黒猫の赤ちゃん

公開日: ペット | 悲しい話 |

黒猫(フリー写真)

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。

両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。

どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目だと言われた。

近所の家の庭の近くに置いて来なさいと言われ(そこの家は野良猫に餌をあげていたらしいので)、泣く泣くその家の庭の近くにそっと置いて来た。

数日経ってその近くを通り掛かった時、みゃーみゃーという子猫の声を聞いた。

もしやと思ったら、やはりあの時の黒猫だった。

がりがりに痩せていて、体中に蚤が付いていて、もうどうしても放っておけなくて連れて帰った。

親にはいっぱい頭を下げて、自分が全て責任を持つからと頼み込み、どうにか飼うことを許してもらった。

ミルクをあげて、体を洗ってあげて、湯たんぽを入れてあげて、と子供ながらに色々してあげたんだけれど、一週間も経たないうちに死んでしまった。

死んでしまった日の前日の夜、いつもは枕元の箱の中で寝ている子猫が、何故か初めて私の布団の中に潜り込んで来た。

でも私は潰してしまうのがイヤだったし、まだ蚤がいたら嫌だなと思い箱に戻した。

その次の日の朝、子猫は冷たくなってしまっていた。

もしかしたら寒かったのかな。

一緒に寝てあげれば良かった。

最初にもっとちゃんと親に頼んで、飼ってあげられたら良かった。

子供だったから何の知識も無くて、もしかしたら私のせいで死んじゃったのかも。

病院にも連れて行ってあげられなかった。

まだ本当ににちっちゃい子猫だったのに。

本当にごめんね。

関連記事

白猫(フリー写真)

白猫のミーコ

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。 白くて、ふわふわで、温かかった。 私はミーコが大好きだった。 ミーコもそんな私に懐いてくれた。 ※ 父が入院…

猫の寝顔(フリー写真)

猫が選んだ場所

物心ついた時からずっと一緒だった猫が病気になった。 いつものように私が名前を呼んでも、腕の中に飛び込んで来る元気も無くなり、お医者さんにも 「もう長くはない」 と告げ…

スマホを持つ人(フリー写真)

彼女からの最後のメール

あの日、俺は彼女と些細な事でケンカをしていた。 お互い険悪な状態のまま、彼女は車で仕事へ行った。 俺は友達に会い、彼女の愚痴を言いまくっていた。 そして彼女の仕事が終…

公園(フリーイラスト)

友達の大切さ

幼稚園の頃から仲が良かった親友が居た。 俺たちはいつも4人で遊んでいた。 どんな時も、一緒に遊んでいた。 彼女についての相談をしたり馬鹿言ったり、喧嘩したり。 …

合格祈願の絵馬(フリー写真)

もう戻って来ない彼女

大好きだった彼女と別れた。 理由はシンプル。 俺が早稲田に落ちて浪人が決定したから。 「二人とも大学卒業したら結婚しようね」 こう言ってくれた彼女。 でも…

犬(フリー写真)

愛犬が繋いだ絆

11年間、飼っていた愛犬が亡くなった。 死ぬ前の半年間、自分はろくに家に帰らず、世話も殆どしなかった。 その間にどんどん衰えて行っていたのに、あまり見ることも触ることもなく…

ウィスキー(フリー写真)

悲しい時は泣くんだよ

家内を亡くしました。 お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、病院へ向かう途中、居眠り運転のトラックと激突。即死のようでした。 警察から連絡が来た時は、酷い冗談だと思い…

子猫(フリー写真)

こはくちゃん

彼女を拾ったのは、雪がちらほらと舞う寒い2月の夜。 友人数人と飲みに行った居酒屋でトイレに行った帰り、厨房が騒がしかったので『何だ?』と思ったら、小さな子猫を掴んだバイトが出て来…

繋がれた手(フリー写真)

彼との最後の夜

一年間、同棲していた彼が他界した。 大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。 本当に突然の出来事だった。 ※ その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。 しかし…

教室(フリー写真)

虐め

友達が自殺した。 理由はよくある『虐め』。 俺は気付いていた。 友達が虐められてたことには気付いていた。 でも自分までそうなるのが嫌だったから、最後は他人の振り…