迷彩服のヒーロー

公開日: 子供 | 家族 | 心温まる話 | 長編

渋滞(フリー写真)

一昨年の夏、私は5歳の息子を連れて、家から車で1時間の所にある自然博物館の昆虫展へ向かっていました。ムシキングの影響で、息子はとても楽しみにしていました。

あと数キロと言う地点で渋滞の最後尾に。停まった瞬間、物凄い衝撃に襲われました。後方から来た大型トラックに追突されたのです。

一瞬、何が起こったのか理解出来ませんでしたが、すぐに追突されたと解りました。

即座に助手席に居た息子の安否を確認しようしたのですが、そこには息子の姿がありませんでした。

子供の名前を叫ぶと、助手席の足元から「痛い」という声が。息子は衝撃でシートから足元にずれ落ち、挟まれていました。

正直、半狂乱になってしまいました。あの時の私は完全に冷静さを失っていました。

そして半狂乱の私も足を挟まれて動けない事に気付きました。動けない私は叫ぶしかなかったのです。

追突から時間にして1、2分経った頃でしょうか。いきなり運転席側の変形したドアを無理やり開けてくれた人たちが居ました。緑色のヘルメットに迷彩服を着た数人の自衛隊員です。

私の足が挟まれているのを知った後、何やらバールのようなもので運転席をこじ開け、後ろにずらし私を出してくれました。

「息子が助手席の足元に挟まれてます!助けてください!」

私はお礼の前にそう叫んでいました。

すると若い隊員さんは運転席同様、助手席のシートを無理やり外し、潜り込むように助手席に入って行きました。他の隊員さんと大声で作業指示しながら、懸命に救助されていました。

数分の間でしたが、私にとってはとんでもなく長い時間に感じられました。そして息子は、挟まっていた車体から外へ救助していただきました。

それと同時に、救急車と工作車が到着。息子は救急隊の方に委ねられました。私も両足が痛くて立てなかったのですが、せめてお礼だけはと思い、その隊員さんの元へ這って行きました。

私「本当にありがとうございました!ありがとうございました!!」

自「いえいえ、当たり前のことをしただけです。怪我は治ります。命が無事で良かったです」

その隊員さんをよく見てみると、右肩付近が黒く濡れている。

私「もしかして怪我されているんじゃ?」

自「え? ああ、潜った時にチョット何かが刺さったみたいです」

隊員が体を捻って右肩を見せようとしたところ、背中は更にベッチョリと濡れていました。普通に考えたら大量出血です。

それでもその隊員さんは笑いながら「チョット痛いだけです。大丈夫です」と言うのです。

その後、私は息子と共に救急車で運ばれて行きました。

息子は両足の骨折、私は右足の骨折でした。

治療が終わった後、息子のベットに行きました。

「よく泣かなかったね、頑張ったね」

と声を掛けてやると、息子は

「お兄ちゃんが笑ってたから泣かなかったよ。クワガタの話もしたよ」

冷静さを失っていた私は聞こえなかったのですが、隊員さんと何やらムシキングの話をしていたそうです。

そのため息子は安心したらしく、痛くても我慢出来たそうです。

嬉しくて有難くて、そこで初めて涙を流しました。

その後、救援に来ていただいた消防署に出向き、その隊員さんの所属を教えていただきました。

駐屯地の場所をネットで探し出しました。そのページを見ると『記念行事』なるものが二週間後にあることが判明。怪我の治療状況と相談し、記念行事にお邪魔する事にしました。

初めて入る駐屯地。意外と来客も多くビックリしました。どこに行けば良いかも判らず、車椅子に乗せた息子とウロウロしてしまいました。

そのうち式典や訓練が始まり、大砲や戦車の音にまたビックリ。何だか息子も私も楽しんでしまっていました。午後になっても結局ウロウロ…。

その時、一人の隊員さんが声を掛けて来ました。大怪我をしてまで息子を助けてくれた隊員さんでした。ニコニコした笑顔に、私は男ながら涙が零れてしまいました。

「あの時は本当にありがとうございました!」

この一言がどれだけ言いたかったか、息子の回復振りを見てもらいたかったか。色々とお話を聞かせていただきました。

背中の怪我は何かが刺さったのではなく、車体の金属部分で切った事。17針も縫った事。私にとっても息子にとっても、そこに居たのは正にヒーローでした。

それからその隊員さんは、普段訓練で乗られている緑色のバイクを見せてくれました。

足が完治していない息子を抱き上げ、一緒にバイクに跨ってくれました。

息子の顔がとても嬉しそうで、一緒にバイクに乗っている隊員さんは、正にテレビに出て来る戦隊物のヒーローに見えました。

その時、一緒に撮らせていただいた写真は、息子の宝物になっています。

今ではムシキングよりも自衛隊のお兄ちゃんの方が大好きみたいです。

関連記事

ベンチに座る老夫婦(フリー写真)

最初で最後のラブレター

脳梗塞で入退院を繰り返していた祖父。 私たち家族は以前からの本人の希望通り、医師から余命があと僅かであることを知らされていたが、祖父には告知しないでいた。 「元気になって、…

診療所(フリー写真)

今は亡き僕の先生

僕は幼い頃から病弱で、いつも何かしらの病気にか罹っていた。 例えば、喘息、熱、インフルエンザなど。 そのような時はいつも診療所の先生に診ていただいていた。 その先生…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…

学校の教室(フリー素材)

伝説になった校長先生

中学生の頃、同級生に本屋の娘さんがいた。 その娘の本屋さんで万引きをして警察に突き出された生徒達が、 「お前の親のせいで希望の高校に行けなくなるかもしれない!お前が責任を…

結婚式(フリー写真)

もしもし、お母さん

私が結婚を母に報告した時、ありったけの祝福の言葉を言い終えた母は、私の手を握り真っ直ぐ目を見つめてこう言った。 「私にとって、みおは本当の娘だからね」 ドキリとした。 …

救急車(フリー写真)

死の淵にいた私を救ってくれた妻

私はあの日、緊急搬送されました。 生まれて初めて救急車に乗りました。 心臓の3分の2は停止していたそうです。 ※ 今から7年前の事を書きます。 私はフィ…

バスの車内(フリー写真)

悪意と善意

10歳の息子がある病気を持っており車椅子生活で、更に投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。 知能レベルは年齢平均のため、尚更何かと辛い思いをして来ている。 ※ …

入学式とランドセル(フリー写真)

お兄ちゃんの思いやり

小学1年生の息子と、幼稚園の年中の息子、二児の母です。 下の子には障害があり、今年は就学問題を控えています。 今年に入ってすぐ、上の子が 「来年は弟くんも1年生だね~…

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…

父(フリー写真)

父と私と、ときどきおじさん

私が幼稚園、年少から年長頃の話である。 私には母と父が居り、3人暮らしであった。 今でも記憶にある、3人でのお風呂が幸せな家族の思い出であった。 父との思い出に、近…