死の淵にいた私を救ってくれた妻

公開日: 夫婦 | 心温まる話

救急車(フリー写真)

私はあの日、緊急搬送されました。

生まれて初めて救急車に乗りました。

心臓の3分の2は停止していたそうです。

今から7年前の事を書きます。

私はフィールドエンジニアの仕事をしています。

客先に訪問し、インターネット設定やパソコンの新規設定などをする仕事です。

ちょうど年末年始の時期、多忙で毎日の平均睡眠時間が3~4時間くらいで休みなく稼働していました。

階段を上るにも、手すりにしっかり掴まらないと上れない状態でした。

それも仕事の過労のせいだろうと思っていました。

また、別に激しい運動をしている訳でもないのに、呼吸が早くなっていました。

寝る時は、横になると更に苦しくなりました。

その日は珍しくパソコンの納品が早く終わったので、

時間ができたので念のため病院へ行き、処方箋を出してもらおうと思いました。

医療関係に勤めている方は、上記の症状から私の状況を推測できるかもしれません。

しかし当時の私には全く自覚症状がありませんでした。

何せ当日まで普通に仕事をしていましたから。

私は呼吸器系の病院へ行き、診察していただきました。

レントゲン検査をした途端、病院の対応が一変しました。

急にベッドに横になるよう指示され、そのまま暫く待つように言われました。

正直、何が起こっているのか私には分かりませんでした。

暫くすると救急車のサイレン音が聞こえてきました。

どうやら私をお迎えに来たようでした。

そこで初めて、これから専門の病院へ行って治療してもらいますと説明されました。

ここで人生初となる救急車に乗る事になりました。

救急車の中には色々な機械が複雑に配置されていました。

そこのベットに固定されるのですが、寝ながら車が移動するので何か妙な感じでした。

救急隊員さんが定期的に、私に名前を言うよう求めました。

はっきりと意識はあったのですが、車酔いで段々と気分が悪くなって行きました。

これは運転が荒いという訳ではなく、単に私が車酔いをしたということですが。

しかし、そこで不思議な感覚に囚われました。

私のベットの隣に妻が居るように感じたのです。

そんな事は、有り得ないはずなのですが….。

はっきりと、私に寄り添うように、確かにそこに居るのを感じました。

妻は、8年前に乳がんでこの世を去っていたのです。

私が集中治療室から一般病棟に移った時、

私のベットの隣の白い壁に、一瞬ですが女性のシルエットが見えた気がしました。

妻がまだ心配して私の傍に居てくれているのだと思いました。

後で聞いた話では、身体中に血栓が出来ていたそうです。

薬治療で血栓や肺に溜まった水を出した事で、退院時の体重が10キロも少なくなっていました。

おかげさまで後遺症もなく、今は普通に仕事が出来ています。

これは亡くなった妻が私を助けてくれたからと思っております。

今でも妻には感謝していますし、愛しています。

投稿者: Yama様

関連記事

エプロン(フリーイラスト)

母のエプロン

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。 「いつもありがとう」という言葉を添えて、プレゼントを渡したかった。 でも照れ臭いし、もし選んだプレゼントが気に入ってもらえなかっ…

白打掛(フリー写真)

両親から受けた愛情

先天性で障害のある足で生まれた私。 まだ一才を過ぎたばかりの私が、治療で下半身全部がギプスに。 その晩、痛くて外したがり、火の点いたように泣いたらしい。 泣き疲れてや…

浜辺の母娘(フリー写真)

天国へ持って行きたい記憶

『ワンダフルライフ』という映画を知っていますか? 自分が死んだ時にたった一つ、天国に持って行ける記憶を選ぶ、という内容の映画です。 高校生の頃にこの映画を観て、何の気無しに…

オフィスの机(フリー写真)

膝枕

昔、飲み会があるといつも膝枕をしてくれる子が居たんだ。 こちらから頼む訳でもなく、何となくしてもらう感じだった。 向こうも嫌がるでもなく、俺を膝枕しながら他の奴らと飲んでい…

結婚式(フリー写真)

一生忘れない結婚式

本人から聞いたのか共通の友人から聞いたのかあやふやだけど、その子は物心付く前にお母さんが亡くなって、父親に育てられたという話は耳にした事があった。 結婚式後に聞いた話だけど、何か…

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…

秘密

豊かさの秘密

アメリカのとある大富豪が、十人のエージェントにある事を世界中で調査するように命じました。 それは「貧乏人が必ず金持ちになる方法はあるか」「金持ちが金持ちで居続けることができる方…

ラムネ(フリー写真)

笑顔でいるんだ

俺が小学生の頃、家のすぐ近くにお好み焼屋があったんだ。 その店はお婆さんが一人でやっているお店で、細々と続いていた。 俺はその頃いじめられててさ、でも家に帰っても家族には何…

老夫婦(フリー写真)

夫婦の最期の時間

福岡市の臨海地区にある総合病院。 周囲の繁華街はクリスマス商戦の真っ只中でしたが、病院の玄関には大陸からの冷たい寒気が、潮風となって吹き込んでいたと思います。 そんな夕暮れ…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…