一番大切な人

公開日: 恋愛 | 悲しい話 | 震災に関する話

恋人(フリー写真)

当時21歳の私と倫子は、その日ちょっとしたことで喧嘩をしてしまった。

明らかに私が悪い理由で。

普段なら隣同士で寝るのに、この日は一つの部屋で少し離れて寝た。

1995年1月17日の朝、大きな揺れがあった。

あまりに大きな揺れに慌てている間に、凄い音と共に屋根などが崩れてきた。

運良く私も倫子も無事だった。

しかし、お互いを確認するのは声だけだった。

二人の間には大きな瓦礫の壁があった。

私は窓に近い側に居たので、隣近所の方が瓦礫を少しどけてくれて、自力で出ることができた。

私は倫子を助けるために近所の方と力を合わせて、4人がかりで瓦礫をどけようと必死だった。

倫子は、

「真っ暗で怖いけど、私は大丈夫だから」

と叫んでいた。

1時間か2時間か、時計も無く判らなかったが、ある程度作業が進んだ。

これなら助かると思った。

しかしその時、周りの人が

「隣の家から火の手が上がっている」

と言った。

隣の家はこちらに傾いていた。

危険だと周りは言った。

皆、ピッチを上げて作業をした。

しかしその時、隣の家が崩れてきた。

私も周りも、その場から反射的に離れた。

そう、見捨ててしまった。

どのくらいその場に居たのか分からない。

ずっとその場にへたり込んで座っていた。

「消防はどうして来てくれなかったんだ」

「神はどうしてこのようなことをするのか」

「瓦礫をどけ始めた時にもっと上手くやっていれば、助かったんじゃないのか」

「見捨ててしまった………」

「どうして自分も死ななかったのか」

こんな言葉が頭をずっと巡っていた。

周りは、仕方が無かったんだと言った。

気に病むな…と…。

そんなこと、できるはずがないことは周りも分かっていただろう。

私はその言葉を聞いてから、ずっと泣いていた。

後日、瓦礫の山から倫子の骨だけが見つかった。

たった1.5メートルの距離の差だった。

たった1.5メートルの距離の差が『一番大切な人』を失う距離だった。

16日に喧嘩したことが、

素直でなかった私が、

最も失ってはならない『大切な人』を失う結果にしたのだ。

喧嘩をしていなければ、二人とも助かったかもしれない。

そうでなかったとしても、倫子を一人にすることは無かった。

そして、見捨てることも…。

私は1995年1月16日に戻りたい。

そして君と一緒に居たい。

阪神大震災。

経験をしていない人にとっては解らないことだと思う。

しかしそれは仕方が無いことだとも思う。

ただ、これから1月17日に阪神大震災の話題が出た時に、

「今更…」

とは言って欲しくない。

そういったことがあったことを知っておいてほしい。

そして今、恋愛をしている人に。

あなたは大切な人を手放さないで下さい。

今すぐにでも謝れることなら、すぐに謝ってください。

後から後悔しても、全て戻って来ないのですから。

関連記事

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

学校(フリー背景素材)

たくちゃん

その人は一個上の先輩で、同級生や後輩からも『たくちゃん』と呼ばれていた。 初めて話したのは小学校の運動会の時。 俺の小学校は、全学年ごちゃ混ぜで行われる。俺は青組みだった。…

震災(フリー写真)

少女からの手紙

石井三曹に封筒を渡した少女は、名前も告げずに走り去って行った。 少女は、母親と思しき女性の運転する車でやって来て、偶然近くを歩いていた石井三曹に手紙一通を渡したのである。 …

犬(フリー写真)

ペットとの別れ

レオと出会ったのは、私が3歳の時。 山奥の綺麗な川へバーベキューしに向かっていると、運転していた父が 「あそこに犬がおる!」 と言って車を停めた。 窓を開けて見…

飛行機雲(フリー写真)

きっと天国では

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。 ルフトハンザの国内線に乗ってフランクフルト上空に居た時、隣に座っていたアメリカ人のじい様に話し掛けられた。 日本は良い国…

お弁当グッズ(フリー写真)

海老の入ったお弁当

私の母は昔から体が弱かった。 それが理由かは分からないが、母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えない、質素で見映えの悪いものばかりだった。 友達に見られるのが恥ずかしくて、…

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

当たり前の日常

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。 周りがカップルに間違えるほどの仲でした。 私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。 今思うと、その前…

朝焼け(フリー写真)

半年前の俺へ

半年前の俺へ。 そっちは午前4時だな。 部活で疲れてぐっすり眠っている頃だと思うが、頑張って起きろ。 今から言う事をやってくれ。頼む、お前のためだから。しくじるなよ。…

ポメラニアン(フリー写真)

天国のチロル

家で飼っていた犬の話。 私が中学生の頃、保健所に入れられそうになっていた4歳の雌のポメラニアンを引き取った。 名前は、前の飼い主が付けたらしい『チロル』。 チロルは本…

カップル(フリー写真)

彼女の日常

俺には幼馴染の女の子が居た。 小学校から中学校まで病気のため殆んど普通の学校に行けず、いつも院内学級で一人で居るせいか人付き合いが苦手で、俺以外に友達は居なかった。 彼女の…