犬からの10のお願い

公開日: ペット |

犬(フリー写真)

1.

私の一生は、10~15年程しかありません。

ほんの僅かな時間でも、貴方と離れていることは辛いのです。

私を家族に迎える前に、どうかそのことを考えてください。

2.

あなたが私に望むことを理解出来るようになるまで、少し時間をください。

3.

私を信頼してください。私にとって、それが一番大事なことなのです。

4.

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。

貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だって居るでしょう。

でも…私には貴方だけしか居ないのです。

5.

時々は私に話し掛けてください。あなたの言うことは解らなくても、私に話し掛けるあなたの声は分かるのです。

6.

あなたが私にどんな風に接しているか、私は決して忘れません。

7.

私を叩く前に思い出してください。私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことが出来る歯があるけれど、決して噛まないようにしていることを。

8.

私のことを言う事を聞かないだとか、頑固だとか、怠け者だとか叱る前に、まずは自分に問い掛けてみてください。

きちんと食事を与えてましたか?

太陽の下に長く放置しておきませんでしたか?

もしかすると、歳を取ってどこか弱っているのかもしれません。

9.

私が歳を取っても、どうか世話をしてください。貴方も同じように歳を取るのです。

10.

最期の旅立ちの時には、傍に居て私を見送ってください。

「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて言わないで欲しいのです。

貴方が傍に居てくれるだけで、私にはどんなことも安らかに受け入れられます。

そして…どうか忘れないでください。私が貴方を愛していることを。

桜の木(フリー写真)

トムの桜

小学校の頃、クラスの友人が手から血を流していたので、ティッシュを渡してあげた。 「どうしたんだ?」 と聞いたところ、ムカつく猫が居たので捕まえて、水の入ったポリバケツに放り…

昼寝中の猫(フリー写真)

ずうずうしい野良猫

お悩み相談 Q. 通って来る野良猫が大変ずうずうしく、困っています。 始めは家の外でみゃーみゃー鳴いて飯をねだる程度だったのですが、この寒空の下では辛かろうと一度玄関に泊め…

猫(フリー写真)

鳴かない猫

昔話だけど。 実家の猫は赤ちゃんの時、空き地で目も潰れて放置され、泣き喚いていたところを保護したんだ。 正直、化け猫のようで触るのも躊躇するほどの悲惨さだった。 目は…

丸まるキジトラ猫(フリー写真)

猫のたま

病弱な母がとても猫好きで、母が寝ているベッドの足元にはいつも猫が丸まっていた。 小さな頃は、母の側で寝られる猫が羨ましくて、私も猫を押し退けては母の足元で丸まっていた。 『…

ポメラニアン(フリー写真)

愛の形

私はあるペットクリニックに勤めています。 そこで起こった悲しい出来事をお話します。 ※ 40代くらいの男性がポメラニアンを連れてよく来ていました。 その人が購…

黒猫(フリー写真)

ぬこさま

今年のGW明けの頃のこと。 前の日から上司の機嫌が悪く、八つ当たりばかりされていた。 その日も私の力ではどうしようもないことで怒られた挙句、酷い言葉を浴びせられたり身体的欠…

ポメラニアン(フリー写真)

天国のチロル

家で飼っていた犬の話。 私が中学生の頃、保健所に入れられそうになっていた4歳の雌のポメラニアンを引き取った。 名前は、前の飼い主が付けたらしい『チロル』。 チロルは本…

柴犬(フリー写真)

犬のきなこ

10年以上前、友達が一匹の柴犬を飼い始めた。 体の色が似ているからと言って、その犬は『きなこ』という名前になった。 友達は夕方になるとよく『きなこ』を散歩させていた。 …

白猫(フリー写真)

白猫のミーコ

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。 白くて、ふわふわで、温かかった。 私はミーコが大好きだった。 ミーコもそんな私に懐いてくれた。 ※ 父が入院…

猫(フリー写真)

愛猫との別れ

私がまだ高校生の冬、家で飼っている猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布を敷いた私の布団で。 五匹も産んだのですが、次々と飼い主が決まり、とうとう一匹だけになりました。 …