見守ってる

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

女性(フリー写真)

昨日、恋人が死んだ。

病気で苦しんだ末、死んだ。

通夜が終わり、病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛の手紙が入っていた。

そこには、

『わたしの人生は普通の人よりも短かった。だけど○○君と一緒に過ごせたことで、普通の人よりもずっと幸せな日々を送れた』

と書いてあった。

お前、そんなこと今更言うなよ。

死んだ後だよ、もう遅いんだよ。

最後の方はろくに起き上がれもしなかった癖に、弱々しい字で必死で書いて

『よし、○○君のことずっと見守ってる』

と書いてあった。

お前な、俺だってまだ言いたいこと沢山あったんだよ。

だから、生き返って来いよ。

愛の言葉って、もっと生きているうちに伝えるべきだろ。

だからもう一度、生きていた時の、その声で話してくれよ。

今になってこんなこと知らされたって、もう泣くしかねえだろ。

やっとその手紙を読み終わったと思ったら、最後に、

『わたしの事は忘れて、他の人と幸せになって欲しい』

と書いてあった。

もうふざけんなよ!

あのなあ、俺はお前が本当に死んだなんて信じらんねーんだよ。

得意げな顔して何が『見守ってる』だ。

お前は本当にこの世に居ないのか?

これは全部質の悪い夢で、本当はどこかで生きてるんじゃねえか?

独り残された俺から言わせてもらえば、今お前に対してできる供養は、やっぱりお前を忘れないことしかない。

例え爺さんになって呆けたとしても、お前のことをずっと想い続ける。

それじゃ恋人が二度と出来ないかもしれないって?

お前以上との恋愛できる訳ねえし、そんなの必要ねえよ。

まあ、お前みたいな寂しがり家は、俺がいつかそっちに行くまで待ってなさいってね。

それしか言えない。

だから首長くして待ってろってこと。

お前はそっちで笑って待ってろ。

そこは、苦しまなくていいとこなんだろ?

どうなんだよ、答えてくれよ。

ふざけんなよ。

結婚式(フリー写真)

式場の奇跡

当時付き合ってた恋人(現在の嫁)が突然、心因性発声障害という病に罹りました。 当日は遊びに行く予定だったのですが、彼女の方からLINEで断りのメッセージ。 どんな些細な事で…

学校(フリー写真)

学生時代の思い出

俺が中学生の時の話。 当時はとにかく運動部の奴がモテた。 中でも成績が優秀な奴が集まっていたのがバスケ部だった。 気が弱くて肥満体の俺は、クラス替え当日から、バスケ部…

お手玉(フリー写真)

私のこと忘れないでね

遠い昔、私が小学4年生の頃の話です。 当時の僕は人見知りで臆病で、積極的に話しかけたりするのが出来ない性格でした。 休み時間、みんなは外に出て遊んでいても、僕は教室の椅子…

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…

バー(フリー写真)

大好きな姉

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。 初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は 「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」 …

手を繋ぐカップル(フリー写真)

最初で最後のキス

私が小学生の頃、初めて人を好きになりました。 上級生だったのですが、誰にでも分け隔てなく優しい人で、誰もが彼を好いていました。 そんな彼がどういう訳か、地味な私を好きになっ…

夕日(フリー写真)

祖父母からのお小遣い

自分には77歳のばあちゃんがいる。 数ヶ月前にじいちゃんが亡くなり、最近はあまり元気が無い。 ばあちゃんの家には車で20分程で行ける距離だから、父と定期的に行くようにしてい…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

オフィス(フリー写真)

秘密のお守り

初めて彼女に会ったのは、内定式の時。同期だった。 聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文か何かが賞を獲ったこともあるらしく、期待の新人ということだった。 ただ、ちょ…

学校(フリー背景素材)

たくちゃん

その人は一個上の先輩で、同級生や後輩からも『たくちゃん』と呼ばれていた。 初めて話したのは小学校の運動会の時。 俺の小学校は、全学年ごちゃ混ぜで行われる。俺は青組みだった。…