彼の遺した日記

日記帳(フリー写真)

2年間、付き合っていた彼に振られました。

それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。

どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました。

そんな彼の友達から、彼が亡くなったことを聞き、彼が書いた日記をもらいました。

『入院二日目、昨日は周りのモンが珍しくて初体験ばっかだったけど、今日からヒマなんだよな~。

こうやって日記を付けてみた訳だけど、オレのことだから続かんだろなぁ。

N(私のことです)は今頃、元気にしてるかなぁ。

最後は傷付けちゃったけど、新しい男でも見つけてくれんかなぁ』

最初、私は彼が病気をしていたことも、入院していたことも知らず、夢中で日記を読んでいました。

日記には彼の私への想いが沢山書いてありました。

『今日、テレビでディズニーランドの特集がやってた。

Nと行ったことを思い出した。あいつ買い物が大好きだったから、あの時は疲れていい加減にしろとか思ってた。

でも帰りにこっそり買っといてくれたミッキーは嬉しかった。

今も枕元にある訳だけど、友達にはからかわれるから、みんなが来る時だけは隠してる。

別れちゃったしなぁ…。今でも好きなんだよなぁ』

『夢にNが出て来た。もう半年も会ってないんだよなぁ。

別にたいした夢じゃないけど喋った。それだけで幸せだなぁ。

何で目、覚めちゃったんだろ。

今頃、誰と喋ってんだろ。何だか宇多田の歌みたいだ』

それは日記では無く、私のことばかり書いてありました。

『やっぱりNが好きだぁぁぁ。忘れられねぇぇぇぇぇ。

日常の一つ一つにNが出て来るんだよう。

ばかやろぉぉぉぉぉぉ』

そして、次のページが最後でした。

『オレはもうすぐ死ぬらしい。

医者ははっきりとは言わんけど、解るモンだなぁ。

思えば治らない病気だと聞いてからもう1年だ。

結構長く生きた方だし、充分な人生だったんじゃないかと思おうとしたけど、やっぱりダメ。もっと生きたい。

Nともっと一緒に居たかった。

入院してる間、振ったことを、あんな酷い言葉を言ってしまったことを、ずっと後悔して来た。

でも、完治なんて可能性が無い。

Nはキレイだし性格も良いから、すぐ次に男が出来る。

オレのために人生を棒に振らせる訳にはいかん…と、何回も納得したはずなのに。

Nと喋りたい。今から電話したい、会いたい。

まだ死にたくない。

まだフォアグラ食べてないし、USJにも行ってない。

大学卒業したかったし、母さんに親孝行もしたかった。

ベタでも父さんと酒飲みたかった。

Nをもっと抱きたい。結婚して子供が欲しかった。

おじいちゃんおばあちゃんになっても、手と繋ぐような夫婦になりたかった。Nに逢いたい。

でももう叶わない。後悔してばっかりだった。

死ぬ時は笑って逝きたいけど、本音は辛すぎる。

N、やっぱりまだまだ愛してる。

オレのこと忘れて、幸せになれよ』

涙が止まりませんでした。

彼は私のことを常に考えてくれて、でも私は彼の体のことなんて全く気付かずに、自分のことばかりを考えていました。

何で死んじゃったんだろう。私には彼しかいないのに。

友達はこの日記を病院のゴミ箱で見つけたそうです。

私に見つからないようにだと思います。

私のことをここまで想ってくれる人はもう居ません。

お葬式には行けませんでした。

明日は彼の一周忌です。

最初は自暴自棄な私でしたが、彼の遺志を尊重するため、幸せになろうと思います。

関連記事

ハンバーグ(フリー写真)

お母さんの弁当

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。 なので料理は基本的に父が作っていた。 でも遠足などで弁当が必要な時は、母さんが頑張って作ってくれていた。 ※ 小学六年生の…

犬(フリー写真)

コロの思い出

うちにはコロという名前の雑種の犬が居ました。 白色と茶色の長い毛がふわふわしている犬でした。 私が学生の頃は学校から帰って来る時間になると毎日、通学路が見える場所に座り、遠…

ブランコ(フリー写真)

母ちゃんの記憶

母ちゃんは俺が4歳の時、病気で死んだんだ。 ぼんやりと憶えている事が一つ。 俺はいつも公園で遊んでいたのだが、夕方になるとみんなの母ちゃんが迎えに来るんだ。 うちの母…

お見舞いの花(フリー写真)

父の唯一の楽しみ

私の家系は少し複雑な家庭で、父と母は離婚して別々に暮らしています。 私は三姉妹の末っ子で、父に会いに行くのも私だけでした。 姉二人なんて、父と十年近く会っていません。 ※…

和室(フリー写真)

お父さん頑張ろうね

俺の会社の友人は、4年前に交通事故で奥さんと当時4歳の長男を亡くした。 飲酒運転の車が歩行中の二人を轢き殺すというショッキングな内容で、ワイドショーなどでも取り上げられたほど凄惨…

ちゃぶ台(フリー写真)

色褪せた家族写真

一昨年、ばあちゃんが死んだ。 最後に会ったのは、俺が中学生の時だったかな。 葬式の為に20年越しで、ばあちゃんの住んでいた田舎に行った。 次の日、遺品の整理をする為に…

犬(フリー写真)

ペットとの別れ

レオと出会ったのは、私が3歳の時。 山奥の綺麗な川へバーベキューしに向かっていると、運転していた父が 「あそこに犬がおる!」 と言って車を停めた。 窓を開けて見…

親子の手(フリー写真)

親父の思い出

ある日、おふくろから一本の電話があった。 「お父さんが…死んでたって…」 死んだじゃなくて、死んでた? 親父とおふくろは俺が小さい頃に離婚していて、まともに会話すらし…

お見舞いの花(フリー写真)

迷惑掛けてゴメンね

一年前の今頃、妹が突然電話を掛けて来た。家を出てからあまり交流が無かったので、少し驚いた。 「病院に行って検査をしたら、家族を呼べって言われたから来て。両親には内緒で」 嫌…

繋がれた手(フリー写真)

彼との最後の夜

一年間、同棲していた彼が他界した。 大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。 本当に突然の出来事だった。 ※ その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。 しかし…