幸せなことは何度でもある

夫婦(フリー写真)

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。

2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。

そしたら旦那がメールが届いた。

『好きで好きでたまらない貴方と結婚できて嬉しかった。

子供が俺たちの間に生まれて来てくれて嬉しかった。

でも、障害があることが判って、貴方は苦しんでるね。

子供はきっと世界一、幸せだと思うよ。

貴女とオレの子だから。

人より遠回りするかも知れない。ゆっくり成長するかも知れない。でもその分、色んなものが見られるよね。

二人三脚でしっかり歩いて行こうよ!

本日の幸せ…。

子供が「ママ~すき!」と言えた。

早朝5時の有り得ない時間に起きて、3人で行った散歩、思いのほか楽しかったな。

夕飯のぶり大根、美味かった!

3人で入った狭いギューギューのお風呂、たまにはいいもんだ。

なっ!今日だけでこんなにいっぱい楽しい事あったろ? 明日はどんな幸せあるかな。

なっ、ママ。

最後に、子供が寝たらDVD観よ!奮発して買って来たぞ!ママの好きな「古畑」だよ。もう一個幸せ増えたな。

辛いことは、日にそう何回もあるもんじゃない。楽しいこと、幸せなことは日に何度でもある。

ママ、一緒に乗り越えような!』

これを見て立ち直り、しっかり受け止めて約束通り、二人三脚で楽しく過ごしています。

柿(フリー写真)

果物の命

昔、24時間営業のスーパーで働いていた。 この時期はただえさえ寒い上に、店内に冷房が効いていて凄く寒かったな。 それはさておき、その年は柿が凄く美味しかったんですよ。 …

犬(フリー写真)

大切な家族

家で可愛がっていた犬が亡くなって、もう何年経っただろう…。 まだ私も子育て中で、小さい子供を2人育てていたので毎日がバタバタだった時のことだ。 旦那が、番犬になるし子供たち…

ナースステーション(フリー写真)

最強のセーブデータ

俺が小学生だった時の話。 ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。 俺は車と軽く接触し、入院していた。 同じ病室には、ひろ兄という患者が居た。 ひろ兄は俺と積極…

天国(フリー素材)

天国のおかあちゃんへ

もう伝わらないのは解っているけど、生きている内に伝えられなかった事を今、伝えるね。 まずは長い闘病生活、お疲れ様。最後まで絶対に諦めなかったおかあちゃんの姿、格好良かったよ。 …

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

老夫婦(フリー写真)

夫婦の最期の時間

福岡市の臨海地区にある総合病院。 周囲の繁華街はクリスマス商戦の真っ只中でしたが、病院の玄関には大陸からの冷たい寒気が、潮風となって吹き込んでいたと思います。 そんな夕暮れ…

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

夕日(フリー写真)

生きることの大切さ

ガンダム芸人の若井おさむさん。 彼は幼い頃から日常的に、兄と母親から相当な虐待を受けていました。 それは彼が20代前半の頃までずっと続きました。 それに耐えかねた若…