彼からの手紙

公開日: 恋愛 | 悲しい話 | 長編

恋人(フリー写真)

幼稚園から一緒だった幼馴染の男の子が居た。

私は今でも憶えている。

彼に恋した日のことを。

幼稚園で意味もなく友達に責められている時に唯一、私の側に居てくれて、ギュッと手を握ってくれた彼に、私は恋に落ちた。

それからは子供ながらに、

「好きだよ」

などと自分なりにアピールをしていた。

ませてたな…。

彼は顔を赤くするだけで、答えてはくれなかった。

彼とは小学校は一緒だったが、中学校は別々になった。

小学生の時も周りに冷やかされるほど仲が良く、私は彼のことが大好きだった。

彼は私のことを少しでも意識してくれていたのかな?

中学校からは私も素直に好きと言うのが恥ずかしくなり、小学校からの友達などに冷やかされる度、否定をしていた。

彼との距離も離れて行った気がする。

密かな私の恋心は冷めることはなく、彼と同じ高校に行きたくて必死に勉強をした。

中学校はお互い絡むこともなく、特に思い出もないまま進んでしまった。

だから高校では…と期待を込めて、彼と同じ高校へ入学した。

高校からは中学生の時の時間を取り戻すほど一緒に過ごした。

高校二年生の夏。

8月に花火大会があるので勇気を出して彼を誘った。

彼の誕生日は8月28日。その二日前の日曜日に花火大会があるので、誕生日のサプライズと告白を考えていた。

8月26日。

彼は待ち合わせ場所には来なかった。

慣れない浴衣を着て待っていたのに、来てはくれなかった。

一人トボトボと歩いて家に帰ろうとしていた時、親からの電話が鳴った。

母「あんた今どこにいるの?」

私「○○公園に居る」

母「今からお父さんと向かうから待ってなさい!」

お母さんが凄く焦っていたのを今でも憶えている。

尋常でないほど早口な口調と、そして大きな声だった。

数分もしない内に親が来た。

来るなりすぐ車に乗せられ、訳も解らないまま病院へと連れて来られた。

親が先生と何かお話をしている。

病院には学校の先生とお医者さんと、私の親と彼の親が居た。

私の足りない頭では理解が難しかった。

お医者さんに連れて行かれた所は病室ではなかった。

薄暗い部屋にベッドのようなものがあり、そこには人が寝かされていて、顔には白いタオルが掛かっていた。

ここでようやく頭が追い付いた私。

そっとベットに近付き顔のタオルを取ろうとするも、彼の親から見ない方が良いと止められた。

私が彼を公園で待っている間、彼は飲酒運転の車に轢かれ、即死だったらしい。

私は事実を受け止められず、彼が「嘘だよ!」「馬鹿だな」と笑いながら頭を撫でてくれるんじゃないか。

もしかしたら慣れない悪戯をしようとしているんじゃないかって。

またいつものように私の顔を見てくれるんじゃないかって。

ずっと待っていた。

起きて笑いかけてくれるのを。

優しく頭を撫でてくれるのを…。

けどいくら時間が過ぎても彼は起き上がらない。

周りから聞こえて来る泣き声と耳鳴りが私の頭を刺激した。

もう彼は帰って来ないんだって、彼は私の側に居てくれないんだって。

どうして。どうして彼なの。

何故お酒を飲んで運転したの。

死ぬのが彼じゃないとダメなの?

他の人でいいじゃん。

どこにもぶつけられない気持ちが私の中で渦巻いていた。

好きだって叫んだ。

起きてって泣きながらお願いした。

どうしてと何度も何度も周りへ投げかけた。

意味のない私の叫びは消されて行く。

親に宥められるも、私は彼の傍を離れたくない一心だった。

側に居て、と…もう届かない声を、彼へ何度も投げかけた。

冷たい彼の手を離したくはなかった。

抜け殻のようになった私に、彼の親から彼が持っていたという手紙を貰った。

手紙はぐちゃぐちゃで血が付いていた。

読む気になれなかった。

読んでしまったら彼が死んだということを実感してしまう。

私は現実から逃げていた。

あれから、三年。

彼への気持ちを消せないでいる私。

今だに彼からの手紙を読めないでいる私。

忘れられないでいる私は今日、彼を解放しようと思い書きました。

彼の手紙には拙い字で、

『大好き』

と書かれていた。

血で汚れて字が滲み、中身が殆ど見えない手紙。

所々よく判らなかったが、その文字だけは綺麗に残っていた。

虹(フリー写真)

人生

1960年に私は生まれて、今まで生きてきた。 いたずらっ子だった小学生時代。 落ちこぼれだった中学生時代。 レスリングに出会い、スポーツが何たるかを学んだ高校時代。 …

パラオのサンセットビーチ(フリー写真)

パラオの友情

南洋のパラオ共和国には、小さな島が幾つもある。 そんな島にも、戦争中はご多分に漏れず日本軍が進駐していた。 その島に進駐していた海軍の陸戦隊は、学徒出身の隊長の元、住民たち…

花と手紙(フリー写真)

彼女が遺した手紙

私(晃彦)には幼稚園から連れ添ってきた恋人(美咲)がいる。 私が高校を卒業し、就職してからも同居し、貧乏ながらも支えてくれた掛け替えのない存在。 プロポーズの決心をしてから…

桜(フリー写真)

桜と最後の嘘

僕は良いところなど一つも無いと言って良い程、嫌な人間だった。 ルックスに自信は無く、頭も良くはない。そして、人に平気で嘘を吐く卑怯者。 僕に構う人など誰も居なかった。もちろ…

夕日とカップル(フリー写真)

優しい貴方へ

元気ですか。 今、何処に居ますか。 生きていますか。 悪い事はもうしていませんか。 貴方と離れてから7年が経ちました。 貴方は私に言いました。 「沢…

手を繋ぐ恋人(フリー写真)

握り返してくれた手

今から6年前の話です。 僕がまだ十代で、携帯電話も普及しておらずポケベル全盛期の時代の事です。 僕はその頃、高校を出て働いていたのですが、二つ年上の女性と付き合っていました…

夏休みの情景(フリー写真)

バス停の女の子

俺が小学3年生の夏休みの話。 今の今までマジで忘れていた。 小学校の夏休みとか、遊びまくった覚えしかない。 俺は近所の男子と夏休み中、開放されていた学校の校庭で、午後…

婚約指輪(フリー写真)

例外の入籍手続き

彼は肺がんで入院していて、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定も入れ、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態、彼はバツイチ、そして大分…

妊婦さんのお腹(フリー写真)

母子手帳

今年の6月に母が亡くなった。火事だった。 同居していた父親は外出していて、弟は無事に逃げる事が出来たのだけど、母親は煙に巻かれて既に駄目だった。 自分は違う地方に住んでいた…

教室(フリー写真)

虐めの現実

俺は高校生の時、授業以外の時間はいつも小説を読んで過ごしていた。 まあ、それくらいしかやる事がなかっただけだけどね。 ある日、体育の授業が終わり教室に帰って来て、いつもの…