黒猫の赤ちゃん

公開日: ペット | 悲しい話 |

黒猫(フリー写真)

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。

両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。

どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目だと言われた。

近所の家の庭の近くに置いて来なさいと言われ(そこの家は野良猫に餌をあげていたらしいので)、泣く泣くその家の庭の近くにそっと置いて来た。

数日経ってその近くを通り掛かった時、みゃーみゃーという子猫の声を聞いた。

もしやと思ったら、やはりあの時の黒猫だった。

がりがりに痩せていて、体中に蚤が付いていて、もうどうしても放っておけなくて連れて帰った。

親にはいっぱい頭を下げて、自分が全て責任を持つからと頼み込み、どうにか飼うことを許してもらった。

ミルクをあげて、体を洗ってあげて、湯たんぽを入れてあげて、と子供ながらに色々してあげたんだけれど、一週間も経たないうちに死んでしまった。

死んでしまった日の前日の夜、いつもは枕元の箱の中で寝ている子猫が、何故か初めて私の布団の中に潜り込んで来た。

でも私は潰してしまうのがイヤだったし、まだ蚤がいたら嫌だなと思い箱に戻した。

その次の日の朝、子猫は冷たくなってしまっていた。

もしかしたら寒かったのかな。

一緒に寝てあげれば良かった。

最初にもっとちゃんと親に頼んで、飼ってあげられたら良かった。

子供だったから何の知識も無くて、もしかしたら私のせいで死んじゃったのかも。

病院にも連れて行ってあげられなかった。

まだ本当ににちっちゃい子猫だったのに。

本当にごめんね。

関連記事

丸まるキジトラ猫(フリー写真)

猫のたま

病弱な母がとても猫好きで、母が寝ているベッドの足元にはいつも猫が丸まっていた。 小さな頃は、母の側で寝られる猫が羨ましくて、私も猫を押し退けては母の足元で丸まっていた。 『…

夕焼け(フリー写真)

少年との約束

俺が入院していた時、隣の小児科病棟に5歳くらいの白血病の男の子が入院していた。 生まれてから一度も外に出られていない子だと聞いた。 ※ ある日、大声で泣く声がするので病室を覗…

ゲームセンター(フリー写真)

嬉しそうな笑顔を

うちのゲーセンに、毎日のように来ていたお前。 最近全然見ないと思ったら、やっと理由が判ったよ。 この前、お前の母ちゃんが便箋を持って挨拶に来たんだよ。 こちらで良くお…

ドクター(フリー写真)

思いやりのある若者

本当は書くべきじゃないのかも知れないが、久々に堪らない思いになった。 一応、医者の端くれとして働いている。 こういう生業だから、人の死に接する機会は少なくない。 少し…

犬(フリー写真)

コロの思い出

うちにはコロという名前の雑種の犬が居ました。 白色と茶色の長い毛がふわふわしている犬でした。 私が学生の頃は学校から帰って来る時間になると毎日、通学路が見える場所に座り、遠…

椅子と聖書(フリー写真)

特攻隊員の方の手紙

お母さん、とうとう悲しい便りを出さねばならない時が来ました。 晴れて特攻隊員に選ばれ出陣するのは嬉しいですが、お母さんのことを思うと泣けて来ます。 母チャン、母チャンが 私…

太平洋戦争(フリー写真)

少年の志願

俺は今、介護福祉士として働いている。 妹が今度修学旅行で鹿児島へ行くらしく、職場でその話をしていたら、利用者さんの一人が 「鹿児島か…」 と暗く呟いた。 その方…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

最初で最後のキス

私が小学生の頃、初めて人を好きになりました。 上級生だったのですが、誰にでも分け隔てなく優しい人で、誰もが彼を好いていました。 そんな彼がどういう訳か、地味な私を好きになっ…

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなた

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。 小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。 9歳の凄く元気なLと、12歳…

花(フリー写真)

綺麗なお弁当

遠足の日、お昼ご飯の時間になり、担任の先生が子供たちの様子を見回って歩いていた時のことです。 向こうの方でとても鮮やかなものが目に入って来ました。 何だろうと思い近寄って見…