彼の真意

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛

恋人同士(フリー写真)

今年の5月まで付き合っていた彼の話。

料理が好きで、調理場でバイトをしていた。

付き合い始めの頃、私が作った味噌汁に、溶け残りの味噌が固まって入っていたことがあった。

飲み終えてから気付いて、恥ずかしさから

「どうして早く言わないの!?」

と怒った私に、

「好きな人が作ってくれたものは、みんな美味しいんだよ」

と言ってくれた。

彼は、よく美味しい料理を作ってくれた。

私よりかなり上手。

そのうち、私の料理がまずければ正直に、

「まずい」

と言うようになった。

「料理が上手になって欲しいから」

と言う。

料理する度に文句を言われるから、

『長く付き合うと、優しくなくなるんだなぁ』

なんて思って、せがまれても作らなくなった。

彼とは5月に別れた。

彼のことを好きかどうか分からなくなって。

彼は、優しかった。

彼から別れを切り出した。

私の気持ちに気付いていると思わなかった。

次第に冷たい態度を取って行っていたのだと思う。

自分の鈍感さに、非道さに気付いて泣いた。

何度も謝ったけど、彼への仕打ちは消えない。

好きな気持ちが離れて行くのを、彼はずっと気付いていた。

どうすることもできず、いつものように振る舞って、ついには自分から私を手放した。

望んでいないのに。

私よりずっとキツイ仕事をしているのに、

通って来てくれて、

料理を作ってくれて、

愛してくれた。

思えば、別れの数ヶ月くらい前から

「俺のこと好き?」

と聞くようになった。

冗談のつもりで、

「嫌い」

と言った私。

寂しそうな顔は演技だと思っていた。

今になって思う。

まずくても、不恰好でも、それでも私の手料理が良かったんだよね。

彼より料理が下手で、それを気にする私に、料理を教えようとして正直な感想を述べてくれていたんだよね。

なのにそのことに気付かず、努力もせず、手伝いもしないでご飯を作ってもらっていた。

ろくにお礼も言わなかった。

今更遅いけど、ごめんね。

こんな女が最初の彼女でごめんね。

こんな私を愛してくれて、本当にありがとう。

料理をすると彼が思い出される。

連絡をしたらきっとまた傷つけてしまう。

伝えたいけどもう伝えられない、感謝と後悔。

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

手を握る(フリー写真)

仲直り

金持ちで顔もまあまあ。 何より明るくて突っ込みが上手く、ボケた方が 「俺、笑いの才能あるんじゃね」 と勘違いするほど(笑)。 彼の周りには常に笑いが絶えなかった…

夕日とカップル(フリー写真)

優しい貴方へ

元気ですか。 今、何処に居ますか。 生きていますか。 悪い事はもうしていませんか。 貴方と離れてから7年が経ちました。 貴方は私に言いました。 「沢…

タクシーの後部座席(フリー写真)

母の気持ち

実家に帰省して、また帰る時の事。 俺は母子家庭で仕送りを貰っている癖に、冗談めかしに帰りのタクシー代と電車賃を頂戴と母にせがんだ。 すると母は、 「何言ってんの!うち…

浜辺を走る親子(フリー写真)

両親は大切に

人前では殆ど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっと頭が弱くて、よく家族を困らせていた。 思春期の俺は、普通とは違う母親がむかつ…

カップルと夕日(フリー写真)

国境と愛

彼女と俺は同じ大学だった。二人とも無事四年生になってすぐの4月、連日のように中国での反日デモがニュース番組を賑わしていた頃のこと。 中国人の彼女とはどうしても険悪なムードになるか…

放課後の黒板(フリー写真)

好きという気持ち

中学1年生の時、仲の良かったO君という男の子が居た。 漫画やCDを貸しっこしたり、放課後一緒に勉強したり、土日も二人で図書館などで会ったりしていた。 中学2年生になる前に、…

公園と夕暮れ(フリー写真)

大好きな芸人

芸人の江頭さんがとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた車椅子の女の子がそのロケを見ていた。 ロケが終わり、その車椅子の女の子は江頭さんに 「…

鉛筆と参考書(フリー写真)

厳しい母

私の母はとても厳しい。 身の回りの事は全て自分でやらされていた。 勉強も部活も一番じゃないと気が済まない。 定期テストで二番を取ると、 「二番は敗者の一番だ」…

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…