真っ直ぐな友へ

公開日: ちょっと切ない話 | 友情

グラス

私たちの友情は、中学時代から始まりました。彼は素直で一途、趣味に没頭するタイプでした。中学、高校、大学と一緒の学校に通い、彼は私にとって唯一の親友でした。

大学4年になり、就職活動が始まりました。先に就職が決まったのは私でした。彼は頭が悪いわけではありませんでしたが、どこか要領を得ないところがありました。彼の就職が決まったのは10月下旬で、周りから見ればかなり遅い方でしたが、彼の内定を心から祝いました。彼も無邪気な笑顔で感謝していました。

彼はいつも強がりを見せていたものの、内定が決まるまでのプレッシャーを感じていたのは明らかでした。私は彼がどれほど悩んでいたかを知っていたので、彼の成功を自分のことのように喜びました。

私たちは卒業し、社会人としての道を歩み始めました。新しい生活が始まると、会う機会は徐々に減っていきました。忙しさに追われる毎日の中で、私たちは次第に疎遠になっていきました。

社会人になって数年が経ち、ようやく私たちにも余裕が出てきました。しかし、彼は「忙しくて」という理由でなかなか会えませんでした。彼の働き方が異常だと感じ始めたのは、社会人5年目の冬でした。

半ば強引に飲み会を設定し、久しぶりに会った彼と近況を話し合いました。彼は朝6時に家を出て、深夜0時過ぎまで働いていること、休日も上司から呼び出されることが多いことを告げました。彼の過酷な労働環境に心配を感じ、「ブラックじゃないの?」と聞いたものの、彼は「楽しい」と強がっていました。

そして、彼と飲んだその日が、最後の思い出となりました。彼は一年後、病に倒れ、亡くなりました。過労が原因ではないとはいえ、彼は病気になっても休めず、最終的に命を落としました。彼の会社に対する憎しみと、彼を失った悲しみで、私は涙を流しました。

彼の過酷な働き方に気づきながら、何もできなかった自分に悔いが残ります。彼が最後に見せた「楽しい」という言葉の裏に隠された真意を、その時は理解できませんでした。

今、私は家庭を持ち、普通に働き、子供との時間を大切にしています。もし彼が今もいたら、「お金はないけど、家族との時間は幸せだよ」と伝え、彼が笑って「じゃあ、俺も恋人を作るか」と返す姿を想像します。

彼の純粋さと一途さ、そして彼の未来への夢は、今も私の心の中に生き続けています。

関連記事

カーネーション(フリー写真)

親心

もう5年も前の話かな。 人前では殆ど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 お袋は元々ちょっと頭が弱く、よく家族を困らせていた。 思春期の…

カップル

余命と永遠の誓い

彼は肺がんで入院し、余命宣告されていました。 本人は退院後の仕事の予定を立て、これからの人生に気力を振り絞っていました。 私と彼は半同棲状態で、彼はバツイチで大分年上だっ…

運動会(フリー写真)

素敵なお弁当

小学校高学年の時、優等生だった。 勉強もスポーツもできたし、児童会とか何かの代表はいつも役が回って来た。 確かに、良く言えば利発な子供だったと思う。 もう一人のできる…

遠足用具(フリー素材)

遠足のおやつ

小学生の頃、母親が入院していた時期があった。 それが俺の遠足の時期と重なってしまい、俺は一人ではおやつも買いに行けず、戸棚に閉まってあった食べかけのお茶菓子などをリュックに詰め込…

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。 大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。 …

妊婦さんのお腹(フリー写真)

命懸けで教えてくれた事

13年前、俺は親元を離れて一人暮らしの大学生という名のろくでなしだった。 自己愛性人格障害の父親に反発しつつも、影響をもろに受けていた。 プライドばかり高く、傲慢さを誇りと…

オフィス(フリー写真)

苦手だった部長

その時の部長は凄く冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせている人だった。 飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会などでも一人で淡々と飲むようなタイプ。 俺はよく怒…

夕焼け

パラオの別れ

南洋のパラオ共和国には、小さな島が幾つも点在している。 戦争中、これらの島々には日本軍が進駐していた。その中の一つの島に駐留していた海軍陸戦隊は、学徒出身の隊長の元、地元住民と…

夕焼け(フリー素材)

大きな下り坂

夏休みに自転車でどこまで行けるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。 国道をただひたすら進んでいた。途中に大きな下り坂があって、自転車はひとりでに進む。 ペダル…

カップルと夕日(フリー写真)

国境と愛

彼女と俺は同じ大学だった。二人とも無事四年生になってすぐの4月、連日のように中国での反日デモがニュース番組を賑わしていた頃のこと。 中国人の彼女とはどうしても険悪なムードになるか…