もう一度会いたい

公開日: 恋愛 | 悲しい話

手をつなぐカップル(フリー写真)

かつて、私には愛すべき彼女がいた。

彼女は素直で、容姿も整っていた。しかし周りからは常に皮肉を言われていた。

「あの女と付き合ってるの? お幸せにね」

彼女はあまり賢くはなかった。

高校を中退し、通信制の学校をようやく4年で卒業。

まともな職に就くこともなく、派遣社員として毎日を過ごしていた。

中学時代から、彼女は男たちに騙されて、彼らの欲望の道具にされていた。

彼女との出会いは友人の紹介だった。

しかし、それは彼女が妊娠した場合、私に責任を押し付ける算段だったと後になって知った。

最初の1年は幸せに過ごしていたが、彼女と一緒にいることが段々と恥ずかしく感じるようになった。

周囲の目が気になった。

彼女は私に依存し、私の気を引こうとした。

しかし、その行為が逆に私を苛立たせるようになった。

大学で良い成績を出せないストレスから、私は彼女に対して冷たくなっていた。

ある日、私が胃腸炎で寝込んだ日、彼女が私の家に来た。

予感はしていたが、全てが的中した。

皿を割り、洗剤をこぼし、乾いていない洗濯物をベッドに放り込み、お粥は煮えすぎて不味かった。

彼女が私の大切なエンタープライズのプラモデルを壊した時、私は怒りに震えた。

彼女は棚の掃除をしようとして落としたらしい。

私は叫んだ。

「もう何をやってるんだ!死ね!帰れ!」

彼女は泣きながら「ごめんね」と言い、玄関から消えていった。

それから一週間後、彼女は交通事故に遭った。

病室に入ると、医者が「ご家族の方ですか?」と言った。

私は首を横に振った。

医者は「お友達? 良かった、家族と連絡がつかず困っていたんです」と言い、彼女の酸素マスクを取って言った。

「今夜が最後だと思います」

深夜、彼女が目を覚ました。

彼女のぼろぼろの目から血混じりの涙がこぼれた。

「ゆうくん…」

彼女は私の手を握った。

力はもう殆どなかった。

「ゆうくんのことを考えてて、信号見逃してしまったみたい…」

彼女の息が荒くなった。

「ゆうくんの家にまた行っていい? 仲直りしたい…」

「いつでも来ていいよ。元気になったらな」

彼女は微笑んだ。

「ゆうくん、料理も掃除も教えて。でもその前に怪我を治して…」

彼女はそこで息を引き取った。

その後のことは記憶にありません。

医者と看護士が駆け込んできて、何かをしていました。

次に気がついた時、彼女は棺桶に入っていました。

彼女の家族が冷たい表情で病院に到着した。

葬式も告別式も形式的で、悲しんでいる人は一人もいませんでした。

「面倒くさい」とぼやく人もいました。

家族から頼まれ、彼女の家を整理に行った。

質素なアパートで、部屋は狭かった。

彼女が書いていた日記が机の上にあった。

交通事故の前日まで彼女との出来事が書かれていた。

涙が止まらなかった。

「ゆうくんの大切なエンタープライズを模型屋で作ったよ。

店員さんに手伝ってもらったけど、上手にできたかな。

明日、これを持ってゆうくんの家に行く。

お粥も掃除も練習したから、ゆうくんに喜んでほしいな」

今、彼女の墓は吉祥寺にある。

一つだけ願いが叶うなら、もう一度彼女に会いたい。この愚かな私に、もう一度彼女に会わせてほしい。

関連記事

朝焼け空(フリー写真)

自衛隊最大の任務

「若者の代表として、一つだけ言いたいことがあります…」 焼け野原に立つ避難所の一角で、その青年は拡声器を握り締め話し始めた。 真っ赤に泣き腫らした瞳から流れる涙を拭いながら…

月

三度の祈り

それは今から数年前、俺の人生における三度の神頼みの始まりでした。 最初は七歳の時、両親が離婚し、厳しい祖父母の元へ預けられた時のことです。 彼らから「お前のせいで別れた」…

目玉焼き(フリー写真)

彼女とフライパン

一人暮らしを始める時、意気込んでフライパンを買った。 ブランドには疎いが、とにかく28センチの物を一本。 それまで料理なんて全くしなかったのだが、一人暮らしだから自分で作る…

野球(フリー写真)

甲子園の約束

十年前、彼女が死んだ。 当時、俺達は高校3年生。同じ高校に通い、同じ部活だった。 野球部だった。 俺と彼女は近所に住む幼馴染で、俺は小さな頃から、野球が好きな両親に野…

手をつなぐカップル(フリー写真)

未来への遺言

私の初恋の人、かつての彼氏がこの世を去りました。 若さゆえに我儘を尽くし、悔いが残る行為ばかりでした。 ある日、突如として「別れて欲しい」と告げられ、私は意地を張って「い…

アイスクリーム(フリー写真)

アイスクリーム

中学3年生の頃、母が死んだ。 俺が殺したも同然だった…。 ※ あの日、俺が楽しみに取ってあったアイスクリームを、母が弟に食べさせてしまった。 学校から帰り冷凍…

花(フリー写真)

綺麗なお弁当

遠足の日、お昼ご飯の時間になり、担任の先生が子供たちの様子を見回って歩いていた時のことです。 向こうの方でとても鮮やかなものが目に入って来ました。 何だろうと思い近寄って見…

野球のボール(フリー写真)

尊敬する先輩

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。 世界で一番尊敬する先輩が居ました。 野球は本当に下手で、一度も打席に立たせてもらった事がありませんでした。 それでも毎…

戦後

少女の小さな勇気

第二次大戦が終わり、私は復員した日本の兵士の家族たちへの通知業務に就いていました。暑い日の出来事です。毎日、痩せ衰えた留守家族たちに彼らの愛する人々の死を伝える、とても苦しい仕事でし…

可愛い犬(フリー写真)

ボロという犬の話

小学3年生の時、親父が仕事帰りに雑種の小犬を拾って来た。 黒くて目がまん丸で、コロコロとした可愛い奴。 でも野良なので、小汚くて毛がボロボロに抜けていた。 そんな風貌…