指切り

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

指切り(フリー写真)

「いっぱいの幸せをありがとう。

私は幸せ者だ。

だって最期にあなたの顔を見られたから。

これも日頃の何とやらなのかな?」

病室のベッドで手を握りながら彼女は言う。

「最期って何だよ。

お前は死なない、そうだろ?」

泣きながらそう返す僕を見て、笑いながら

「○○、前に言ってたよね?

私が先に死んだら俺も後追うよって」

震えた声で彼女が言う。

「ああ、すぐに行くから先行って待っててな!」

俺は本気で返した。

彼女が居ない世界なんて、きっと色の無い世界と同じだと思うから。

「ありがとう。

でも、絶対に来ないで。

その言葉が聞けただけで私は満足だよ。

あぁ、幸せだなぁ。

いい?

あなたは絶対に違う人を見つけて幸せになってね?

私の事は忘れて下さい。

大好きなあなたの足枷にはなりたくないの。

絶対に私の後を追わないで!!

約束しないと化けて出ちゃうよ?(笑)」

返事が出来なかった。

ここで返事したら、彼女がもうすぐ死ぬ事を認めてしまうようで怖かった。

頭では理解しているつもりだが、本当に認めたくなかったのだ。

「ゆーびきーりげーんまんうーそついたら…」

そう掠れた声で言いながら、彼女は天国へ旅立ちました。

あれから2年。

好きな人は出来ないや。

だってお前じゃなきゃ意味ないもん。

お前とじゃなきゃ楽しくないもん。

でもな、後を追おうと思ったけど、約束を守って追わなかったよ。

俺まで死んだら、お前との思い出がこの世界から消えてしまうから。

辛いよ、毎日本当に辛いよ。

いつかは俺もそちらに行きます。

その時はいっぱいいっぱい話をしようね?

いっぱいいっぱい抱きしめて、

いっぱいいっぱい頭撫でて、

いっぱいいっぱいキスをしよう。

幸せをありがとう。

あと少し頑張って、這いつくばってでも、生きてみます。

関連記事

アスレチックで遊ぶ双子(フリー写真)

兄ちゃんはヒーローだった

兄ちゃんは、俺が腹が減ったと泣けば、弁当や菓子パンを食わせてくれた。 電気が点かない真っ暗な夜は、ずっと歌を唄って励ましてくれた。 寒くて凍えていれば、ありったけの毛布や服…

病院(フリー背景素材)

二つ目のセーブデータ

ゲームボーイの『Sa・Ga2 秘宝伝説(以下、サガ2)』は思い出のソフトなんだ…。 今でもよく思い出しては切なくなっています。 ※ 俺さ、生まれた時から酷い小児喘息だったのよ…

空港(フリー写真)

空港の約束

俺が25歳くらいの時の話。 当時働いていた職場に二つ年下の女の子が居て、めっちゃいい子だった。 当時はお互い恋人が居たから付き合えなかったけど、お互いかなり意識はしていたと…

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…

ろうそくの火(フリー写真)

ろうそくの火と墓守

急な坂をふうふう息を吐きながら登り、家族のお墓に着く。 風が強いんだ、今日は。 春の日差しに汗ばみながら枯れた花を除去して、生えた雑草を取り、墓石を綺麗に拭く。 狭い…

ご縁の糸(フリー写真)

風変わりなアピール

30歳になる少し前に離婚した。 その一年半後に現在の妻を紹介された。 高校を出て7年間、妻は俺の祖母の兄が営む田舎町の店舗に勤めていた。 安い給料なのに真面目に働く良…

夕日とカップル(フリー写真)

優しい貴方へ

元気ですか。 今、何処に居ますか。 生きていますか。 悪い事はもうしていませんか。 貴方と離れてから7年が経ちました。 貴方は私に言いました。 「沢…

バス停(フリー写真)

親切な彼女

バスで二人座席に座っていた学生風のカップル。 車椅子の人が乗ろうとした途端、彼女の方がすっと立ち上がって、彼氏に荷物を渡し、運転手が車椅子を乗せるお手伝いをしていた。 その…

恋人同士(フリー写真)

彼女のために出来ること

まだ一年程前の事です。 彼女がこの世を去りました。病死です。 その彼女と出会ったのは7年前でした。彼女はその頃、大学1年生でした。 彼女には持病があり、 「あと…

新婦(フリー写真)

父が隠していた物

友人(新郎)の結婚披露宴での出来事。 タイムスケジュールも最後の方、新婦の父親のスピーチ。 ※ 「明子。明子が生まれてすぐ、お前のお母さんは病気で亡くなりました。 お前…