幸せなことは何度でもある

夫婦(フリー写真)

結婚5年目に、ようやく待ちに待った子供が産まれた。

2年経って子供に障害があることが判明し、何もかもが嫌になって子供と死のうと思った。

そしたら旦那がメールが届いた。

『好きで好きでたまらない貴方と結婚できて嬉しかった。

子供が俺たちの間に生まれて来てくれて嬉しかった。

でも、障害があることが判って、貴方は苦しんでるね。

子供はきっと世界一、幸せだと思うよ。

貴女とオレの子だから。

人より遠回りするかも知れない。ゆっくり成長するかも知れない。でもその分、色んなものが見られるよね。

二人三脚でしっかり歩いて行こうよ!

本日の幸せ…。

子供が「ママ~すき!」と言えた。

早朝5時の有り得ない時間に起きて、3人で行った散歩、思いのほか楽しかったな。

夕飯のぶり大根、美味かった!

3人で入った狭いギューギューのお風呂、たまにはいいもんだ。

なっ!今日だけでこんなにいっぱい楽しい事あったろ? 明日はどんな幸せあるかな。

なっ、ママ。

最後に、子供が寝たらDVD観よ!奮発して買って来たぞ!ママの好きな「古畑」だよ。もう一個幸せ増えたな。

辛いことは、日にそう何回もあるもんじゃない。楽しいこと、幸せなことは日に何度でもある。

ママ、一緒に乗り越えような!』

これを見て立ち直り、しっかり受け止めて約束通り、二人三脚で楽しく過ごしています。

関連記事

手編みのマフラー(フリー写真)

オカンがしてくれたこと

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。 そんな家だった。 ※ そんな俺の15歳の誕生日。 オカンが顔に微笑みを浮かべて、…

猫の親子(フリー写真)

親猫

家の裏に同じ猫が、よく通っていた。 痩せていたので、残飯を少し置いてあげた。 私自身、あまり動物が好きではない。 以前は子供のためにウサギを家で飼ったが、そのせいで…

差し伸べる手(フリー写真)

俺を育ててくれた兄貴

俺を育ててくれた兄貴が正月に結婚したんだ。 兄貴と言っても、血は繋がっていないけれど。 ※ 自分が5歳の時に親父が死んでから、母親が女手一つで育ててくれた。 親父と結婚…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

皆からもらった命

母は元々体が弱く、月に一回定期検診を受けていた。 そこで、私が出来たことも発覚したらしい。 母の体が弱いせいか、私は本来赤ちゃんが居なくてはいけない所に居らず、危ない状態だ…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。 大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。 …

結婚指輪(フリー写真)

会社対抗クイズ

近所に住んでいるご夫婦の話です。 その夫婦には子供が居らず、そのせいか私は子供の頃から可愛がってもらっていました。 おじさんは無口な土建屋の事務員。おばさんは自宅で商売をし…

教室(フリー写真)

先生の決心

俺のばあちゃんから聞いた、ばあちゃんの小学生時代の話をする。 ばあちゃんが小学5年生の時の担任の先生、島田先生はとても良い先生だったそうだ。 とても熱心で生徒思いの先生だ…

お弁当(フリー写真)

母ちゃんの弁当

中学1年生くらいの時は反抗期で、ちょっとツッパっていたりした。 「親の作った弁当なんかダサくて食えるか。金よこせよ、コンビニで買うから!」 と母ちゃんに言ったことがあってさ…

空(フリー写真)

才能の代わりに

小学生の時、少し知恵遅れのA君が居た。 足し算、引き算などの計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵がとても上手な子だった。 彼はよく空の絵を描いた。抜けるような色合いには…