最強のセーブデータ

公開日: ちょっと切ない話 | 友情

ナースステーション(フリー写真)

俺が小学生だった時の話。

ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。

俺は車と軽く接触し、入院していた。

同じ病室には、ひろ兄という患者が居た。

ひろ兄は俺と積極的に遊んでくれた。

そしてその遊びは、全部面白かった。

中でも良く遊んでくれたのが、ゲームボーイのドラクエだ。

ひろ兄「ほらカズくん、ここでAボタン押してごらん」

俺「え? 敵いなくなったよ? 僕がたおしたの?」

ひろ兄「そうだよ、カズくん凄いね!」

ひろ兄は、どんなに俺が下手な操作をしても凄いとフォローしてくれた。

俺はそんなひろ兄がとても好きだった。

しかし、別れの日が来た。

ひろ兄「今日でお別れだね、カズくん。退院できて良かったね!」

俺「……………」

母「お兄ちゃんと早くお別れしなさい」

俺「……ひろ兄、バイバイ……」

母「さあ、行きましょう」

俺「……僕とひろ兄のセーブデータ、最強にしといてね!約束だよ!あと…、また遊ぼう!」

俺は最後にひろ兄にそう言って、退院した。

そして四年後。

俺はひろ兄に会うために、あの病院へ行った。

しかし、ひろ兄の病室がない。そこで俺は、看護婦さんに聞いてみた。

俺「すいません、ひろ兄の病室はどこですか?」

その言葉を言った瞬間、周りの空気が凍った。

看護婦「まさか、カズくん?」

看護婦「………もう、ひろ兄の病室はないのよ」

その時、俺はひろ兄がもう退院したのかと信じていた。

しかしそれは大きな間違いだった。

俺「もう退院したんですか?」

看護婦「ひろ兄は、もう居ないのよ…」

信じられなかった。

だからショックも何もなかった。

俺「そうですか…じゃあ帰ります」

看護婦「ちょっと待って。渡したい物があるの…。ひろ兄が渡して欲しいって…」

そう言って看護婦さんが渡してくれたのは、昔ひろ兄と遊んだゲームボーイとドラクエだった。

家に持ち帰ってすぐにドラクエを始めた。

セーブデータが一つあって、そのデータを始めた。

そのデータには最強の主人公が居た。

そしてラスボスの前、ボスが倒されていなかった。

泣いた。

声を上げて泣いた。

俺にラスボスを倒させようと、残してくれたのだ。

俺は今もそのゲームボーイを持っている。

いつか、ひろ兄と一緒に最後のボスを倒すためだ。

関連記事

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

夕日(フリー写真)

祖父母からのお小遣い

自分には77歳のばあちゃんがいる。 数ヶ月前にじいちゃんが亡くなり、最近はあまり元気が無い。 ばあちゃんの家には車で20分程で行ける距離だから、父と定期的に行くようにしてい…

終電(フリー写真)

精一杯の強がり

彼とは中学校からの付き合いでした。 中学校の頃から素直で、趣味などでも一つのことをとことん追求するような奴でした。 中学、高校、大学と一緒の学校に通い、親友と呼べる唯一の友…

山からの眺め(フリー写真)

命があるということ

普通に生きて来ただけなのに、いつの間にか取り返しのつかないガンになっていた。 先月の26日に、あと三ヶ月くらいしか生きられないと言われた。 今は無理を言って退院し、色々な人…

学校(フリー背景素材)

たくちゃん

その人は一個上の先輩で、同級生や後輩からも『たくちゃん』と呼ばれていた。 初めて話したのは小学校の運動会の時。 俺の小学校は、全学年ごちゃ混ぜで行われる。俺は青組みだった。…

夫婦の重ねる手(フリー写真)

妻からの初メール

不倫していた。 4年間も妻を裏切り続けていた。 ネットで出会った彼女。 最初は軽い気持ちで逢い、次第にお互いの身体に溺れて行った。 ずる賢く立ち回ったこともあり…

父(フリー写真)

父が居たら

自分は父の顔を知らない。 自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。 母に、 「お父さんの名前、なんて―の?」 「お父さんの写真、見して!」 「お父さん、メ…

お弁当(フリー写真)

母ちゃんの弁当

中学1年生くらいの時は反抗期で、ちょっとツッパっていたりした。 「親の作った弁当なんかダサくて食えるか。金よこせよ、コンビニで買うから!」 と母ちゃんに言ったことがあってさ…

恋人同士(フリー写真)

彼の真意

今年の5月まで付き合っていた彼の話。 料理が好きで、調理場でバイトをしていた。 付き合い始めの頃、私が作った味噌汁に、溶け残りの味噌が固まって入っていたことがあった。 …

クリスマスプレゼント(フリー写真)

沢山のキッス

クリスマスが近付いた時期の話です。 彼は三才の娘が包装紙を何枚も無駄にしたため、彼女を厳しく叱りました。 貧しい生活を送っていたのに、その子はクリスマスプレゼントを包むため…