見守ってる

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

女性(フリー写真)

昨日、恋人が死んだ。

病気で苦しんだ末、死んだ。

通夜が終わり、病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛の手紙が入っていた。

そこには、

『わたしの人生は普通の人よりも短かった。だけど○○君と一緒に過ごせたことで、普通の人よりもずっと幸せな日々を送れた』

と書いてあった。

お前、そんなこと今更言うなよ。

死んだ後だよ、もう遅いんだよ。

最後の方はろくに起き上がれもしなかった癖に、弱々しい字で必死で書いて

『よし、○○君のことずっと見守ってる』

と書いてあった。

お前な、俺だってまだ言いたいこと沢山あったんだよ。

だから、生き返って来いよ。

愛の言葉って、もっと生きているうちに伝えるべきだろ。

だからもう一度、生きていた時の、その声で話してくれよ。

今になってこんなこと知らされたって、もう泣くしかねえだろ。

やっとその手紙を読み終わったと思ったら、最後に、

『わたしの事は忘れて、他の人と幸せになって欲しい』

と書いてあった。

もうふざけんなよ!

あのなあ、俺はお前が本当に死んだなんて信じらんねーんだよ。

得意げな顔して何が『見守ってる』だ。

お前は本当にこの世に居ないのか?

これは全部質の悪い夢で、本当はどこかで生きてるんじゃねえか?

独り残された俺から言わせてもらえば、今お前に対してできる供養は、やっぱりお前を忘れないことしかない。

例え爺さんになって呆けたとしても、お前のことをずっと想い続ける。

それじゃ恋人が二度と出来ないかもしれないって?

お前以上との恋愛できる訳ねえし、そんなの必要ねえよ。

まあ、お前みたいな寂しがり家は、俺がいつかそっちに行くまで待ってなさいってね。

それしか言えない。

だから首長くして待ってろってこと。

お前はそっちで笑って待ってろ。

そこは、苦しまなくていいとこなんだろ?

どうなんだよ、答えてくれよ。

ふざけんなよ。

結婚式(フリー写真)

二人目の子供

俺が結婚したのは20歳の頃だった。当時、妻は21歳。学生結婚だった。 二年ほど貧乏しながら幸せに暮らしていたのだが、ある時、妊娠が発覚。 俺は飛び上がるくらい嬉しく、一人で…

ちゃぶ台(フリー写真)

色褪せた家族写真

一昨年、ばあちゃんが死んだ。 最後に会ったのは、俺が中学生の時だったかな。 葬式の為に20年越しで、ばあちゃんの住んでいた田舎に行った。 次の日、遺品の整理をする為に…

飲食店の席(フリー写真)

ファミレスの父娘

ファミレスで一人ご飯を食べていたら、前のテーブルからおっさんと女子高生の会話が聞こえて来た。 おっさんはスーツ姿で普通の中年。痩せていて、東幹久さんに似た雰囲気。会話の流れから父…

妊婦さん(フリー写真)

私の宝物

中学2年生の夏から一年間も入院した。 退院して間もなく高校受験。 高校生になると、下宿生活になった…。 高校を卒業して就職。 田舎を飛び出して、会社の寮に入った…

眠る犬(フリー写真)

飼い犬との別れ

今年の元旦の事だった。 僕の実家にはKという犬が居た。 Kは僕が大学の頃に飼い始めて、かれこれ14年。 飼い始めの頃はまだちっちゃくて、公園に散歩に連れて行っても、懸…

誕生日ケーキ(フリー写真)

父への反抗期

これは反抗期の頃の話なのだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育って来た私は、父親と二人暮らしをしていた。 父は友達や親戚から見ても、誰から見ても、私を大事に…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

当たり前の日常

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。 周りがカップルに間違えるほどの仲でした。 私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。 今思うと、その前…

猫の寝顔(フリー写真)

猫が選んだ場所

物心ついた時からずっと一緒だった猫が病気になった。 いつものように私が名前を呼んでも、腕の中に飛び込んで来る元気も無くなり、お医者さんにも 「もう長くはない」 と告げ…