彼からの手紙

公開日: 恋愛 | 悲しい話 | 長編

恋人(フリー写真)

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。

私は今でも憶えている。

彼に恋した日のことを。

幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュッと手を握ってくれた彼に、私は恋に落ちた。

それからは子供ながらに、

「好きだよ」

などと自分なりにアピールをしていた。

ませてたな…。

彼は顔を赤くするだけで、答えてはくれなかった。

彼とは小学校は一緒だったが、中学校は別々になった。

小学生の時も周りに冷やかされるほど仲が良く、私は彼のことが大好きだった。

彼は私のことを少しでも意識してくれていたのかな?

中学校からは私も素直に好きと言うのが恥ずかしくなり、小学校からの友達などに冷やかされる度、否定をしていた。

彼との距離も離れて行った気がする。

密かな私の恋心は冷めることはなく、彼と同じ高校に行きたくて必死に勉強をした。

中学校はお互い絡むこともなく、特に思い出もないまま進んでしまった。

だから高校では…と期待を込めて、彼と同じ高校へ入学した。

高校からは中学生の時の時間を取り戻すほど一緒に過ごした。

高校二年生の夏。

8月に花火大会があるので勇気を出して彼を誘った。

彼の誕生日は8月28日。その二日前の日曜日に花火大会があるので、誕生日のサプライズと告白を考えていた。

8月26日。

彼は待ち合わせ場所には来なかった。

慣れない浴衣を着て待っていたのに、来てはくれなかった。

一人トボトボと歩いて家に帰ろうとしていた時、親からの電話が鳴った。

母「あんた今どこにいるの?」

私「○○公園に居る」

母「今からお父さんと向かうから待ってなさい!」

お母さんが凄く焦っていたのを今でも憶えている。

尋常でないほど早口な口調と、そして大きな声だった。

数分もしない内に親が来た。

来るなりすぐ車に乗せられ、訳も解らないまま病院へと連れて来られた。

親が先生と何かお話をしている。

病院には学校の先生とお医者さんと、私の親と彼の親が居た。

私の足りない頭では理解が難しかった。

お医者さんに連れて行かれた所は病室ではなかった。

薄暗い部屋にベッドのようなものがあり、そこには人が寝かされていて、顔には白いタオルが掛かっていた。

ここでようやく頭が追い付いた私。

そっとベットに近付き顔のタオルを取ろうとするも、彼の親から見ない方が良いと止められた。

私が彼を公園で待っている間、彼は飲酒運転の車に轢かれ、即死だったらしい。

私は事実を受け止められず、彼が「嘘だよ!」「馬鹿だな」と笑いながら頭を撫でてくれるんじゃないか。

もしかしたら慣れない悪戯をしようとしているんじゃないかって。

またいつものように私の顔を見てくれるんじゃないかって。

ずっと待っていた。

起きて笑いかけてくれるのを。

優しく頭を撫でてくれるのを…。

けどいくら時間が過ぎても彼は起き上がらない。

周りから聞こえて来る泣き声と耳鳴りが私の頭を刺激した。

もう彼は帰って来ないんだって、彼は私の側に居てくれないんだって。

どうして。どうして彼なの。

何故お酒を飲んで運転したの。

死ぬのが彼じゃないとダメなの?

他の人でいいじゃん。

どこにもぶつけられない気持ちが私の中で渦巻いていた。

好きだって叫んだ。

起きてって泣きながらお願いした。

どうしてと何度も何度も周りへ投げかけた。

意味のない私の叫びは消されて行く。

親に宥められるも、私は彼の傍を離れたくない一心だった。

側に居て、と…もう届かない声を、彼へ何度も投げかけた。

冷たい彼の手を離したくはなかった。

抜け殻のようになった私に、彼の親から彼が持っていたという手紙を貰った。

手紙はぐちゃぐちゃで血が付いていた。

読む気になれなかった。

読んでしまったら彼が死んだということを実感してしまう。

私は現実から逃げていた。

あれから、三年。

彼への気持ちを消せないでいる私。

今だに彼からの手紙を読めないでいる私。

忘れられないでいる私は今日、彼を解放しようと思い書きました。

彼の手紙には拙い字で、

『大好き』

と書かれていた。

血で汚れて字が滲み、中身が殆ど見えない手紙。

所々よく判らなかったが、その文字だけは綺麗に残っていた。

関連記事

夕日(フリー写真)

戦時中のパラオにて

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人が居た。 「あそこでみんな、死んで行ったんだ…」 沖に浮かぶ島を指差しながら、老人は呟いた。 ※ 太平洋戦争の時、その島には日本軍が進駐…

阪神・淡路大震災(フリー写真)

色褪せたミニ四駆

小学4年生の時の1月15日、連休最初の日だったかな。 いつものメンバー5人で、俺の住んでいたマンションで遊んでいた。 当時はミニ四駆を廊下で走らせ、騒いでは管理人さんによく…

結婚式(フリー写真)

二人目の子供

俺が結婚したのは20歳の頃だった。当時、妻は21歳。学生結婚だった。 二年ほど貧乏しながら幸せに暮らしていたのだが、ある時、妊娠が発覚。 俺は飛び上がるくらい嬉しく、一人で…

学校(フリー背景素材)

たくちゃん

その人は一個上の先輩で、同級生や後輩からも『たくちゃん』と呼ばれていた。 初めて話したのは小学校の運動会の時。 俺の小学校は、全学年ごちゃ混ぜで行われる。俺は青組みだった。…

野球のボール(フリー写真)

尊敬する先輩

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。 世界で一番尊敬する先輩が居ました。 野球は本当に下手で、一度も打席に立たせてもらった事がありませんでした。 それでも毎…

月

三度の祈り

それは今から数年前、俺の人生における三度の神頼みの始まりでした。 最初は七歳の時、両親が離婚し、厳しい祖父母の元へ預けられた時のことです。 彼らから「お前のせいで別れた」…

親子の後ろ姿(フリー写真)

育ての親

私には、お母さんが二人居た。 一人は、私に生きるチャンスを与えてくれた。 もう一人は……。 ※ 私の17歳の誕生日に、母が継母であることを聞かされた。 私を生んで…

繋がれた手(フリー写真)

彼との最後の夜

一年間、同棲していた彼が他界した。 大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。 本当に突然の出来事だった。 ※ その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。 しかし…

南国の夕日(フリー写真)

特攻隊員の方の遺書

戦いは日一日と激しさを加えて参りました。 父母上様、長い間お世話になりました。 私も未だ十九才の若輩で、この大空の決戦に参加できることを、深く喜んでおります。 私は…

冬と春の境界(フリー写真)

人間としての愛

1月の朝がとても寒い時に、必ず思い出す少年がいます。 当時、私は狭心症で休職し、九州の実家にて静養していた時でした。 毎朝、愛犬のテツと散歩していた時に、いつも遅刻して実家…