お母さんと呼んだ日

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 | 悲しい話 |

渓流(フリー写真)

私がまだ小学2年生の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。

特に苛められたとかそういうことは無かったのだけど、何だか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べないでいた。

そんなギクシャクした関係だったけど、継母が私のために一生懸命だったことはよく解っていた。

小学4年生になった夏休み、私は継母の提案で、二人で川へ遊びに行くことになった。

あまり気が進まなかったけど、断る理由も無かったので、言われるままに渋々付いて行った。

現地に着くや否や、私は継母のことを放ったらかして川に浸かって遊んだ。

暫く水と戯れていると、急に深みにはまって溺れ、息が出来なくなった。

凄く苦しかった。

喉の奥が「クッ、クッ」と鳴り、段々苦しくなくなって来て、意識が飛んだ。

気が付くと、私は病院のベッドで寝ていた。

一時心臓が停まって危なかったんだよ、と父が涙ぐみながら言っていた。

ベッドの傍に、継母は居なかった。私は父に「あの人は?」と訊いた。

父は一呼吸置き、ゆっくりとした口調で教えてくれた。

私が溺れた時に、継母が服のまま飛び込んで私を助けてくれ、そのまま力尽きて下流まで流された。

その後、救助されたものの、今も意識が戻らないのだ、と。

私は次の日、継母の居る病室へ行った。

継母は機械に囲まれていて、沢山の管を付けられていた。

彼女は、そのまま我が家に戻って来ることは無かった…。

葬儀が終わって母の遺品を整理していたら、鍵の付いた日記が出て来た。

私は父と一緒に何とか鍵を探し当て、日記を読んだ。

そこには、私との関係に悩む継母の苦悩など、私のことばかり書いてあった。

ずっと読み進めて行くと、最後の方の日記に

『ちょっとはにかみ屋さんだけど、とてもいい子。

あの子なら、命を懸けてでも守れる自信がある。

○○ちゃんを私に託してくれた△△(実母の名前)さん、本当にありがとうございます』

継母はこの日記を書いた数日後に、命と引き換えに私を守ってくれた。

いつだってとても優しい目で私を見てくれていた。

いつも私の目線と同じ高さになるよう、中腰になって話し掛けてくれた。

そんな気持ちはちゃんと伝わって来ていたのに、私はあの人に何一つしなかった。

愛情を貰いっぱなしで、それに応えなかった。

私は愛情どころか、あの人の命まで奪ってしまった。

日記を読んで初めて、私は「お母さん!」と大声で叫んだ。

そして声が出なくなるまで「ごめんね、ごめんね」と言って泣いた。

ぐしゃぐしゃになって泣いても、後悔ばかりで気持ちは晴れなかった。

年月が過ぎても、私は今だに『母』に対して申し訳ない気持ちで一杯だ。

数十年経った今でも、夏になる度に思い出す。

夕焼け(フリー素材)

大きな下り坂

夏休みに自転車でどこまで行けるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。 国道をただひたすら進んでいた。途中に大きな下り坂があって、自転車はひとりでに進む。 ペダル…

飛行機雲(フリー写真)

きっと天国では

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。 ルフトハンザの国内線に乗ってフランクフルト上空に居た時、隣に座っていたアメリカ人のじい様に話し掛けられた。 日本は良い国…

恋人同士(フリー写真)

抱き締められなかった背中

私が中学生の時の話です。 当時、私には恋人のような人が居た。 『ような』というのは、付き合う約束はしていたけど、まだ付き合い始めていない状況だったため。 子供ながらに…

黒猫(フリー写真)

黒猫の赤ちゃん

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられていた。 両目とも膿でくっついていて、見えていない様子。 どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やはり飼っては駄目…

祖母の手(フリー写真)

おばあちゃんの深い愛

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。 俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。 あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。…

ゲームセンター(フリー写真)

嬉しそうな笑顔を

うちのゲーセンに、毎日のように来ていたお前。 最近全然見ないと思ったら、やっと理由が判ったよ。 この前、お前の母ちゃんが便箋を持って挨拶に来たんだよ。 こちらで良くお…

花(フリー写真)

母心

ちょっとした事で母とケンカした。 3月に高校を卒業し、4月から晴れて専門学生となる私は、一人暮らしになる不安からか、ここ最近ずっとピリピリしていた。 「そんなんで本当に一人…

桜(フリー写真)

進学を願ってくれた母

僕の家は兄弟三人の母子家庭です。 母子家庭という事もあり、母は何も言わなかったけど家庭は火の車でした。 電気が止まった時も。 ガスが止まった時も。 中学の校納金…

父(フリー写真)

父が居たら

自分は父の顔を知らない。 自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。 母に、 「お父さんの名前、なんて―の?」 「お父さんの写真、見して!」 「お父さん、メ…

チューリップ(フリー写真)

立派なお義母さん

結婚当初は姑と上手く噛み合わず、会うと気疲れしていた。 意地悪されたりはしなかったけど、気さくでよく大声で笑う実母に比べ、足を悪くするまでずっと看護士として働いていた姑は喜怒哀楽…