プライド

公開日: 恋愛 | 悲しい話

雪(フリー写真)

私には自分で決めたルールがある。

自分が悪いと思ったらすぐに『ごめんなさい』と言うこと。

私は元々意地っ張りで、自分が悪いと思っても『ごめんなさい』の一言が出ない。

小さな頃から勝気で、三つ上の兄とも同等にケンカして、必ず兄が折れるまで謝ったことはなかった。

通知表の担任欄にも、

『意思が強いのは良いところ。意地っ張りは悪いところ』

と堂々と書かれていて、母も手を焼いていた。

当時、付き合っていた彼氏ともそうだった。

ケンカをしても絶対に折れることがなく、彼がいつも折れてくれることで修復されていた。

クリスマスイブにも、大ゲンカをした。

原因は私。

でも、意地っ張りな私。

悪いと思っても、なかなか『ごめんなさい』が言い出せなかった。

彼氏もほとほと疲れたのだろう。

いつもなら『分かった、分かった』と和ませてくれるのに、その日は違った。

「もういいよ」

と一言だけ言い放ち、バイクで一人、さっさと帰ってしまった。

意地っ張りな私。

その場でごめんなさいが言えなかったから、当然電話を出来る勇気もなく、メールで謝る事も出来ず、あっと言う間に日付けが変わった。

ホワイトクリスマスになった夜中になっても彼からの連絡はなく、それに怒ってしまった自分勝手な私。

自宅に女友達を呼び、クリスマスパーティーをして騒いだ。

今でもよく覚えている。

しんしんと降り積もった雪のせいで、深夜でも明るい夜空の中。

私の携帯のバイブレーションの音が、妙に部屋に響いた。

彼のお母さんからの着信だった。

私と別れた帰り道、信号無視して来たトラックに跳ねられ、そのまま命を落とした。

頭の中は真っ白だった。

ほんの何時間前まで一緒に居て、

いつものようにケンカしちゃって、

『ごめんなさい』が言えなくて、

無我夢中で病院に駆け付けて、

何度も何度も叫んだ。

『ごめんなさい』

『ごめんなさい』

『ごめんなさい』

今更言っても遅いのに。彼が戻って来ることもないのに。

私がちゃんと謝っていれば、彼がこんな事にならなくて済んだ。

私が素直になれていれば、まだ彼と一緒に居る時間だった。

『もういいよ』

それが、彼との最後に交わした言葉。

『ごめんなさい』の一言が言えずにいた私のちっぽけなプライドのせいで、彼は亡くなった。

暫くはどんな風に毎日生活していたかは記憶にない。

そんな私に、彼のお母さんが彼が使っていた携帯を見せてくれた。

そこには未送信メール1件。

『むくれてるお前も好きだけど、素直な笑ってるお前が好きだよ』

あれから十年が経った。

もちろん一日も彼のことを忘れた日はない。

今でもクリスマスの時期を迎えたり、携帯のバイブレーションの音を聞くと、あの日のことを鮮明に思い出す。

彼が命懸けで教えてくれたこと。

悪いと思ったら、

『ごめんなさい』

と意地を張らず素直になること。

これだけは絶対守る。

私の生きて行くルール。

母の手を握る赤子(フリー写真)

母の想い

彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 17歳の時、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり死の淵から…

カップル(フリー写真)

秘密で手話を

待ち合わせた彼女を待っていて見かけたのは、大学生風のカップルだった。 男の子が女の子の正面に立って、何かしきりに手を動かしていた。手話だ。 彼はやっと手話を覚えたこと、覚え…

オフィスの机(フリー写真)

膝枕

昔、飲み会があるといつも膝枕をしてくれる子が居たんだ。 こちらから頼む訳でもなく、何となくしてもらう感じだった。 向こうも嫌がるでもなく、俺を膝枕しながら他の奴らと飲んでい…

戦闘機(フリー写真)

海行かば

このお話は8年程前、九州の西日本新聞に掲載され、映画化もされました。 ご存知の方も多いはずです。特繰出身の学徒兵の方々のお話です。 当時東京に居た私は、銀座の東映に軽い気持…

手のひら(フリー写真)

出会い

昔、美術館でバイトをしていた。 その日の仕事は、地元の公募展の受け付け作業。 一緒に審査員の先生も一人同席してくれる。 その時に同席してくれたのは、優しいおじいちゃん…

青空(フリー写真)

命懸けの呼び掛け

宮城県南三陸町で、震災発生の際に住民へ避難を呼び掛け、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが判りました。 亡くなられた町職員の遠藤未希さんの呼び掛けが全て収録…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女に宛てた手紙

ゆいへ なあ、俺もうダメみてぇだ。 何でだ? お前に出会うまでは死にたいぐらい毎日が退屈だった。 でも今は俺すげえ生きたい。 何で病気に勝てねえんだろ? …

犬(フリー写真)

サチへ

前の飼い主の都合で初めて我が家に来た夜、お前は不安でずっと鳴いていたね。 最初、お前が我が家に慣れてくれるか心配だったけど、少しずつ心を開いてくれたね。 小学生の時、空き地…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

桜(フリー写真)

優しい彼の嘘

私には付き合って一年の彼氏がいました。 その彼氏(Sとします)には持病があり、心臓を患っていました。 一緒にご飯を食べていると胸を押さえて苦しがったり、偶に倒れたり、何度も…