愛犬が教えてくれたこと

公開日: ペット | 悲しい話 | | 長編

柴犬(フリー写真)

俺が中学2年生の時、田んぼ道に捨てられていた子犬を拾った。

名前はシバ。

雑種だったけど柴犬そっくりで、親父がシバと名付けた。

シバが子犬の頃、学校から帰って来てはいつも構っていた。

寝る時もご飯の時も、起きる時間も全部一緒だった。

何故、ずっとそんな風に愛してやれなかったのだろう。

俺が高校に上がり、仲間も沢山できて悪さをするようになった頃には、もうシバを構うことはなくなっていた。

シバが『遊ぼう!』と飛びついて来ても「邪魔や!」と振り払った。

世話はいつしかお袋と親父ばかりがするようになった。

いつしかシバも、俺を見ても尻尾さえ振らなくなった。

そして俺は高校を中退した。

遊び呆けて家にも長いこと帰らなくなっていた。

そんな時、携帯が鳴った。

『シバが、車にひかれて…病院連れてったけど、もうアカンって言われた』

お袋からだった。

『はあ? なんや、いきなり。あのバカ犬が死ぬわけないやん』

俺は軽く考えていた。

『取り敢えず、帰って来なさい。今、シバを家に連れて帰って来たから…』

正直、面倒くさかった。

どうせもう、俺を見ても喜びもせんし、もしかしたら忘れてるかもしれん。

俺は重い腰を持ち上げ、居座っていた仲間の家を出て実家へ戻った。

玄関先に繋いでいるはずのシバの姿がない。

家に入ると、俺は目を見開いた。

布団のようなものを掛けられ、ぐったりしているシバ。

そしてお袋が優しく体を撫でていた。

「リードをちぎって脱走したみたい。そんで轢かれよったらしい…。近所の中井さんが教えてくれたわ」

お袋の目には涙が溜まっていた。

俺の体にじっとりと嫌な汗が滲む。

「最初はなんでシバが脱走したんか分からんかったけど…。

中井さんが言うには、青い原付を必死に追いかけてたって…。

そんで後ろから来た車に轢かれたんやって。

そう教えてくれたわ」

俺はその言葉に息を呑んだ。

青い原付…。俺の原付も、同じ青色だ。

「多分、よその人の原付を、あんたやと思ったんやろなぁ」

お袋の目から涙が溢れた。

そして俺の目にも、気付けば涙。

初めてシバを拾って来た時の光景が頭に浮かぶ。

シバの横へ、俺は腰を下ろした。

シバが痛々しい躰を、少し持ち上げる。

すると、フンフンと鼻を鳴らし、尻尾を振った。

俺は何かが弾けたように泣きじゃくった。

シバを拾ったあの日、最後まで面倒を見ると誓ったはずだった。

ずっとこいつと生きて行くと決めたはずだった。

シバがいつか死ぬ時は、笑顔で送り出してやろう。

だからそれまでいっぱいの愛情で接してやろうと…。

あの頃、そう誓ったのは自分自身だったのに。

「シバ、ごめんよぉ。俺、いつもお前のこと無視して…。

お前はいつも俺のこと見てたんやな。

許してくれや、シバ…」

そう言ってシバの体を撫でた。

ペロペロとシバが俺の手を舐める。

それと同時に俺の手に付く…シバの血。

お袋も声を上げ泣いていた。

「いつもあんたぐらいの男の子が、家の前を通るたび、シバ、ずーっと見つめててん」

お袋の言葉が、更に俺の涙を溢れさせる。

「シバ、逝かんでくれやぁ。また一緒に遊ぼうやぁっ…」

視界が涙で霞んだ時、シバがキュンキュンと声を上げた。

そして頭を俺の膝の上に乗せ、まるで俺に

『生きたいよ』

と言っているようで、涙が止まらんかった。

代わってやりたかった。

そしてシバは、その後すぐ息を引き取った。

シバが死んで、6年。

今でもシバの命日には、シバの大好物だったササミを玄関に置いておく。

たまに猫がつまみ食いするけど、優しいシバのことやけん、黙って見とるんやろな…。

お前のおかげで、自分の愚かさを知った。

ありがとう。ほんまに、ありがとう…。

そして、ごめんな。

大好きやで、シバ。

俺がいつか死んで、そっちに行ったら、また俺の愛犬になってくれ。

そん時はもう絶対、傍から離れんから。約束するよ。

出典元: すべての人が幸せになる魔法の言葉たち

関連記事

母猫(フリー写真)

母猫の選択

Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに、家中猫だらけになってしまったそうだ。 住み着いた猫が仔を作り、その仔もまた仔を作る。 一時は家庭崩壊しかけたほど猫が…

手をつなぐカップル(フリー写真)

もう一度会いたい

かつて、私には愛すべき彼女がいた。 彼女は素直で、容姿も整っていた。しかし周りからは常に皮肉を言われていた。 「あの女と付き合ってるの? お幸せにね」 彼女はあまり…

ウィスキー(フリー写真)

悲しい時は泣くんだよ

家内を亡くしました。 お腹に第二子を宿した彼女が乗ったタクシーは、病院へ向かう途中、居眠り運転のトラックと激突。即死のようでした。 警察から連絡が来た時は、酷い冗談だと思い…

夕焼け

パラオの別れ

南洋のパラオ共和国には、小さな島が幾つも点在している。 戦争中、これらの島々には日本軍が進駐していた。その中の一つの島に駐留していた海軍陸戦隊は、学徒出身の隊長の元、地元住民と…

犬(フリー写真)

サチへ

前の飼い主の都合で初めて我が家に来た夜、お前は不安でずっと鳴いていたね。 最初、お前が我が家に慣れてくれるか心配だったけど、少しずつ心を開いてくれたね。 小学生の時、空き地…

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…

花嫁(フリー写真)

血の繋がらない娘

土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。 出会った当時の俺は25歳、嫁は33歳、娘は13歳。 まあ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。 娘も大きかったから、多少ギクシャクし…

日記帳(フリー写真)

親孝行したい時に

高校を卒業してから4年間、何もせずに家でお金を使うことしかしていなかった。 オンラインゲームをしたりゲームを買ったり。偶に親に怒鳴り散らしたりもした。 そんな駄目な俺が2…

犬(フリー写真)

盲導犬のサリー

私がかつて知っていた盲導犬のサリーの話です。 サリーはとても頭の良い犬でした。 盲導犬としての訓練を優秀な内容で終え、飼い主さんの元へ預けられました。 サリーは晴れ…

手を取り合う友(フリー写真)

友達からの救いのメール

僕の友達が事故で亡くなった。 本当に突然のことで何が何だか解らず、涙など出ませんでした。 葬式にはクラスのみんなや友達が沢山来ていました。 友達は遺影の中で笑っていま…