彼女からの最後のメール

公開日: 恋愛 | 悲しい話

スマホを持つ人(フリー写真)

あの日、俺は彼女と些細な事でケンカをしていた。

お互い険悪な状態のまま、彼女は車で仕事へ行った。

俺は友達に会い、彼女の愚痴を言いまくっていた。

そして彼女の仕事が終わる頃にメールを送った。

相変わらず内容は、ああでもないこうでもないと、くだらない遣り取りだった。

そのうち彼女から返信が来なくなったが、ケンカ中だったので気にも留めなかった。

1時間ほど経つと、彼女の携帯から電話が掛かって来た。

俺はわざと面倒くさそうに出た。

「はい」

そしたら受話器の向こうからは、彼女ではなく別の女の人の声で

「あんたのせいだ!!

あんたが殺した!」

と、凄い勢いで怒鳴っていた。

俺が訳も解らず戸惑っていると、今度は落ち着いた男の人に代わった。

彼女は車で電柱に正面から突っ込み、死んだと言う。

「恐らく運転中のメールが原因の、不注意による事故でしょう」

電話の向こうで、警官だと思われる落ち着いた男の人がそう言っていた。

放心したまま電話を切ると、俺の携帯が1件のメールを受信しました。

それは、事故直前の彼女からのメールでした。

「何か意地張っちゃってごめんね」

俺は彼女のご両親からひどく避けられ、お葬式にも顔を出させてもらえなかった。

まだ彼女に…、

「俺の方こそごめん」

と、返信出来ていないんだ。

そう言いたかった。

ごめんって言いたかった。

そして本当なら、今もずっと一緒に居たかった…。

父(フリー写真)

父と私と、ときどきおじさん

私が幼稚園、年少から年長頃の話である。 私には母と父が居り、3人暮らしであった。 今でも記憶にある、3人でのお風呂が幸せな家族の思い出であった。 父との思い出に、近…

恋人(フリー写真)

彼からの手紙

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。 私は今でも憶えている。 彼に恋した日のことを。 ※ 幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュ…

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。 大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。 …

手を組む女性(フリー写真)

恋人からの手紙

昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。 そしたらなんか通夜が終わって、病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛ての手紙が入ってたんです。 で、よく…

赤い糸(フリー写真)

同級生との再会

私はその日、両親、妹と住宅展示場に来ていました。 家を新築する予定となり、両親はここのところ住宅展示場巡りをしていました。 私はなかなか予定が合わず、住宅展示場に来るのはこ…

ケーキカット(フリー写真)

思い出のスプーン

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。 幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。 でも常…

ダイビング(フリー写真)

海中の恋

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。 本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。 だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。 ※…

椅子と聖書(フリー写真)

特攻隊員の方の手紙

お母さん、とうとう悲しい便りを出さねばならない時が来ました。 晴れて特攻隊員に選ばれ出陣するのは嬉しいですが、お母さんのことを思うと泣けて来ます。 母チャン、母チャンが 私…

ポメラニアン(フリー写真)

天国のチロル

家で飼っていた犬の話。 私が中学生の頃、保健所に入れられそうになっていた4歳の雌のポメラニアンを引き取った。 名前は、前の飼い主が付けたらしい『チロル』。 チロルは本…

黒猫(フリー写真)

黒猫の赤ちゃん

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。 両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。 どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目…