彼の遺した日記

日記帳(フリー写真)

2年間、付き合っていた彼に振られました。

それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。

どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました。

そんな彼の友達から、彼が亡くなったことを聞き、彼が書いた日記をもらいました。

『入院二日目、昨日は周りのモンが珍しくて初体験ばっかだったけど、今日からヒマなんだよな~。

こうやって日記を付けてみた訳だけど、オレのことだから続かんだろなぁ。

N(私のことです)は今頃、元気にしてるかなぁ。

最後は傷付けちゃったけど、新しい男でも見つけてくれんかなぁ』

最初、私は彼が病気をしていたことも、入院していたことも知らず、夢中で日記を読んでいました。

日記には彼の私への想いが沢山書いてありました。

『今日、テレビでディズニーランドの特集がやってた。

Nと行ったことを思い出した。あいつ買い物が大好きだったから、あの時は疲れていい加減にしろとか思ってた。

でも帰りにこっそり買っといてくれたミッキーは嬉しかった。

今も枕元にある訳だけど、友達にはからかわれるから、みんなが来る時だけは隠してる。

別れちゃったしなぁ…。今でも好きなんだよなぁ』

『夢にNが出て来た。もう半年も会ってないんだよなぁ。

別にたいした夢じゃないけど喋った。それだけで幸せだなぁ。

何で目、覚めちゃったんだろ。

今頃、誰と喋ってんだろ。何だか宇多田の歌みたいだ』

それは日記では無く、私のことばかり書いてありました。

『やっぱりNが好きだぁぁぁ。忘れられねぇぇぇぇぇ。

日常の一つ一つにNが出て来るんだよう。

ばかやろぉぉぉぉぉぉ』

そして、次のページが最後でした。

『オレはもうすぐ死ぬらしい。

医者ははっきりとは言わんけど、解るモンだなぁ。

思えば治らない病気だと聞いてからもう1年だ。

結構長く生きた方だし、充分な人生だったんじゃないかと思おうとしたけど、やっぱりダメ。もっと生きたい。

Nともっと一緒に居たかった。

入院してる間、振ったことを、あんな酷い言葉を言ってしまったことを、ずっと後悔して来た。

でも、完治なんて可能性が無い。

Nはキレイだし性格も良いから、すぐ次に男が出来る。

オレのために人生を棒に振らせる訳にはいかん…と、何回も納得したはずなのに。

Nと喋りたい。今から電話したい、会いたい。

まだ死にたくない。

まだフォアグラ食べてないし、USJにも行ってない。

大学卒業したかったし、母さんに親孝行もしたかった。

ベタでも父さんと酒飲みたかった。

Nをもっと抱きたい。結婚して子供が欲しかった。

おじいちゃんおばあちゃんになっても、手と繋ぐような夫婦になりたかった。Nに逢いたい。

でももう叶わない。後悔してばっかりだった。

死ぬ時は笑って逝きたいけど、本音は辛すぎる。

N、やっぱりまだまだ愛してる。

オレのこと忘れて、幸せになれよ』

涙が止まりませんでした。

彼は私のことを常に考えてくれて、でも私は彼の体のことなんて全く気付かずに、自分のことばかりを考えていました。

何で死んじゃったんだろう。私には彼しかいないのに。

友達はこの日記を病院のゴミ箱で見つけたそうです。

私に見つからないようにだと思います。

私のことをここまで想ってくれる人はもう居ません。

お葬式には行けませんでした。

明日は彼の一周忌です。

最初は自暴自棄な私でしたが、彼の遺志を尊重するため、幸せになろうと思います。

玩具にじゃれる白猫(フリー写真)

待っていてくれた猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭に居た。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

花(フリー写真)

母が見せた涙

うちは親父が仕事の続かない人で、いつも貧乏だった。 母さんは俺と兄貴のために、いつも働いていた。ヤクルトの配達や、近所の工場とか…。 土日もゆっくり休んでいたという記憶は無…

結婚式(フリー写真)

二人目の子供

俺が結婚したのは20歳の頃だった。当時、妻は21歳。学生結婚だった。 二年ほど貧乏しながら幸せに暮らしていたのだが、ある時、妊娠が発覚。 俺は飛び上がるくらい嬉しく、一人で…

公園と夕暮れ(フリー写真)

大好きな芸人

芸人の江頭さんがとある公園でロケをしていると、公園の隣にある病院から抜け出して来ていた車椅子の女の子がそのロケを見ていた。 ロケが終わり、その車椅子の女の子は江頭さんに 「…

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

手を繋いで夕日を眺めるカップル(フリー写真)

ずっと並んで歩こうよ

交通事故に遭ってから左半身に少し麻痺が残り、日常生活に困るほどではないけれど、歩くとおかしいのがばれる。 付き合い始めの頃、それを気にして一歩下がるように歩いていた私に気付き、手…

阪神・淡路大震災(フリー写真)

色褪せたミニ四駆

小学4年生の時の1月15日、連休最初の日だったかな。 いつものメンバー5人で、俺の住んでいたマンションで遊んでいた。 当時はミニ四駆を廊下で走らせ、騒いでは管理人さんによく…

母と娘(フリー写真)

強いお母さん

母さんが亡くなってから6年経つのに、まだまだ寂しがりやの私です。 昔の携帯を見つけたの。受信箱に母さんからのメール。 「まだ帰れない?」 「鍵忘れてるよ^^」 …

家の居間(フリー写真)

妹を守る兄

兄が6歳、私が2歳の頃に両親が離婚した。 私にその当時の記憶は殆ど無く、お父さんが居ないことを気にした覚えもありませんでした。 小学生に上がる頃に母が再婚し、義理の父が本当…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

沢山のキッス

クリスマスが近付いた時期の話です。 彼は三才の娘が包装紙を何枚も無駄にしたため、彼女を厳しく叱りました。 貧しい生活を送っていたのに、その子はクリスマスプレゼントを包むため…