彼女の面影

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女が痴呆になりました。

以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。

更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行ったら、痴呆症だと言われた。

俺と彼女は結婚する約束をしていた。給料三ヶ月分とは言えないけど、もう指輪も用意していた。

後はこれを渡してプロポーズをするだけだった。

でも、彼女はもう殆ど俺のことを覚えていない。

一人では何も出来なくなり、俺が介護するしかなかった。

仕事も辞め、彼女と二人きりで家に引き篭もって、毎日毎日、俺は彼女の右手を握り続けた。

やがて貯金も底を付き、いよいよ生きて行くためのお金が無くなった。

その頃から彼女の両親が、

「娘を引き取りたい」

と言ってきた。

彼女の父親に、

「君もまだ若いんだから、これからの人生を生きなよ。娘のことは忘れてくれ」

と言われた。

でも、俺は忘れられなかったよ。新しい職場でも、考えるのはいつも彼女のことばかり。

四六時中、一つのことしか考えられない人間の気持ちは、なかなか理解を得られないと思う。

一年が経った頃、彼女の実家を訪ねてみた。

でも、家には誰も居なかった。彼女も彼女の両親も、町から消えていた。

彼女の家族が北陸の町で暮らしていることを知り、すぐにそこへ行ったよ。

海沿いの家に住んでいてさ、家に行くと彼女の母親は驚いていたよ。

俺は、

「彼女に渡したい物がある。直接渡したい」

と告げた。そしたら、

「海で待っててください」

と彼女の母親は言って奥に消えたよ。

浜辺で待っていると、寝巻き姿の彼女を母親が連れて来てさ。

彼女の姿はもう、酷かったよ。言葉に出来ないほどに。

俺と彼女は浜辺に二人で座った。彼女の母親は気を利かせてくれたのか、どこかへ行った。

彼女は何やら訳の解らないことばかり言っていたよ。

何だったかな。

「世界一遠くて近い場所」とか「音の響きが聞こえない」とか、そんなことだ。

俺は彼女の左手を持って、ポケットからある物を取り出した。

彼女の誕生石であるエメラルドの指輪だ。

俺がそっとそれを填めてやると、彼女は嬉しそうな表情をした後、暫く黙り、そして泣いた。

自分でも何で泣いたのか解らないみたいだった。

それを見ていたら俺も泣けてきちゃった。

俺は彼女を抱き締めておいおい泣いたよ。

多分、二時間ほどそうしていたんじゃないかな。

彼女に少し強く抱き締められているような気がしたよ。

関連記事

空の太陽(フリー写真)

祖父が立てた誓い

三年前に死んだ祖父は、末期癌になっても一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。 体中に癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)…

猫の寝顔(フリー写真)

猫が選んだ場所

物心ついた時からずっと一緒だった猫が病気になった。 いつものように私が名前を呼んでも、腕の中に飛び込んで来る元気も無くなり、お医者さんにも 「もう長くはない」 と告げ…

タクシー(フリー写真)

台風の日

タクシーの中でお客さんとどんな話をするか、平均で10分前後の短い時間で完結する話題と言えばやはり天気の話になります。 今日の福岡は台風11号の余波で、朝から断続的に激しい雨が降っ…

玩具にじゃれる白猫(フリー写真)

待っていてくれた猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭に居た。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

手を握る(フリー写真)

ごうちゃん

母が24歳、父が26歳、自分が6歳の時に両親は離婚した。 母が若くして妊娠し、生まれた自分は望まれて生を受けた訳ではなかった。 母は別の男を作り、父は別の女を作り、両親は裁…

コスモスの花(フリー写真)

余命半年の彼女

今日、彼女と別れた。 原因は彼女の病気、癌だった。 最初に聞いた時、冗談だと思った。 つい昨日まで普通に遊んで、喋って、ご飯を食べて、笑っていたのに。 俺は、 …

手紙(フリー写真)

天国の妻からの手紙

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなった。 その5年後、こんな手紙が届いた。 どうやら死期が迫った頃、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。 ※ Dear 未来の○○ …

桜(フリー写真)

桜と最後の嘘

僕は良いところなど一つも無いと言って良い程、嫌な人間だった。 ルックスに自信は無く、頭も良くはない。そして、人に平気で嘘を吐く卑怯者。 僕に構う人など誰も居なかった。もちろ…

指切り(フリー写真)

指切り

「いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見られたから。 これも日頃の何とやらなのかな?」 病室のベッドで手を握りながら彼女は言う…

子供の手(フリー写真)

嫁の手

うちの3才の娘は難聴。殆ど聞こえない。 その事実を知らされた時は嫁と泣いた。何度も泣いた。 難聴と知らされた日から、娘が今までとは違う生き物に見えた。 嫁は自分を責め…