彼女の面影

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女が痴呆になりました。

以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。

更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行ったら、痴呆症だと言われた。

俺と彼女は結婚する約束をしていた。給料三ヶ月分とは言えないけど、もう指輪も用意していた。

後はこれを渡してプロポーズをするだけだった。

でも、彼女はもう殆ど俺のことを覚えていない。

一人では何も出来なくなり、俺が介護するしかなかった。

仕事も辞め、彼女と二人きりで家に引き篭もって、毎日毎日、俺は彼女の右手を握り続けた。

やがて貯金も底を付き、いよいよ生きて行くためのお金が無くなった。

その頃から彼女の両親が、

「娘を引き取りたい」

と言ってきた。

彼女の父親に、

「君もまだ若いんだから、これからの人生を生きなよ。娘のことは忘れてくれ」

と言われた。

でも、俺は忘れられなかったよ。新しい職場でも、考えるのはいつも彼女のことばかり。

四六時中、一つのことしか考えられない人間の気持ちは、なかなか理解を得られないと思う。

一年が経った頃、彼女の実家を訪ねてみた。

でも、家には誰も居なかった。彼女も彼女の両親も、町から消えていた。

彼女の家族が北陸の町で暮らしていることを知り、すぐにそこへ行ったよ。

海沿いの家に住んでいてさ、家に行くと彼女の母親は驚いていたよ。

俺は、

「彼女に渡したい物がある。直接渡したい」

と告げた。そしたら、

「海で待っててください」

と彼女の母親は言って奥に消えたよ。

浜辺で待っていると、寝巻き姿の彼女を母親が連れて来てさ。

彼女の姿はもう、酷かったよ。言葉に出来ないほどに。

俺と彼女は浜辺に二人で座った。彼女の母親は気を利かせてくれたのか、どこかへ行った。

彼女は何やら訳の解らないことばかり言っていたよ。

何だったかな。

「世界一遠くて近い場所」とか「音の響きが聞こえない」とか、そんなことだ。

俺は彼女の左手を持って、ポケットからある物を取り出した。

彼女の誕生石であるエメラルドの指輪だ。

俺がそっとそれを填めてやると、彼女は嬉しそうな表情をした後、暫く黙り、そして泣いた。

自分でも何で泣いたのか解らないみたいだった。

それを見ていたら俺も泣けてきちゃった。

俺は彼女を抱き締めておいおい泣いたよ。

多分、二時間ほどそうしていたんじゃないかな。

彼女に少し強く抱き締められているような気がしたよ。

蛍(フリー写真)

蛍は亡くなった人の魂

祖父が死んで、もう12年になる。 幼い頃から、 「蛍は亡くなった人の魂だから、粗末に扱うな」 と祖父に教えられてきた。 ※ 去年の8月15日の夜、父と俺とで家族総…

祖母の手(フリー写真)

おばあちゃんの深い愛

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。 俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。 あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。…

ダイビング(フリー写真)

海中の恋

一年前から行きたかったダイビング体験ツアーに行くことになった。 本当は彼女と行きたかったのだが、春が来る前に別れてしまった。 だから仕方なく、男三人で南国へ向かった。 ※…

入学式とランドセル(フリー写真)

お兄ちゃんの思いやり

小学1年生の息子と、幼稚園の年中の息子、二児の母です。 下の子には障害があり、今年は就学問題を控えています。 今年に入ってすぐ、上の子が 「来年は弟くんも1年生だね~…

公園と夕暮れ(フリー写真)

大好きな芸人

芸人の江頭さんがとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた車椅子の女の子がそのロケを見ていた。 ロケが終わり、その車椅子の女の子は江頭さんに 「…

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

父と子(フリー写真)

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。 産まれた時から耳が聞こえなかった俺は、物心ついた時にはもう既に簡単な手話を使っていた。 耳が聞こえな…

太平洋戦争(フリー写真)

少年の志願

俺は今、介護福祉士として働いている。 妹が今度修学旅行で鹿児島へ行くらしく、職場でその話をしていたら、利用者さんの一人が 「鹿児島か…」 と暗く呟いた。 その方…

手紙(フリー写真)

連絡帳の約束

俺が小学五年生の時、寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。 その子は偶に学校に来たと思ったらすぐに早退してしまうし、最初はあいつだけズルイなあ…なんて思…

カップル(フリー写真)

最後の時を過ごす二人

従兄弟が大腸癌で亡くなった。27歳だった。 その彼女は、従兄弟が癌と判ってから、仕事もあったのに毎日病室を訪れ付き添っていた。 結婚の約束もしていたんじゃないかな。 …