天国へ持って行きたい記憶

公開日: 家族 | 心温まる話 |

浜辺の母娘(フリー写真)

『ワンダフルライフ』という映画を知っていますか?

自分が死んだ時にたった一つ、天国に持って行ける記憶を選ぶ、という内容の映画です。

高校生の頃にこの映画を観て、何の気無しにママに聞いてみた。

「天国にどのシーンを持って行きたい?」

そしたらママは即答えました。

「アンタが生まれた瞬間かな」

うちは大して裕福でもなかったのに、私が男の子が苦手だったからという理由だけで、小学校から身分不相応な私立のお嬢さん学校に通わせてもらった。

それなのに少しも勉強せず、ママは何度も赤点を取った私のせいで学校に呼ばれた。

受験も無い癖に、授業に付いて行くために塾へも行かせてもらった。

そんなに余裕は無かったはずなのに…。

でも当時の私は全然そんな事も考えず、過干渉だと反抗ばかりして、プチ家出を繰り返していた。

沢山怒らせて、沢山泣かせた。

それでもやっと専門まで出て、念願の幼稚園の先生になる事が出来た。

家にお金も入れられるようになった。

それなのに無計画な妊娠…。しかも相手は四つも年下の学生の彼氏。堕ろして欲しいと言われた。

「産みたいけど、一人じゃ無理だよ」

とママに言ったら、

「人殺し!」

と私を引っ叩いた後、

「私にまだ子宮があれば、代わりに産んであげたのに…」

と泣き始めた。

ママは子宮筋腫で子宮を摘出してしまっていた。

その後、私の貯金と、今まで家に入れていたお金(ママが貯めていてくれた)を合わせて引っ越し、出産資金にした。

彼氏ははっきり言って自己中心的な子どもだけど、何とか説得したよ。

今はお腹の子どもに毎日話し掛けている。

これだけ大切に育ててもらったのに、24歳にもなって何一つお返し出来ず、最後の最後に心配や迷惑を掛けたまま嫁に出た。

妊娠経過も良くなくて、度々お世話になってしまった。

みんな諦めた方が良いと言う中、あなただけが私の産みたい気持ちを尊重して、精一杯の事をしてくれた。

私の幸せのために祈り、叱ってくれた。

こんな大人になっても駄目な娘だけど、それでもやっぱり天国には、初めて会えた日の記憶を持って行ってくれるかな?

ママの孫は、今週か来週には生まれるよ。

あなたを超えるのは難しいけど、私も娘に、あなたが与えてくれた愛情を伝えて行きます。

いつもごめん。

ありがとう。

世界一尊敬しています。

もうすぐバーバになるママへ。

もうすぐママになる馬鹿娘より。

関連記事

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

サンタさんから頼まれた

※編注: このお話は、東日本大震災発生から5日後の3月16日に2ちゃんねるに書き込まれました。 ※ 当方、宮城県民。 朝からスーパーに並んでいたのだが、私の前に母親と泣きべそ…

ピンクのチューリップ(フリー写真)

親指姫

6年程前の今頃は花屋に勤めていて、毎日エプロンを着け店先に立っていた。 ある日、小学校1年生ぐらいの女の子が、一人で花を買いに来た。 淡いベージュのセーターに、ピンクのチェ…

手を握る(フリー写真)

ごうちゃん

母が24歳、父が26歳、自分が6歳の時に両親は離婚した。 母が若くして妊娠し、生まれた自分は望まれて生を受けた訳ではなかった。 母は別の男を作り、父は別の女を作り、両親は裁…

交差点(フリー写真)

家族の支え

中学時代、幼馴染の親友が目の前で事故死した。 あまりに急で、現実を受け容れられなかった俺は少し精神を病んでしまった。 体中を血が出ても止めずに掻きむしったり、拒食症になった…

病院のベッド(フリー写真)

貴重な家族写真

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。 見た目は普通の写真なのだけど、実はその時父が難病を宣告され、それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と…と撮っ…

親子(フリー写真)

育ててくれてありがとう

中学生の頃はちょうど反抗期の真っ最中だった。 ある日、母と些細な事で喧嘩になり、母から 「そんな子に育てた覚えはない!」 と言われました。 売り言葉に買い言葉で…

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

カラオケのマイク(フリー写真)

お金以上のもの

パパ、ママ、小学生の三姉妹の仲良し五人家族。 ある日、ママが交通事故で亡くなってしまいました。 慣れない家事にお父さんも奮闘。 タマゴ焼きを焦がしたり、洗濯物を皺だら…

駅のホームに座る女性(フリー写真)

貴女には明日があるのよ

彼女には親が居なかった。 物心ついた時には施設に居た。 親が生きているのか死んでいるのかも分からない。 グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。 彼女には…