最強のセーブデータ

公開日: ちょっと切ない話 | 友情

ナースステーション(フリー写真)

俺が小学生だった時の話。

ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。

俺は車と軽く接触し、入院していた。

同じ病室には、ひろ兄という患者が居た。

ひろ兄は俺と積極的に遊んでくれた。

そしてその遊びは、全部面白かった。

中でも良く遊んでくれたのが、ゲームボーイのドラクエだ。

ひろ兄「ほらカズくん、ここでAボタン押してごらん」

俺「え? 敵いなくなったよ? 僕がたおしたの?」

ひろ兄「そうだよ、カズくん凄いね!」

ひろ兄は、どんなに俺が下手な操作をしても凄いとフォローしてくれた。

俺はそんなひろ兄がとても好きだった。

しかし、別れの日が来た。

ひろ兄「今日でお別れだね、カズくん。退院できて良かったね!」

俺「……………」

母「お兄ちゃんと早くお別れしなさい」

俺「……ひろ兄、バイバイ……」

母「さあ、行きましょう」

俺「……僕とひろ兄のセーブデータ、最強にしといてね!約束だよ!あと…、また遊ぼう!」

俺は最後にひろ兄にそう言って、退院した。

そして四年後。

俺はひろ兄に会うために、あの病院へ行った。

しかし、ひろ兄の病室がない。そこで俺は、看護婦さんに聞いてみた。

俺「すいません、ひろ兄の病室はどこですか?」

その言葉を言った瞬間、周りの空気が凍った。

看護婦「まさか、カズくん?」

看護婦「………もう、ひろ兄の病室はないのよ」

その時、俺はひろ兄がもう退院したのかと信じていた。

しかしそれは大きな間違いだった。

俺「もう退院したんですか?」

看護婦「ひろ兄は、もう居ないのよ…」

信じられなかった。

だからショックも何もなかった。

俺「そうですか…じゃあ帰ります」

看護婦「ちょっと待って。渡したい物があるの…。ひろ兄が渡して欲しいって…」

そう言って看護婦さんが渡してくれたのは、昔ひろ兄と遊んだゲームボーイとドラクエだった。

家に持ち帰ってすぐにドラクエを始めた。

セーブデータが一つあって、そのデータを始めた。

そのデータには最強の主人公が居た。

そしてラスボスの前、ボスが倒されていなかった。

泣いた。

声を上げて泣いた。

俺にラスボスを倒させようと、残してくれたのだ。

俺は今もそのゲームボーイを持っている。

いつか、ひろ兄と一緒に最後のボスを倒すためだ。

関連記事

手を握るカップル(フリー写真)

最期の時

俺だけしか泣けないかもしれませんが。 この間、仕事から帰ると妻が一人掛けの椅子に腰かけて眠っていました。 そんなはずは無いと解っていても、声を掛けられずにはいられませんで…

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …

炊き込みご飯(フリー写真)

母の炊き込みご飯

俺は小学生の頃、母の作った炊き込みご飯が大好物だった。 特にそれを口に出して伝えた事は無かったけど、母はちゃんと解っていて、誕生日や何かの記念日には、我が家の夕食は必ず炊き込みご…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

冬と春の境界(フリー写真)

人間としての愛

1月の朝がとても寒い時に、必ず思い出す少年がいます。 当時、私は狭心症で休職し、九州の実家にて静養していた時でした。 毎朝、愛犬のテツと散歩していた時に、いつも遅刻して実家…

白猫(フリー写真)

白猫のミーコ

私が生まれる前から、私の家にはミーコという猫が居た。 白くて、ふわふわで、温かかった。 私はミーコが大好きだった。 ミーコもそんな私に懐いてくれた。 ※ 父が入院…

手(フリー写真)

無償の愛

おじいちゃんは老いから手足が不自由で、トイレも一人で行くのは厳しい。 だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしていた。 おばあちゃん以外が下の世話をするのを嫌がったからだ…

柴犬(フリー写真)

犬のきなこ

10年以上前、友達が一匹の柴犬を飼い始めた。 体の色が似ているからと言って、その犬は『きなこ』という名前になった。 友達は夕方になるとよく『きなこ』を散歩させていた。 …

猫(フリー写真)

愛猫との別れ

私がまだ高校生の冬、家で飼っている猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布を敷いた私の布団で。 五匹も産んだのですが、次々と飼い主が決まり、とうとう一匹だけになりました。 …

カップルの足(フリー写真)

母の持つ愛情

当時の俺は大学一年、彼女は大学四年。忘れもしない三年前の出来事。 大学に入ってすぐ、俺は軟式野球のサークルに入った。 サークルのマネージャーの中に彼女が居た。 一目惚…