彼女の面影

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 悲しい話

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女が痴呆になりました。

以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。

更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行ったら、痴呆症だと言われた。

俺と彼女は結婚する約束をしていた。給料三ヶ月分とは言えないけど、もう指輪も用意していた。

後はこれを渡してプロポーズをするだけだった。

でも、彼女はもう殆ど俺のことを覚えていない。

一人では何も出来なくなり、俺が介護するしかなかった。

仕事も辞め、彼女と二人きりで家に引き篭もって、毎日毎日、俺は彼女の右手を握り続けた。

やがて貯金も底を付き、いよいよ生きて行くためのお金が無くなった。

その頃から彼女の両親が、

「娘を引き取りたい」

と言ってきた。

彼女の父親に、

「君もまだ若いんだから、これからの人生を生きなよ。娘のことは忘れてくれ」

と言われた。

でも、俺は忘れられなかったよ。新しい職場でも、考えるのはいつも彼女のことばかり。

四六時中、一つのことしか考えられない人間の気持ちは、なかなか理解を得られないと思う。

一年が経った頃、彼女の実家を訪ねてみた。

でも、家には誰も居なかった。彼女も彼女の両親も、町から消えていた。

彼女の家族が北陸の町で暮らしていることを知り、すぐにそこへ行ったよ。

海沿いの家に住んでいてさ、家に行くと彼女の母親は驚いていたよ。

俺は、

「彼女に渡したい物がある。直接渡したい」

と告げた。そしたら、

「海で待っててください」

と彼女の母親は言って奥に消えたよ。

浜辺で待っていると、寝巻き姿の彼女を母親が連れて来てさ。

彼女の姿はもう、酷かったよ。言葉に出来ないほどに。

俺と彼女は浜辺に二人で座った。彼女の母親は気を利かせてくれたのか、どこかへ行った。

彼女は何やら訳の解らないことばかり言っていたよ。

何だったかな。

「世界一遠くて近い場所」とか「音の響きが聞こえない」とか、そんなことだ。

俺は彼女の左手を持って、ポケットからある物を取り出した。

彼女の誕生石であるエメラルドの指輪だ。

俺がそっとそれを填めてやると、彼女は嬉しそうな表情をした後、暫く黙り、そして泣いた。

自分でも何で泣いたのか解らないみたいだった。

それを見ていたら俺も泣けてきちゃった。

俺は彼女を抱き締めておいおい泣いたよ。

多分、二時間ほどそうしていたんじゃないかな。

彼女に少し強く抱き締められているような気がしたよ。

関連記事

夕焼け(フリー写真)

夕焼けの絵葉書

ふと思い出したのだけど、亡くなってしまった子から絵葉書をもらったことがある。 中学生の時の隣のクラスの女の子で、病気で殆ど学校に来ないまま亡くなってしまった。 うちの学校は…

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…

母と娘(フリー写真)

強いお母さん

母さんが亡くなってから6年経つのに、まだまだ寂しがりやの私です。 昔の携帯を見つけたの。受信箱に母さんからのメール。 「まだ帰れない?」 「鍵忘れてるよ^^」 …

クリスマスプレゼント(フリー写真)

沢山のキッス

クリスマスが近付いた時期の話です。 彼は三才の娘が包装紙を何枚も無駄にしたため、彼女を厳しく叱りました。 貧しい生活を送っていたのに、その子はクリスマスプレゼントを包むため…

ビル

予期せぬ守り神

内定式で初めて彼女と出会った。彼女は私たちの同期だった。 彼女は聡明の代名詞のような人だった。学生時代の論文で賞を受けるほどの才女で、周囲からは期待の新星と見なされていた。 …

ミートソーススパゲッティ

母の味

うちの母が作るミートソースは、とても美味かった。 家族全員の大好物だった。 でもそのレシピを聞かないうちに、母は急性白血病で亡くなった。 亡くなって数年が経った頃、…

砂時計(フリー写真)

親と一緒に居られる時間

あと何日、母ちゃんに会える日がある? 一人暮らしをしている人は、年に何日、実家に帰ってる? 俺は仕事が忙しくて、夏休みに3日、正月休みに3日の、年間6日くらいなんだけどさ。…

ビーフシチュー

仲直りのビーフシチュー

昨日の朝、私は妻と言い争いをしてしまった。原因は、夜更かしによる私の寝不足で、朝の機嫌が非常に悪かったことだ。 「また仕事か」とぼやきながら起きる私。妻は私の気難しさを知ってい…

南国の夕日(フリー写真)

特攻隊員の方の遺書

戦いは日一日と激しさを加えて参りました。 父母上様、長い間お世話になりました。 私も未だ十九才の若輩で、この大空の決戦に参加できることを、深く喜んでおります。 私は…