見守ってる

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

女性(フリー写真)

昨日、恋人が死んだ。

病気で苦しんだ末、死んだ。

通夜が終わり、病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛の手紙が入っていた。

そこには、

『わたしの人生は普通の人よりも短かった。だけど○○君と一緒に過ごせたことで、普通の人よりもずっと幸せな日々を送れた』

と書いてあった。

お前、そんなこと今更言うなよ。

死んだ後だよ、もう遅いんだよ。

最後の方はろくに起き上がれもしなかった癖に、弱々しい字で必死で書いて

『よし、○○君のことずっと見守ってる』

と書いてあった。

お前な、俺だってまだ言いたいこと沢山あったんだよ。

だから、生き返って来いよ。

愛の言葉って、もっと生きているうちに伝えるべきだろ。

だからもう一度、生きていた時の、その声で話してくれよ。

今になってこんなこと知らされたって、もう泣くしかねえだろ。

やっとその手紙を読み終わったと思ったら、最後に、

『わたしの事は忘れて、他の人と幸せになって欲しい』

と書いてあった。

もうふざけんなよ!

あのなあ、俺はお前が本当に死んだなんて信じらんねーんだよ。

得意げな顔して何が『見守ってる』だ。

お前は本当にこの世に居ないのか?

これは全部質の悪い夢で、本当はどこかで生きてるんじゃねえか?

独り残された俺から言わせてもらえば、今お前に対してできる供養は、やっぱりお前を忘れないことしかない。

例え爺さんになって呆けたとしても、お前のことをずっと想い続ける。

それじゃ恋人が二度と出来ないかもしれないって?

お前以上との恋愛できる訳ねえし、そんなの必要ねえよ。

まあ、お前みたいな寂しがり家は、俺がいつかそっちに行くまで待ってなさいってね。

それしか言えない。

だから首長くして待ってろってこと。

お前はそっちで笑って待ってろ。

そこは、苦しまなくていいとこなんだろ?

どうなんだよ、答えてくれよ。

ふざけんなよ。

関連記事

夕日と花を掴む手(フリー写真)

泣くな

ある日、教室へ行くと座席表が書いてあった。 私の席は廊下側の前から二番目。彼は窓側の一番後ろの席。離れてしまった。 でも同じクラスで本当に良かった。 ※ クラスに馴染ん…

ジッポ(フリー写真)

ジッポとメンソール

俺は煙草は嫌いだ。でも、俺の部屋には一個のジッポがある。 ハートをあしらったデザインは俺の部屋には合わないけど、俺はこのジッポを捨てる事は無いだろう。 一年前。いわゆる合コ…

アスレチックで遊ぶ双子(フリー写真)

兄ちゃんはヒーローだった

兄ちゃんは、俺が腹が減ったと泣けば、弁当や菓子パンを食わせてくれた。 電気が点かない真っ暗な夜は、ずっと歌を唄って励ましてくれた。 寒くて凍えていれば、ありったけの毛布や服…

玩具にじゃれる白猫(フリー写真)

待っていてくれた猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭に居た。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

家族の手(フリー写真)

いつかの日曜日

私が4歳の時、父と母は離婚した。 当時は祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。 母は出て行く日に私を実家へ連れて行った。 家具や荷物が沢山置いてあって、叔母の…

祖母の手(フリー写真)

おばあちゃんの深い愛

幼い頃から両親が共働きで、俺の面倒を見てくれたばあちゃん。 俺は癇癪持ちだったからめちゃくちゃ怒られたけど(笑)。 あまりにも怒らせると、トイレに閉じ込められたりもした。…

バー(フリー写真)

大好きな姉

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。 初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は 「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」 …

結婚式の花嫁さん(フリー写真)

お父さんよりいい男

私の小さい頃の夢は、お父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して、嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだった…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

公園と夕暮れ(フリー写真)

大好きな芸人

芸人の江頭さんがとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた車椅子の女の子がそのロケを見ていた。 ロケが終わり、その車椅子の女の子は江頭さんに 「…