脳内フィアンセ

公開日: ちょっと切ない話 | 友情 | 恋愛

婚約指輪(フリー写真)

もう十年も前の話。

俺が京都の大学生だった頃、男二人、女二人の四人組でいつも一緒に遊んでいた。

そんな俺たちが四回生になり、めでたく全員就職先も決まった。

「もうこうしてみんなで遊べるのも残り僅かだなー」

と四回生の後期は話していたなあ。

そして卒業が近付いて来た二月頃、急に四人の内の二人が「結婚する」と言い出した。

俺を含む残り二人は、びっくりしつつも心から祝福したよ。それに凄く羨ましかった。

残された二人で、

「何か羨まし過ぎるから、俺たちも結婚しようか?」

なんて言っていたら、

「じゃあ、お互い30歳になってもまだ独身だったら結婚しよう」

という話になった。

ありがちな話で恥ずかしいんだけどね。

そんなこんなで俺たちが25歳になった頃。

暫く振りに仮フィアンセ(笑)に会った。

「あと5年で結婚するハメになっちゃうよ。結婚の予定ないのかよ」と聞いたら、

「全くナシ」だって。

お互い笑いつつも、俺は少しホッとしていた。

この時『あ、俺本気でこの娘に惚れてるのか!』と気が付いた。

その一ヵ月後くらいかな。脳内フィアンセが交通事故に遭ったのは。

即死だった。もうだめ。半狂乱みたくなっちゃって。仕事も長期休暇になった。

何もする気にならなくて、完全に引き篭もり化してしまった。

そんな俺を助けてくれたのは、例の夫婦だった。

他県に住んでいるのに毎週、俺の様子を見に来てくれて。

偶には仕事休んでまで来てくれて。

「うっとーしい!もう来ないでくれ!」

なんて言ってしまっても懲りずに来てくれて。

無理矢理、一緒に酒を飲みに連れ出してくれて。

俺が何とか仕事に復帰した時なんか、号泣してくれちゃって。

考えたらあいつらだって俺と同じくらい悲しかったはずなのに。

今は毎晩思うよ。ありがとなって。本当にありがとなって。

お前らに見捨てられてたら俺、狂い過ぎて自殺していたかもしれない。

救ってくれてありがとな。

そんで、脳内フィアンセよ。

もうとっくに30歳は過ぎちゃったけど、俺結婚することになったよ。

だから約束は守れない。

まあ半分以上、冗談みたいな約束だったけどな(笑)。

見ていてくれよ。あいつらに負けないくらい仲の良い夫婦になってやるからさ。

街の夕日(フリー写真)

人とのご縁

自分は三人兄弟の真ん中として、どこにでもある中流家庭で育ちました。 父はかなり堅い会社のサラリーマンで、性格も真面目一筋。それは厳格で厳しい父親でした。 母は元々小学校の教…

砂時計(フリー写真)

親と一緒に居られる時間

あと何日、母ちゃんに会える日がある? 一人暮らしをしている人は、年に何日、実家に帰ってる? 俺は仕事が忙しくて、夏休みに3日、正月休みに3日の、年間6日くらいなんだけどさ。…

新婦(フリー写真)

父が隠していた物

友人(新郎)の結婚披露宴での出来事。 タイムスケジュールも最後の方、新婦の父親のスピーチ。 ※ 「明子。明子が生まれてすぐ、お前のお母さんは病気で亡くなりました。 お前…

通帳(フリー写真)

ばあちゃんの封筒

糖尿病を患っていて、目が見えなかったばあちゃん。 一番家が近くて、よく遊びに来る私を随分可愛がってくれた。 思えば、小さい頃の記憶は、殆どばあちゃんと一緒に居た気がする(母…

手を握る夫婦(フリー写真)

パパしっかり

妻へ まだ高校生だけどしっかり者の一人娘を遺してくれて有難う。 昨日の貴女のお通夜は寂しくないように沢山の友達連れて来てくれて有難う。 でもやっぱり寂しくて、娘と声…

手を繋ぐ友人同士(フリー写真)

メロンカップの盃

小学6年生の時の事。 親友と一緒に先生の資料整理の手伝いをしていた時、親友が 「あっ」 と小さく叫んだのでそちらを見たら、名簿の私の名前の後ろに『養女』と書いてあった…

繋がれた手(フリー写真)

彼との最後の夜

一年間、同棲していた彼が他界した。 大喧嘩をした日、交通事故に遭ったのだ。 本当に突然の出来事だった。 ※ その日は付き合って三年目の記念すべき夜だった。 しかし…

ビーチを歩くカップル(フリー写真)

初恋と友情

親友に第一子が生まれたとメールが届いたので記念に投稿します。 親友の嫁が俺の初恋の相手。 親友も親友の嫁(以下Aとします)も俺も同じ小学校、同じクラスで、Aは小学3年生の時…

母(フリー写真)

お母さんへ

お母さん 台所に立つとあなたが横に立って居る気がします。 お母さん 洗濯物を畳んでいると、ずぼらな私に 「ほらもっとキレイに畳まないと」 と言うあなたの声…

手(フリー写真)

無償の愛

おじいちゃんは老いから手足が不自由で、トイレも一人で行くのは厳しい。 だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしていた。 おばあちゃん以外が下の世話をするのを嫌がったからだ…