見守ってる

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

女性(フリー写真)

昨日、恋人が死んだ。

病気で苦しんだ末、死んだ。

通夜が終わり、病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛の手紙が入っていた。

そこには、

『わたしの人生は普通の人よりも短かった。だけど○○君と一緒に過ごせたことで、普通の人よりもずっと幸せな日々を送れた』

と書いてあった。

お前、そんなこと今更言うなよ。

死んだ後だよ、もう遅いんだよ。

最後の方はろくに起き上がれもしなかった癖に、弱々しい字で必死で書いて

『よし、○○君のことずっと見守ってる』

と書いてあった。

お前な、俺だってまだ言いたいこと沢山あったんだよ。

だから、生き返って来いよ。

愛の言葉って、もっと生きているうちに伝えるべきだろ。

だからもう一度、生きていた時の、その声で話してくれよ。

今になってこんなこと知らされたって、もう泣くしかねえだろ。

やっとその手紙を読み終わったと思ったら、最後に、

『わたしの事は忘れて、他の人と幸せになって欲しい』

と書いてあった。

もうふざけんなよ!

あのなあ、俺はお前が本当に死んだなんて信じらんねーんだよ。

得意げな顔して何が『見守ってる』だ。

お前は本当にこの世に居ないのか?

これは全部質の悪い夢で、本当はどこかで生きてるんじゃねえか?

独り残された俺から言わせてもらえば、今お前に対してできる供養は、やっぱりお前を忘れないことしかない。

例え爺さんになって呆けたとしても、お前のことをずっと想い続ける。

それじゃ恋人が二度と出来ないかもしれないって?

お前以上との恋愛できる訳ねえし、そんなの必要ねえよ。

まあ、お前みたいな寂しがり家は、俺がいつかそっちに行くまで待ってなさいってね。

それしか言えない。

だから首長くして待ってろってこと。

お前はそっちで笑って待ってろ。

そこは、苦しまなくていいとこなんだろ?

どうなんだよ、答えてくれよ。

ふざけんなよ。

関連記事

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

空港(フリー写真)

空港の約束

俺が25歳くらいの時の話。 当時働いていた職場に二つ年下の女の子が居て、めっちゃいい子だった。 当時はお互い恋人が居たから付き合えなかったけど、お互いかなり意識はしていたと…

恋人(フリー写真)

彼女の遺言

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合っているカップルが居ました。 仲良しで、でも二人だけの世界を作っている訳ではなく、みんなと仲良くしていました。 私は女の方の一番の…

タクシー(フリー写真)

台風の日

タクシーの中でお客さんとどんな話をするか、平均で10分前後の短い時間で完結する話題と言えばやはり天気の話になります。 今日の福岡は台風11号の余波で、朝から断続的に激しい雨が降っ…

母(フリー写真)

母のビデオテープ

俺は小さい頃に母親を亡くしている。 それで中学生の頃は恥ずかしいほどグレた。 親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探していると、一本のビデオテープがあった。 俺は…

スケッチブック(フリー写真)

手作りのアルバム

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった。 だから写真の代わりに、母さんが色鉛筆で俺の絵を描いてアルバムにしていた。 絵は決して上手ではない。 た…

手を組む女性(フリー写真)

恋人からの手紙

昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。 そしたらなんか通夜が終わって、病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛ての手紙が入ってたんです。 で、よく…

ネックレス(フリー写真)

大好きなあなた

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。 小さい頃に何故かおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。 9歳の凄く元気なLと、12歳…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

カップル(フリー写真)

秘密で手話を

待ち合わせた彼女を待っていて見かけたのは、大学生風のカップルだった。 男の子が女の子の正面に立って、何かしきりに手を動かしていた。手話だ。 彼はやっと手話を覚えたこと、覚え…