み合わず、会うと気疲れしていた。 意地悪されたりはしなかったけど、気さくでよく大声で笑う実母に比べ、足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は喜怒哀楽…

花(フリー写真)

母の匂いと記憶

先日、母の日に実家へ帰った時、ジョイントを持って行った。 兄に子供が生まれた関係で家は禁煙になっていて、俺の部屋も物置き状態。 母親の隣で寝る事になったんだけど、何か気恥ず…

黒猫(フリー写真)

ぬこさま

今年のGW明けの頃のこと。 前の日から上司の機嫌が悪く、八つ当たりばかりされていた。 その日も私の力ではどうしようもないことで怒られた挙句、酷い言葉を浴びせられたり身体的欠…

ドーベルマン(フリー写真)

リードを噛み千切り

普段は俺のことをバカにしまくっているドーベルマンのロッキー。 しかし小学生の時、ロッキーは俺を助けてくれた。 ※ お袋の実家に帰省していた時、近所の大きな川にロッキーと一緒に…

駅のホームに座る女性(フリー写真)

貴女には明日があるのよ

彼女には親が居なかった。 物心ついた時には施設に居た。 親が生きているのか死んでいるのかも分からない。 グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。 彼女には…

クレヨンで描いたハート(フリー写真)

姉の思いやり

当時4歳の長女が、幼稚園の行事の参加記念品で箱に入ったクレヨンのセットを貰って来た。 ところが、事もあろうにその日の夕方、見事に全部折っちゃった。 当然、うちの嫁は激怒。叱…

ちゃぶ台(フリー写真)

色褪せた家族写真

一昨年、ばあちゃんが死んだ。 最後に会ったのは、俺が中学生の時だったかな。 葬式の為に20年越しで、ばあちゃんの住んでいた田舎に行った。 次の日、遺品の整理をする為に…

渓流(フリー写真)

お母さんと呼んだ日

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べない…