黒猫の赤ちゃん

公開日: ペット | 悲しい話 |

黒猫(フリー写真)

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。

両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。

どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目だと言われた。

近所の家の庭の近くに置いて来なさいと言われ(そこの家は野良猫に餌をあげていたらしいので)、泣く泣くその家の庭の近くにそっと置いて来た。

数日経ってその近くを通り掛かった時、みゃーみゃーという子猫の声を聞いた。

もしやと思ったら、やはりあの時の黒猫だった。

がりがりに痩せていて、体中に蚤が付いていて、もうどうしても放っておけなくて連れて帰った。

親にはいっぱい頭を下げて、自分が全て責任を持つからと頼み込み、どうにか飼うことを許してもらった。

ミルクをあげて、体を洗ってあげて、湯たんぽを入れてあげて、と子供ながらに色々してあげたんだけれど、一週間も経たないうちに死んでしまった。

死んでしまった日の前日の夜、いつもは枕元の箱の中で寝ている子猫が、何故か初めて私の布団の中に潜り込んで来た。

でも私は潰してしまうのがイヤだったし、まだ蚤がいたら嫌だなと思い箱に戻した。

その次の日の朝、子猫は冷たくなってしまっていた。

もしかしたら寒かったのかな。

一緒に寝てあげれば良かった。

最初にもっとちゃんと親に頼んで、飼ってあげられたら良かった。

子供だったから何の知識も無くて、もしかしたら私のせいで死んじゃったのかも。

病院にも連れて行ってあげられなかった。

まだ本当ににちっちゃい子猫だったのに。

本当にごめんね。

ウェットフードを食べる猫(フリー写真)

猫エサ缶とコーヒー

俺はコンビニで一人夜勤をしている。 いつも夜中の3時くらいに、猫エサ缶とコーヒーを買って行くおっちゃんがいる。 おっちゃんが、 「うちの猫はこれしか食べないんだよ」 …

象(フリー写真)

三頭の象

上野の動物園は、桜の花盛りです。 風にぱっと散る花。お日様に光り輝いて咲く花。 お花見の人たちがどっと押し寄せ、動物園は砂埃を巻き上げるほどに混み合っていました。 象…

犬(フリー写真)

ペットとの別れ

レオと出会ったのは、私が3歳の時。 山奥の綺麗な川へバーベキューしに向かっていると、運転していた父が 「あそこに犬がおる!」 と言って車を停めた。 窓を開けて見…

戦闘機(フリー写真)

海行かば

このお話は8年程前、九州の西日本新聞に掲載され、映画化もされました。 ご存知の方も多いはずです。特繰出身の学徒兵の方々のお話です。 当時東京に居た私は、銀座の東映に軽い気持…

月(フリー写真)

月に願いを

俺は今までに三度神頼みをしたことがあった。 一度目は俺が七歳で両親が離婚し、父方の祖父母に預けられていた時。 祖父母はとても厳しく、おまけに 「お前なんて生まれて来な…

犬(フリー写真)

良い犬の話

良い人じゃなくて、良い犬の話。 知り合いのお爺さんが愛犬と山道を散歩していて、途中のベンチで座って一休みしていたら…。 蛇(名前は忘れたが毒を持っている)がお爺さんに齧り付…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

南国の夕日(フリー写真)

特攻隊員の方の遺書

戦いは日一日と激しさを加えて参りました。 父母上様、長い間お世話になりました。 私も未だ十九才の若輩で、この大空の決戦に参加できることを、深く喜んでおります。 私は…

マグカップ(フリー写真)

友人の棺

友人が亡くなった。 入院の話は聞いていたが、会えばいつも元気一杯だったので見舞いは控えていた。 棺に眠る友人を見ても、闘病で小さくなった亡骸に実感が湧かなかった。 …

河川敷(フリー写真)

白猫のみーちゃん

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。 誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も…