犬からの10のお願い

公開日: ペット |

犬(フリー写真)

1.

私の一生は、10~15年程しかありません。

ほんの僅かな時間でも、貴方と離れていることは辛いのです。

私を家族に迎える前に、どうかそのことを考えてください。

2.

あなたが私に望むことを理解出来るようになるまで、少し時間をください。

3.

私を信頼してください。私にとって、それが一番大事なことなのです。

4.

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。

貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だって居るでしょう。

でも…私には貴方だけしか居ないのです。

5.

時々は私に話し掛けてください。あなたの言うことは解らなくても、私に話し掛けるあなたの声は分かるのです。

6.

あなたが私にどんな風に接しているか、私は決して忘れません。

7.

私を叩く前に思い出してください。私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことが出来る歯があるけれど、決して噛まないようにしていることを。

8.

私のことを言う事を聞かないだとか、頑固だとか、怠け者だとか叱る前に、まずは自分に問い掛けてみてください。

きちんと食事を与えてましたか?

太陽の下に長く放置しておきませんでしたか?

もしかすると、歳を取ってどこか弱っているのかもしれません。

9.

私が歳を取っても、どうか世話をしてください。貴方も同じように歳を取るのです。

10.

最期の旅立ちの時には、傍に居て私を見送ってください。

「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて言わないで欲しいのです。

貴方が傍に居てくれるだけで、私にはどんなことも安らかに受け入れられます。

そして…どうか忘れないでください。私が貴方を愛していることを。

関連記事

猫(フリー写真)

父を護衛する猫

父が突然亡くなった。 うちの猫のみぃは、父の行く先行く先に付いて行く猫だった。 「こいつはいつも俺の後を付いて来るんだ。俺の護衛なんだ」 と父は生前、少し自慢気に言っ…

河川敷(フリー写真)

白猫のみーちゃん

私がまだ小学生の頃、可愛がっていた猫が亡くなりました。真っ白で、毛並みが綺麗な可愛い猫でした。 誰よりも私に懐いていて、何処に行くにも私の足元に絡み付きながら付いて回り、寝る時も…

猫(フリー写真)

愛猫との別れ

私がまだ高校生の冬、家で飼っている猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布を敷いた私の布団で。 五匹も産んだのですが、次々と飼い主が決まり、とうとう一匹だけになりました。 …

丸まるキジトラ猫(フリー写真)

猫のたま

病弱な母がとても猫好きで、母が寝ているベッドの足元にはいつも猫が丸まっていた。 小さな頃は、母の側で寝られる猫が羨ましくて、私も猫を押し退けては母の足元で丸まっていた。 『…

可愛い犬(フリー写真)

ボロという犬の話

小学3年生の時、親父が仕事帰りに雑種の小犬を拾って来た。 黒くて目がまん丸で、コロコロとした可愛い奴。 でも野良なので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。 そんな風貌…

白猫(フリー写真)

白猫のミーコ

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。 白くて、ふわふわで、温かかった。 私はミーコが大好きだった。 ミーコもそんな私に懐いてくれた。 ※ 父が入院…

猫の寝顔(フリー写真)

猫が選んだ場所

物心ついた時からずっと一緒だった猫が病気になった。 いつものように私が名前を呼んでも、腕の中に飛び込んで来る元気も無くなり、お医者さんにも 「もう長くはない」 と告げ…

どんぐり(フリー写真)

どんぐり

毎年お盆に帰省すると、近くの川で『送り火』があります。 いつもは淡い光の列がゆっくり川下に流れて行くのを眺めるだけなのだけど、その年は灯篭に『さちこ』と書いて川に浮かべました。 …

犬(フリー写真)

良い犬の話

良い人じゃなくて、良い犬の話。 知り合いのお爺さんが愛犬と山道を散歩していて、途中のベンチで座って一休みしていたら…。 蛇(名前は忘れたが毒を持っている)がお爺さんに齧り付…

柴犬(フリー写真)

おばあちゃんと柴犬

昔の話だが、近所に旦那さんに先立たれ、独り暮らしをしているお婆ちゃんが居た。 お婆ちゃんは室内で柴犬を飼っていた。 嫁いだ娘さんや孫たちがしょっちゅう様子を見に来ていたから…