彼女からの最後のメール

公開日: 恋愛 | 悲しい話

スマホを持つ人(フリー写真)

あの日、俺は彼女と些細な事でケンカをしていた。

お互い険悪な状態のまま、彼女は車で仕事へ行った。

俺は友達に会い、彼女の愚痴を言いまくっていた。

そして彼女の仕事が終わる頃にメールを送った。

相変わらず内容は、ああでもないこうでもないと、くだらない遣り取りだった。

そのうち彼女から返信が来なくなったが、ケンカ中だったので気にも留めなかった。

1時間ほど経つと、彼女の携帯から電話が掛かって来た。

俺はわざと面倒くさそうに出た。

「はい」

そしたら受話器の向こうからは、彼女ではなく別の女の人の声で

「あんたのせいだ!!

あんたが殺した!」

と、凄い勢いで怒鳴っていた。

俺が訳も解らず戸惑っていると、今度は落ち着いた男の人に代わった。

彼女は車で電柱に正面から突っ込み、死んだと言う。

「恐らく運転中のメールが原因の、不注意による事故でしょう」

電話の向こうで、警官だと思われる落ち着いた男の人がそう言っていた。

放心したまま電話を切ると、俺の携帯が1件のメールを受信しました。

それは、事故直前の彼女からのメールでした。

「何か意地張っちゃってごめんね」

俺は彼女のご両親からひどく避けられ、お葬式にも顔を出させてもらえなかった。

まだ彼女に…、

「俺の方こそごめん」

と、返信出来ていないんだ。

そう言いたかった。

ごめんって言いたかった。

そして本当なら、今もずっと一緒に居たかった…。

関連記事

青空(フリー写真)

彼女に会いに行きたい

俺も元カノを亡くしたよ。もう何年も前だけど。 中学の頃に親父が死んでも大して泣かなかったが、これはボロ泣きした。 彼女とは3年ちょい付き合って、俺の我侭で上手く行かなくなり…

合格祈願の絵馬(フリー写真)

もう戻って来ない彼女

大好きだった彼女と別れた。 理由はシンプル。 俺が早稲田に落ちて浪人が決定したから。 「二人とも大学卒業したら結婚しようね」 こう言ってくれた彼女。 でも…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

人に優しくあるためには

私は事故に遭い、足が不自由になってしまいました。 車椅子なしでは外出も出来ませんし、トイレも昔のようにスムーズに行うことが出来ません。 そんな私から友人たちも離れて行きまし…

青い花(フリー写真)

ママの棺

この間、1歳半の息子を連れて友人の家へ行った時に、友人の祖母から聞いた話です。 ※ 友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。 気付いた時にはもう手遅れで、一ヶ…

指切り(フリー写真)

指切り

「いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見られたから。 これも日頃の何とやらなのかな?」 病室のベッドで手を握りながら彼女は言う…

手を取り合う友(フリー写真)

友達からの救いのメール

僕の友達が事故で亡くなった。 本当に突然のことで何が何だか解らず、涙など出ませんでした。 葬式にはクラスのみんなや友達が沢山来ていました。 友達は遺影の中で笑っていま…

太陽の光(フリー写真)

あなたらしく生きてください

高校時代に付き合っていた彼女の口癖だった言葉。 「やらないで後悔するより、やって後悔した方が良いんじゃない?」 別れた後も、何故か手紙のやり取りはしていた。 でも、あ…

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

ゲームセンター(フリー写真)

嬉しそうな笑顔を

うちのゲーセンに、毎日のように来ていたお前。 最近全然見ないと思ったら、やっと理由が判ったよ。 この前、お前の母ちゃんが便箋を持って挨拶に来たんだよ。 こちらで良くお…