最強のセーブデータ

公開日: ちょっと切ない話 | 友情

ナースステーション(フリー写真)

俺が小学生だった時の話。

ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。

俺は車と軽く接触し、入院していた。

同じ病室には、ひろ兄という患者が居た。

ひろ兄は俺と積極的に遊んでくれた。

そしてその遊びは、全部面白かった。

中でも良く遊んでくれたのが、ゲームボーイのドラクエだ。

ひろ兄「ほらカズくん、ここでAボタン押してごらん」

俺「え? 敵いなくなったよ? 僕がたおしたの?」

ひろ兄「そうだよ、カズくん凄いね!」

ひろ兄は、どんなに俺が下手な操作をしても凄いとフォローしてくれた。

俺はそんなひろ兄がとても好きだった。

しかし、別れの日が来た。

ひろ兄「今日でお別れだね、カズくん。退院できて良かったね!」

俺「……………」

母「お兄ちゃんと早くお別れしなさい」

俺「……ひろ兄、バイバイ……」

母「さあ、行きましょう」

俺「……僕とひろ兄のセーブデータ、最強にしといてね!約束だよ!あと…、また遊ぼう!」

俺は最後にひろ兄にそう言って、退院した。

そして四年後。

俺はひろ兄に会うために、あの病院へ行った。

しかし、ひろ兄の病室がない。そこで俺は、看護婦さんに聞いてみた。

俺「すいません、ひろ兄の病室はどこですか?」

その言葉を言った瞬間、周りの空気が凍った。

看護婦「まさか、カズくん?」

看護婦「………もう、ひろ兄の病室はないのよ」

その時、俺はひろ兄がもう退院したのかと信じていた。

しかしそれは大きな間違いだった。

俺「もう退院したんですか?」

看護婦「ひろ兄は、もう居ないのよ…」

信じられなかった。

だからショックも何もなかった。

俺「そうですか…じゃあ帰ります」

看護婦「ちょっと待って。渡したい物があるの…。ひろ兄が渡して欲しいって…」

そう言って看護婦さんが渡してくれたのは、昔ひろ兄と遊んだゲームボーイとドラクエだった。

家に持ち帰ってすぐにドラクエを始めた。

セーブデータが一つあって、そのデータを始めた。

そのデータには最強の主人公が居た。

そしてラスボスの前、ボスが倒されていなかった。

泣いた。

声を上げて泣いた。

俺にラスボスを倒させようと、残してくれたのだ。

俺は今もそのゲームボーイを持っている。

いつか、ひろ兄と一緒に最後のボスを倒すためだ。

関連記事

手を組む女性(フリー写真)

恋人からの手紙

昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。 そしたらなんか通夜が終わって、病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛ての手紙が入ってたんです。 で、よく…

スマホ

傷つけて気づいた愛

私は4年間、妻を裏切り続けた。ネットで出会った女性との不倫関係に溺れていたのだ。彼女との関係は、私がずる賢く立ち回り、妻には秘密のまま続いていた。妻はいつも遅い帰宅にも笑顔で迎えてく…

野球のボール(フリー写真)

尊敬する先輩

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。 世界で一番尊敬する先輩が居ました。 野球は本当に下手で、一度も打席に立たせてもらった事がありませんでした。 それでも毎…

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …

誕生日ケーキ(フリー写真)

父への反抗期

これは反抗期の頃の話なのだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育って来た私は、父親と二人暮らしをしていた。 父は友達や親戚から見ても、誰から見ても、私を大事に…

青い花(フリー写真)

ママの棺

この間、1歳半の息子を連れて友人の家へ行った時に、友人の祖母から聞いた話です。 ※ 友人がちょうど1歳半の時、お母さんが癌になったそうです。 気付いた時にはもう手遅れで、一ヶ…

家族の手(フリー写真)

いつかの日曜日

私が4歳の時、父と母は離婚した。 当時は祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。 母は出て行く日に私を実家へ連れて行った。 家具や荷物が沢山置いてあって、叔母の…

月

三度の祈り

それは今から数年前、俺の人生における三度の神頼みの始まりでした。 最初は七歳の時、両親が離婚し、厳しい祖父母の元へ預けられた時のことです。 彼らから「お前のせいで別れた」…

夕日とカップル(フリー写真)

優しい貴方へ

元気ですか。 今、何処に居ますか。 生きていますか。 悪い事はもうしていませんか。 貴方と離れてから7年が経ちました。 貴方は私に言いました。 「沢…

親子(フリー写真)

生んでくれてありがとう

母が死んで今日で一年が経つ。 高齢出産だったこともあり、俺の同年代の友達の親と比べると明らかに歳を取っていた。 「何でもっと若い頃に生んでくれなかったの!?」 と責め…