秘密のお守り

公開日: ちょっと切ない話 | 恋愛 | 長編

オフィス(フリー写真)

初めて彼女に会ったのは、内定式の時。同期だった。

聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文か何かが賞を獲ったこともあるらしく、期待の新人ということだった。

ただ、ちょっと性格がきつめで変わった人で、やることすべてパーフェクトだし、自分のことは何も話さないので、宇宙人ではないかとの噂もあった。

まあ美人と言えば美人なんだけど、洋服やおしゃれに気を遣わないようだったし、凄く真面目だし、お高く止まっていると言うより男嫌いみたいだった。近寄る男はいなかった。

おいらも、何かちょっと嫌いだった。

彼女とは、偶然同じ部署に配属になった。

それまで出会ったどんな女の人とも違うので、からかって反応を楽しむようになった。

初めは凄く嫌がっていた彼女だったが、半年も経つと馴れてきたのか、その頃おいらが結婚したので安心したのか、少しずつ相手をしてくれるようになった。

その後、少しだけ仲良しになって、愚痴を言い合ったりするようにはなったが、相変わらず自分のことは何も話さない。

休日に何をしているかとか、家族のことはもちろん、本人のことも、例えば誕生日なども何年間か知らなかった。

ある日、ある試験の申し込み書類の書き方を聞いたら、自分の書類を持って来て見せてくれた。

そこに生年月日が書いてあった。何とその日が誕生日だった。

「今日はデートかな?」

などと言いつつ、とりあえず昼休みに食べたチョコエッグに入っていたカメを誕生日プレゼントと言って渡した。

爬虫類大好きと言って子供みたいに喜んでいたのが印象的だった。変わっているなあと思った。

確かに変わった人で、今どき携帯は大嫌いとかで、持っていなかった。

写真を撮られれるのも大嫌いだった。カメラ付き携帯で飲み会の時に撮影したら凄く怒って、暫く口を利いてくれなかったこともあった。

無理やり一緒にプリクラを撮った時は、悪用されると嫌だからと言って、シートごと全部持って行ってしまった。

彼女は頑張り屋だった。元々才能もあったし努力もするものだから、どんどん出世して行った。

それに殆ど遊ぶこともなく、仕事が終わると真っ直ぐ家に帰っていた。

「そんなに、お金貯めてどうすんのー?」「お父さんの借金でも返ししてんの?」

などと言ってからかった。

その頃には、彼女のことがとても好きになってしまっていた。

でも、おいらはもう子持ちなので、表に出さないようにぐっと堪えていた。

ただ彼女の周りをうろちょろして、愚痴の聞き役や、遅くなった時のタクシー代わりをしていた。

でもプライベートな関係は一切無かったし、変な噂にならないように気を配った。

同僚は、おいらは彼女の「ぽち」に見えると言っていた。自分も彼女の「ぽち」という立場が気に入っていた。

そんな関係が暫く続いた。彼女は、相変わらず独身だった。

彼氏や恋人がいるかどうかは全然判らなかった。

ただ、彼女はお守りのような小さな袋をいつもバックに着けていた。

何か聞いても、秘密のお守りとしか教えてくれなかった。

彼女が仕事のトラブルで落ち込んでいた時、彼女のデスクでそのお守りをギュッと握っていたのを見たことがあった。

だから勝手に『遠くにいる彼氏からもらったのかな?』などと思っていた。

ある日、海外出張からの帰り、成田で携帯の電源を入れた途端に同僚から電話があった。

彼女が亡くなったと言われた時、全身の力が抜けた。耳の奥がキーンと鳴ったのを覚えている。

交通事故だった。

事故直後は意識もあり大したことはないと思われたらしいが、内臓からの出血があり、急変したとのことだった。

現実のこととは思えずに、なぜかあまり涙も出てこなかった。

職場の何人かで葬儀の手伝いをした。

その時初めて知ったのだが、母子家庭だった。

お姉さんもいるが、施設に入っているとこのことだった。

彼女が大黒柱として家族を支えていたのだ。

彼女を軽率にからかったりしたこと恥じた。

とても申し訳なくて気が狂いそうだった。

葬儀の後、帰ろうとしていると、彼女のお母さんに呼び止められた。

渡したい物があるから、彼女の実家に後で一緒に来て欲しいと言われた。

『貸していた本のことかな?』と思いつつ、彼女の母親と実家に向かった。

母親は道すがら、

『彼女は大好きだった父親が出て行ってから男の人が嫌いになったこと』

