真っ直ぐな友へ

公開日: ちょっと切ない話 | 友情

グラス

私たちの友情は、中学時代から始まりました。彼は素直で一途、趣味に没頭するタイプでした。中学、高校、大学と一緒の学校に通い、彼は私にとって唯一の親友でした。

大学4年になり、就職活動が始まりました。先に就職が決まったのは私でした。彼は頭が悪いわけではありませんでしたが、どこか要領を得ないところがありました。彼の就職が決まったのは10月下旬で、周りから見ればかなり遅い方でしたが、彼の内定を心から祝いました。彼も無邪気な笑顔で感謝していました。

彼はいつも強がりを見せていたものの、内定が決まるまでのプレッシャーを感じていたのは明らかでした。私は彼がどれほど悩んでいたかを知っていたので、彼の成功を自分のことのように喜びました。

私たちは卒業し、社会人としての道を歩み始めました。新しい生活が始まると、会う機会は徐々に減っていきました。忙しさに追われる毎日の中で、私たちは次第に疎遠になっていきました。

社会人になって数年が経ち、ようやく私たちにも余裕が出てきました。しかし、彼は「忙しくて」という理由でなかなか会えませんでした。彼の働き方が異常だと感じ始めたのは、社会人5年目の冬でした。

半ば強引に飲み会を設定し、久しぶりに会った彼と近況を話し合いました。彼は朝6時に家を出て、深夜0時過ぎまで働いていること、休日も上司から呼び出されることが多いことを告げました。彼の過酷な労働環境に心配を感じ、「ブラックじゃないの?」と聞いたものの、彼は「楽しい」と強がっていました。

そして、彼と飲んだその日が、最後の思い出となりました。彼は一年後、病に倒れ、亡くなりました。過労が原因ではないとはいえ、彼は病気になっても休めず、最終的に命を落としました。彼の会社に対する憎しみと、彼を失った悲しみで、私は涙を流しました。

彼の過酷な働き方に気づきながら、何もできなかった自分に悔いが残ります。彼が最後に見せた「楽しい」という言葉の裏に隠された真意を、その時は理解できませんでした。

今、私は家庭を持ち、普通に働き、子供との時間を大切にしています。もし彼が今もいたら、「お金はないけど、家族との時間は幸せだよ」と伝え、彼が笑って「じゃあ、俺も恋人を作るか」と返す姿を想像します。

彼の純粋さと一途さ、そして彼の未来への夢は、今も私の心の中に生き続けています。

関連記事

子供の寝顔(フリー写真)

お豆の煮方

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。 そのプリントには交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。 それは交通…

夕日と花を掴む手(フリー写真)

泣くな

ある日、教室へ行くと座席表が書いてあった。 私の席は廊下側の前から二番目。彼は窓側の一番後ろの席。離れてしまった。 でも同じクラスで本当に良かった。 ※ クラスに馴染ん…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…

クリスマス(フリー写真)

サンタさんへの手紙

6歳の娘がクリスマスの数日前から、欲しいものを手紙に書いて窓際に置いていた。 何が欲しいのかなあと、夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった…

月明かり(フリー写真)

お月さんの下で

昨日、彼女の家の犬が死んだ。 彼女の家は昔、彼女の兄貴が高校生という若さで自殺してから、両親も彼女もうつ病になって酷い状態だったらしい。 そんな時に引き取って来た犬だったそ…

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…

浜辺で手を繋ぐカップル(フリー写真)

彼女の面影

彼女が痴呆になりました。 以前から物忘れが激しかったが、ある日の夜中に突然、昼ご飯と言って料理を始めた。 更に、私は貴方の妹なのと言ったりするので、これは変だと思い病院へ行…

父と娘(フリー写真)

娘から神様への手紙

私の4歳の娘が、字を教えて欲しいと頼んできました。 どうせすぐに飽きるだろうと思っていましたが、毎晩教えていました。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話がありまし…

シャム猫(フリー写真)

父親と猫のミル

家にはもう十年飼っていた猫が居たんだ。 家の前は昔、大きな広場で、その猫はその広場の片隅にある車の中で寝ていた子猫だった。 俺と姉ちゃんでその猫を家の庭まで連れ帰って来ちゃ…

父の背中(フリー写真)

本当のお金の価値

私が中学校1年生の時の話である。 私は思春期や反抗期の真っ只中ということもあり、少しばかりやんちゃをしていた。 不法侵入をしたり、深夜まで遊んでいたこともあり、警察にはし…