先生の涙

公開日: ちょっと切ない話

教室(フリー背景素材)

私がその先生に出会ったのは、中学一年生の時だった。

先生は私のクラスの担任だった。

明るくて元気いっぱい。

けれど怒る時は物凄い勢いで怒る。

そんなパワフルな先生が、私はとっても好きだった。

この先生が担任で本当に良かったと思った。

一年生の後半頃、私はいじめを受けた。

どんなものだったかは敢えて言わない。

とても辛かったのを覚えている。

だけど、先生を初めとしたどの人物にも言えなかった。

私は小学校の頃にもいじめを受けていて、それを解決するのがどれだけ面倒なのか知っていたからだ。

いじめっ子と何度も話し合いをさせられる。

だけど、そんなことをしたって彼らの性格が直る訳でもない。

時間の無駄だと思った。

誰かに言ったら話し合いをしなければならない。

とにかくそれが嫌だったから、私はひたすら我慢した。

そんなある時、私は先生に呼び出された。

何だろうと思って行ってみると、いじめのことがばれていた。

誰かが先生に言ったらしい。

仕方がないから白状した。

すると先生は私の話を頷きながら聞いてくれて、途中で顔をしかめたりもしていた。

話が終わると、

「大体解ったよ。彼らにはがっつり言っておかなきゃな…」

険しい顔で先生が言った。

どうやら、彼らとの話し合いをさせるつもりはないらしい。

私は内心喜んだ。

だがその気持ちは、先生の言葉に掻き消されることになる。

「何で黙っていたの?」

追求という形ではなく、純粋な疑問形だった。

私は上手く答えられなかった。

「めんどくさい」

では済まされない。

私が黙っていると、

「気付いてあげられなくて、ごめんな…」

しんみりとした、先生の声が聞こえた。

あのパワフルな先生から出たものとは思えないほど。

何も言えなかった。

申し訳ない気持ちで、胸が張り裂けそうになった。

恐る恐る顔色を窺ってみると、目に少し涙が浮かんでいるように思えた。

私が先生の涙を見たのは、これが最初で最後だ。

いじめの問題は見事解決した。

いじめっ子たちは言葉通りがっつり叱られたらしく、以後は本当に大人しくしていた。

私の気持ちを尊重し、先生は親にいじめのことを言わなかった。

最後まで良い人だと思った。

私が中学二年生に進級して以来、その先生と関わることはなかった。

ただ、廊下でその先生と擦れ違う度、いつも胸が痛んだ。

先生の涙は、中学校はとっくに卒業した今も忘れられない。

多分、これからも。

関連記事

親子(フリー写真)

お袋からの手紙

俺の母親は俺が12歳の時に死んだ。 ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 親父は俺の20歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 俺の20歳の誕生日に、入院中の親父から…

子供の手(フリー写真)

嫁の手

うちの3才の娘は難聴。殆ど聞こえない。 その事実を知らされた時は嫁と泣いた。何度も泣いた。 難聴と知らされた日から、娘が今までとは違う生き物に見えた。 嫁は自分を責め…

差し伸べる手(フリー写真)

俺を育ててくれた兄貴

俺を育ててくれた兄貴が正月に結婚したんだ。 兄貴と言っても、血は繋がっていないけれど。 ※ 自分が5歳の時に親父が死んでから、母親が女手一つで育ててくれた。 親父と結婚…

婚約指輪(フリー写真)

脳内フィアンセ

もう十年も前の話。 俺が京都の大学生だった頃、男二人、女二人の四人組でいつも一緒に遊んでいた。 そんな俺たちが四回生になり、めでたく全員就職先も決まった。 「もうこう…

マグカップ(フリー写真)

友情の形

友人が亡くなった。 入院の話は聞いていたが、会えばいつも元気一杯だったので、見舞いは控えていた。 棺に眠る友人を見ても、闘病で小さくなった亡骸に実感が湧かなかった。 …

家族の手(フリー写真)

いつかの日曜日

私が4歳の時、父と母は離婚した。 当時は祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。 母は出て行く日に私を実家へ連れて行った。 家具や荷物が沢山置いてあって、叔母の…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

手のひら(フリー写真)

出会い

昔、美術館でバイトをしていた。 その日の仕事は、地元の公募展の受け付け作業。 一緒に審査員の先生も一人同席してくれる。 その時に同席してくれたのは、優しいおじいちゃん…

クリスマス(フリー写真)

サンタさんへの手紙

6歳の娘がクリスマスの数日前から、欲しいものを手紙に書いて窓際に置いていた。 何が欲しいのかなあと、夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった…

駅のホームに座る女性(フリー写真)

貴女には明日があるのよ

彼女には親が居なかった。 物心ついた時には施設に居た。 親が生きているのか死んでいるのかも分からない。 グレたりもせず、普通に育って普通に生きていた。 彼女には…