前彼の祝福

公開日: 心温まる話 | 恋愛

結婚式(フリー写真)

学生時代、彼氏を事故で亡くした。

引き摺りまくって、もう新しい彼氏も結婚も要らないと荒み、誘いも蹴り告白も断った。

お一人様の老後を設計していたのだけど、ある日いきなりご縁が降って湧いた。

今までそんな気になれなかったのに、ふと付き合ってみる気になって(これがそもそも不思議。色々と大変な時期でそれどころじゃなかったのに)、付き合い始めてみるとあれよあれよと結婚まで進んで行った。

そして結婚式当日。天気予報は雨だったのに何故か見事に晴れ。

式は恙無く進み、招待客のお見送りの時間になった。

先頭に立って来たのは十年来の親友(女性)。

「今日はありがとう」

と声を掛けようとしたのだけど、その前に

「おめでとう、幸せに」

と私、主人と握手。一礼して退場。

仕草と言い、言い方と言い、紛れもなく前彼のものだった。

一瞬驚いたけど、

『ああ、前彼だな。来てくれたんだ…』

と、何となく納得してしまった。

二次会の時、親友にそれとなく式の間のことを聞いてみると、何故か彼女、平謝り。

「乾杯のシャンパンしか口にしてないのに緊張してたからか酔ったみたい。

式がお開きになる前後くらいから記憶がない。

気が付いたら近所のカフェに座っていた。泥酔して迷惑掛けたよね」

とのこと。いえ、あなた普通に素面だったし普段うわばみですよね…。

近くに居た友人二人曰く、

「酔ってた様子には見えなかった。そういう酔い方もあるんだね。

気分も悪くなさそう。と言うか『ああいい気分だ!』と言ってたよ」

もちろん親友はその記憶もなし。

ちなみに、式から二次会までそんな時間も空いていないのに、泥酔したはずの親友に酒が残っている気配は一切なし…。

『ああ、前彼が祝福に来てくれたんだな。心配かけていたのね…』

としんみりしてしまった。

そのうち子どもでもできたら、墓前に参って

「ありがとう。幸せだよ。でも親友には謝ろうね」

と言っておこうかなと思っています。

関連記事

カップル(フリー写真)

彼女の日常

俺には幼馴染の女の子が居た。 小学校から中学校まで病気のため殆んど普通の学校に行けず、いつも院内学級で一人で居るせいか人付き合いが苦手で、俺以外に友達は居なかった。 彼女の…

バラの花束(フリー写真)

大きなバラの花束

接客を何年か担当してくれていた優秀な女性スタッフが、その店を辞めることになった。 店長は、一生懸命仕事をしてくれた彼女に何かお礼がしたかった。 いよいよ彼女の最後の出勤の日…

ハート(フリー素材)

残りの一年

彼女に大事な話があるからと呼び出した。 彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。 てっきり別れると言われるのかと思ってビビりながら、いつものツタヤの駐車場に集合。 …

おむすび(フリー写真)

母の意志

僕が看取った患者さんに、スキルス胃がんに罹った女性の方が居ました。 余命3ヶ月と診断され、彼女はある病院の緩和ケア病棟にやって来ました。 ある日、病室のベランダでお茶を飲み…

入学式とランドセル(フリー写真)

お兄ちゃんの思いやり

小学1年生の息子と、幼稚園の年中の息子、二児の母です。 下の子には障害があり、今年は就学問題を控えています。 今年に入ってすぐ、上の子が 「来年は弟くんも1年生だね~…

ローカル電車(フリー写真)

特別な千円札

学生時代、貧乏旅行をした。 帰途、寝台列車の切符を買ったら残金が80円! もう丸一日、何も食べていない。 家に着くのは約36時間後…。 空腹をどうやり過ごすか考…

クリスマスプレゼント(フリー写真)

沢山のキッス

クリスマスが近付いた時期の話です。 彼は三才の娘が包装紙を何枚も無駄にしたため、彼女を厳しく叱りました。 貧しい生活を送っていたのに、その子はクリスマスプレゼントを包むため…

親子の手(フリー写真)

自慢の息子

これを書いている私は今、38歳の会社員です。 私は30歳の時にうつ病を患いました。 父が自殺、その後、高校の同級生である友人が自殺。 仕事は忙しく、三ヶ月休みが無い…

日記帳(フリー写真)

彼の遺した日記

2年間、付き合っていた彼に振られました。 それはもう、最後は彼が言ったとは思えないほどの酷い言葉で。 どんなにまだ好きだと言っても復縁は叶わず、音信不通になってしまいました…

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

お母さんありがとう

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。 風邪ひとつ引かない元気な母だった。 僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。 借金を作って逃げたらしい。 母は早朝4…