見守ってる

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

女性(フリー写真)

昨日、恋人が死んだ。

病気で苦しんだ末、死んだ。

通夜が終わり、病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛の手紙が入っていた。

そこには、

『わたしの人生は普通の人よりも短かった。だけど○○君と一緒に過ごせたことで、普通の人よりもずっと幸せな日々を送れた』

と書いてあった。

お前、そんなこと今更言うなよ。

死んだ後だよ、もう遅いんだよ。

最後の方はろくに起き上がれもしなかった癖に、弱々しい字で必死で書いて

『よし、○○君のことずっと見守ってる』

と書いてあった。

お前な、俺だってまだ言いたいこと沢山あったんだよ。

だから、生き返って来いよ。

愛の言葉って、もっと生きているうちに伝えるべきだろ。

だからもう一度、生きていた時の、その声で話してくれよ。

今になってこんなこと知らされたって、もう泣くしかねえだろ。

やっとその手紙を読み終わったと思ったら、最後に、

『わたしの事は忘れて、他の人と幸せになって欲しい』

と書いてあった。

もうふざけんなよ!

あのなあ、俺はお前が本当に死んだなんて信じらんねーんだよ。

得意げな顔して何が『見守ってる』だ。

お前は本当にこの世に居ないのか?

これは全部質の悪い夢で、本当はどこかで生きてるんじゃねえか?

独り残された俺から言わせてもらえば、今お前に対してできる供養は、やっぱりお前を忘れないことしかない。

例え爺さんになって呆けたとしても、お前のことをずっと想い続ける。

それじゃ恋人が二度と出来ないかもしれないって?

お前以上との恋愛できる訳ねえし、そんなの必要ねえよ。

まあ、お前みたいな寂しがり家は、俺がいつかそっちに行くまで待ってなさいってね。

それしか言えない。

だから首長くして待ってろってこと。

お前はそっちで笑って待ってろ。

そこは、苦しまなくていいとこなんだろ?

どうなんだよ、答えてくれよ。

ふざけんなよ。

関連記事

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

繋がれた手(フリー写真)

彼との最後の夜

一年間、同棲していた彼が他界した。 大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。 本当に突然の出来事だった。 ※ その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。 しかし…

恋人(フリー写真)

一番大切な人

当時21歳の私と倫子は、その日ちょっとしたことで喧嘩をしてしまった。 明らかに私が悪い理由で。 普段なら隣同士で寝るのに、この日は一つの部屋で少し離れて寝た。 ※ 19…

カップル(フリー写真)

大好きだった彼

あれは今から1年半前。大学3年になりたての春。 大学の授業が終わり、帰り支度をしている時に携帯が鳴った。 着信画面を見ると、彼の親友でした。 珍しいなと思って電話に出…

手を握る(フリー写真)

ごうちゃん

母が24歳、父が26歳、自分が6歳の時に両親は離婚した。 母が若くして妊娠し、生まれた自分は望まれて生を受けた訳ではなかった。 母は別の男を作り、父は別の女を作り、両親は裁…

猫(フリー写真)

愛猫との別れ

私がまだ高校生の冬、家で飼っている猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布を敷いた私の布団で。 五匹も産んだのですが、次々と飼い主が決まり、とうとう一匹だけになりました。 …

オフィスの机(フリー写真)

膝枕

昔、飲み会があるといつも膝枕をしてくれる子が居たんだ。 こちらから頼む訳でもなく、何となくしてもらう感じだった。 向こうも嫌がるでもなく、俺を膝枕しながら他の奴らと飲んでい…

猫の寝顔(フリー写真)

猫が選んだ場所

物心ついた時からずっと一緒だった猫が病気になった。 いつものように私が名前を呼んでも、腕の中に飛び込んで来る元気も無くなり、お医者さんにも 「もう長くはない」 と告げ…

誕生日ケーキ(フリー写真)

父への反抗期

これは反抗期の頃の話なのだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育って来た私は、父親と二人暮らしをしていた。 父は友達や親戚から見ても、誰から見ても、私を大事に…

空(フリー写真)

生まれつき

私は生まれつき足に大きな痣があり、それが自分自身でも大嫌いでした。 更に小学生の頃、不注意からやかんの熱湯をひっくり返してしまい、両足に酷い火傷を負ってしまいました。 それ…