『誰にも頼らないで自分の力で生きて行こうと誓ったこと』

『土日はあまり健康でない母親と、施設の姉の世話をしていたこと』

を話してくれた。

自分の子供とは思えないほど頑張り屋だったと言っていた。

家に着くと、彼女の部屋に案内された。

綺麗に片付いていた、と言うより女性の部屋とは思えないほど何も無かった。

ただ、専門書とノートが沢山あった。

母親は、

『彼女がいつもおいらの話を楽しそうにしていたこと』

『おいらのことが大好きだったけど、おいらの子供たちを自分のように悲しませることになるといけないと思い黙っていたこと』

『彼女が意識を失う直前に、おいらに会いたいと言っていたこと』

を話してくれた。

机の隅においらと写ったプリクラが貼ってあった。声を出して泣いたのは、大人になってから初めてだった。

帰る時、彼女が亡くなった時に身に着けていたネックレスと、いつも持ち歩いていたお守りを形見にもらった。

「傍に置いてやって下さい」

と言われた。

ネックレスは母親が就職記念にあげた物だった。

ただ、お守りの方はどうやって手に入れたか判らないということで、受け取るのはちょっと気が引けた。

でも、彼女がとても大切そうににしていたのを知っていたので、受け取ることにした。

お守りの中を開けてみようとも思ったが、やめた。

それからすぐ転職をし、一年後にようやく少し落ち着いた。

形見のお守りは、いつも彼女がしていたように鞄に着けて持ち歩いていた。

先日、職場の女の子が、

「これ前から気になってたんですけど、何が入ってるんですか?」

と言い、鞄のお守りを開けてしまった。

止める間もなかった。

と言うより、その時にはもう中身を取り出していた。

彼女は突然、

「何これー?」

と言って大笑いを始めた。

お守りの中には、チョコエッグのカメが入っていた。

おいらはもう職場にいることも忘れ、ただただ泣き続けた。

関連記事

カーネーション(フリー写真)

本当のお母さん

俺が6歳の頃、親父が再婚して義母がやって来た。 ある日、親父が 「今日からこの人がお前のお母さんだ」 と言って連れて来たのだ。 新しい母親は、俺を本当の子供のよ…

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

手を繋ぐ夫婦(フリー写真)

最愛の妻が遺したもの

先日、小学5年生の娘が何か書いているのを見つけた。 それは妻への手紙だったよ。 「ちょっと貸して」 と言って内容を見た。 まだまだ汚い字だったけど、妻への想いが…

家族の影(フリー写真)

家族で笑った思い出

数年前に、実家の一家の大黒柱である父が倒れた。 脳梗塞で、一命は取り留めたものの麻痺が残ってしまった。 母は親戚(成年後見人)に上手いことを言われて離婚させられた。 …

炊き込みご飯(フリー写真)

母の炊き込みご飯

俺は小学生の頃、母の作った炊き込みご飯が大好物だった。 特にそれを口に出して伝えた事は無かったけど、母はちゃんと解っていて、誕生日や何かの記念日には、我が家の夕食は必ず炊き込みご…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

人に優しくあるためには

私は事故に遭い、足が不自由になってしまいました。 車椅子なしでは外出も出来ませんし、トイレも昔のようにスムーズに行うことが出来ません。 そんな私から友人たちも離れて行きまし…

浅草の三社祭の提灯(フリー写真)

母のガイドブック

東京で単身赴任をしていた時、連休になるといつも嫁が来て、家事などをしてくれていた。 母にも、偶には東京に来いよと言っていたのだけど、人混みが苦手だと言い、決して来なかった。 …

老夫婦(フリー写真)

夫婦の最期の時間

福岡市の臨海地区にある総合病院。 周囲の繁華街はクリスマス商戦の真っ只中でしたが、病院の玄関には大陸からの冷たい寒気が、潮風となって吹き込んでいたと思います。 そんな夕暮れ…

母(フリー写真)

私を大学に通わせてくれた母へ

あなたは私を産むまでずっと父の暴力に苦しんでいましたね。 私が産まれた時、あなたは泣きながら喜んだそうですね。 私が一才の誕生日に、借金を抱えたまま父が自殺しましたね。 …

犬(フリー写真)

コロの思い出

うちにはコロという名前の雑種の犬が居ました。 白色と茶色の長い毛がふわふわしている犬でした。 私が学生の頃は学校から帰って来る時間になると毎日、通学路が見える場所に座り、遠…