彼からの手紙

公開日: 恋愛 | 悲しい話 | 長編

恋人(フリー写真)

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。

私は今でも憶えている。

彼に恋した日のことを。

幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュッと手を握ってくれた彼に、私は恋に落ちた。

それからは子供ながらに、

「好きだよ」

などと自分なりにアピールをしていた。

ませてたな…。

彼は顔を赤くするだけで、答えてはくれなかった。

彼とは小学校は一緒だったが、中学校は別々になった。

小学生の時も周りに冷やかされるほど仲が良く、私は彼のことが大好きだった。

彼は私のことを少しでも意識してくれていたのかな?

中学校からは私も素直に好きと言うのが恥ずかしくなり、小学校からの友達などに冷やかされる度、否定をしていた。

彼との距離も離れて行った気がする。

密かな私の恋心は冷めることはなく、彼と同じ高校に行きたくて必死に勉強をした。

中学校はお互い絡むこともなく、特に思い出もないまま進んでしまった。

だから高校では…と期待を込めて、彼と同じ高校へ入学した。

高校からは中学生の時の時間を取り戻すほど一緒に過ごした。

高校二年生の夏。

8月に花火大会があるので勇気を出して彼を誘った。

彼の誕生日は8月28日。その二日前の日曜日に花火大会があるので、誕生日のサプライズと告白を考えていた。

8月26日。

彼は待ち合わせ場所には来なかった。

慣れない浴衣を着て待っていたのに、来てはくれなかった。

一人トボトボと歩いて家に帰ろうとしていた時、親からの電話が鳴った。

母「あんた今どこにいるの?」

私「○○公園に居る」

母「今からお父さんと向かうから待ってなさい!」

お母さんが凄く焦っていたのを今でも憶えている。

尋常でないほど早口な口調と、そして大きな声だった。

数分もしない内に親が来た。

来るなりすぐ車に乗せられ、訳も解らないまま病院へと連れて来られた。

親が先生と何かお話をしている。

病院には学校の先生とお医者さんと、私の親と彼の親が居た。

私の足りない頭では理解が難しかった。

お医者さんに連れて行かれた所は病室ではなかった。

薄暗い部屋にベッドのようなものがあり、そこには人が寝かされていて、顔には白いタオルが掛かっていた。

ここでようやく頭が追い付いた私。

そっとベットに近付き顔のタオルを取ろうとするも、彼の親から見ない方が良いと止められた。

私が彼を公園で待っている間、彼は飲酒運転の車に轢かれ、即死だったらしい。

私は事実を受け止められず、彼が「嘘だよ!」「馬鹿だな」と笑いながら頭を撫でてくれるんじゃないか。

もしかしたら慣れない悪戯をしようとしているんじゃないかって。

またいつものように私の顔を見てくれるんじゃないかって。

ずっと待っていた。

起きて笑いかけてくれるのを。

優しく頭を撫でてくれるのを…。

けどいくら時間が過ぎても彼は起き上がらない。

周りから聞こえて来る泣き声と耳鳴りが私の頭を刺激した。

もう彼は帰って来ないんだって、彼は私の側に居てくれないんだって。

どうして。どうして彼なの。

何故お酒を飲んで運転したの。

死ぬのが彼じゃないとダメなの?

他の人でいいじゃん。

どこにもぶつけられない気持ちが私の中で渦巻いていた。

好きだって叫んだ。

起きてって泣きながらお願いした。

どうしてと何度も何度も周りへ投げかけた。

意味のない私の叫びは消されて行く。

親に宥められるも、私は彼の傍を離れたくない一心だった。

側に居て、と…もう届かない声を、彼へ何度も投げかけた。

冷たい彼の手を離したくはなかった。

抜け殻のようになった私に、彼の親から彼が持っていたという手紙を貰った。

手紙はぐちゃぐちゃで血が付いていた。

読む気になれなかった。

読んでしまったら彼が死んだということを実感してしまう。

私は現実から逃げていた。

あれから、三年。

彼への気持ちを消せないでいる私。

今だに彼からの手紙を読めないでいる私。

忘れられないでいる私は今日、彼を解放しようと思い書きました。

彼の手紙には拙い字で、

『大好き』

と書かれていた。

血で汚れて字が滲み、中身が殆ど見えない手紙。

所々よく判らなかったが、その文字だけは綺麗に残っていた。

椅子と聖書(フリー写真)

特攻隊員の方の手紙

お母さん、とうとう悲しい便りを出さねばならない時が来ました。 晴れて特攻隊員に選ばれ出陣するのは嬉しいですが、お母さんのことを思うと泣けて来ます。 母チャン、母チャンが 私…

父と子(フリー写真)

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。 産まれた時から耳が聞こえなかった俺は、物心ついた時にはもう既に簡単な手話を使っていた。 耳が聞こえな…

皺のある手(フリー写真)

私はおばあちゃんの子だよ

私は幼い時に両親が離婚して、父方の祖父母の家に引き取られ育てられました。 田舎だったので、都会で育った私とは周りの話し方から着る服、履く靴まで全てが違いました。 そのため祖…

カップル(フリー写真)

彼女の日常

俺には幼馴染の女の子が居た。 小学校から中学校まで病気のため殆んど普通の学校に行けず、いつも院内学級で一人で居るせいか人付き合いが苦手で、俺以外に友達は居なかった。 彼女の…

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。 大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。 …

指切り(フリー写真)

幸せをありがとう

「いっぱいの幸せをありがとう。 私は幸せ者だ。 だって最期にあなたの顔を見られたから。 これも日頃の何とやらなのかな?」 病室のベッドで手を握りながら彼女は言…

花を持つ女性(フリー写真)

彼女の嘘

あなたは本当に俺を困らせてくれたよね。 あなたと付き合った日。 朝のバスでいきなり大声で、 「付き合ってください!」 そんな大声で言われても困るし。 と言…

冬と春の境界(フリー写真)

人間としての愛

1月の朝がとても寒い時に、必ず思い出す少年がいます。 当時、私は狭心症で休職し、九州の実家にて静養していた時でした。 毎朝、愛犬のテツと散歩していた時に、いつも遅刻して実家…

親子(フリー写真)

娘が好きだったハム太郎

娘が六歳で死んだ。 ある日突然、風呂に入れている最中に意識を失った。 直接の死因は心臓発作なのだが、持病の無い子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受…

家族の影(フリー写真)

家族の時間

俺は昔から父と仲良くしている人が理解出来なかった。 ドラマやアニメなどで父が死んで悲しむとか、そういうシチュエーションも理解出来ない。 そもそも俺は父と血が繋がっていなかっ…