不器用な親父

公開日: 家族 | 心温まる話 | | 長編

浜辺で子供を抱き上げる父親(フリー写真)

俺の親父は仕事一筋で、俺が小さな頃に一緒にどこかへ行ったなんて思い出は全く無い。

何て言うのかな…俺にあまり関わりたがらないような人って感じ。

俺は次男だったんだけど、兄貴には結構厳しくて、説教したり時には手を出していたのを見た事もあった。でも俺にはそんな事は全く無かったんだ。

だから余計に、兄貴の事ばかりで俺には興味が無いんじゃないか(言い方が変かもしれないが)と、よく思っていた。

高校を決める時も、

「お前がいいならそれでいい」

の一言だけ。

遅く帰っても、テストの成績が悪くても全く口を出さなくてさ、いつも俺に言うのはおかん。

まともに今日何があったとか話した事も、殆ど無かった気がする。親父から話し掛けてくる事なんてまず無い。

だから俺も殆ど親父に関わらずに生きて来たんだ。

そんな親父が入院したのは、ちょうど高校2年生の時。

動脈硬化と言うのだっけか…血管がコレステロールで詰まってしまう病気。

その時もさ、確かに驚きはしたけど、そっか…という感じだった。

暫く入院と通院が続き、手術もして大分良くなった時が、ちょうど俺の大学受験と重なったんだ。

第一志望の大学の合格通知を見た時、おかんはちょうど病院に居た。

連絡を取りたくても、その時は今ほど携帯電話が普及していなかったから、おかんから電話が来るか帰って来るのを待つしかなかった。

その時、タイミング良く今から帰るから晩飯を買って行くと電話が来たんだ。

当然、その時に報告したらおかんも大喜びしてくれた。

おかんと電話で話してから20分くらい経ってからかな、家に電話が掛かって来た…。親父からだった。

おかんから今さっきの電話で大体の様子は聞いていた。少なくとも一人で電話して来られるほどには、まだ回復していない事も。

「親父、何やってんだよ。寝てなきゃ駄目じゃないのか?」

「馬鹿、俺なんかどうでもいいんだよ。それより、大学受かったんだって?」

「あぁ…」

「そっか、良かったな…おめでとう!」

その時さ、何かもう頭の中が真っ白になっちゃって、その先に何を話したのか全然覚えていないんだ。

無理してまで俺におめでとうと言ってくれたのが嬉しくてさ…電話を切った瞬間に、涙が溢れて止まらなかった。

おかんが帰って来た時も俺は泣いていて、言葉にならないような声で、おかんにその事を言ったんだ。

そしたらさ、ゆっくり話し始めてくれた…親父の事。

親父は小さな頃に父親を戦争で亡くしていて、親としてどう子供に接したら良いか分からないと、おかんによく言っていた事。

兄貴に厳しくして俺に何も言わなかったのも、どうしたら俺と上手くコミュニケーションが取れるか分からなかったからという事。

俺が小さな頃に一回怒って、俺が全く親父に寄り付かなくなった時があって、それがずっと心に残っていた事。

俺が何が好きかよく分からなくて、休みの日にどこへ連れて行こうか迷っている内に、結局行けなくなってしまった事。

俺の事が可愛くて仕方が無かったから何も言えず、ただ心配しか出来ず、おかんに色々言うしか出来なかった事。

親父が俺を避けていたんじゃなくて、俺が親父を避けていたという事。

馬鹿だよな、俺。何も分からなくて、分かろうともしなくて…。親父は凄く悩んでいたというのにさ。

もしかしたらさ、俺のせいで病気になったんじゃないかって。

もう情けなくて申し訳なくて、泣きながらずっと親父に謝っていた。

それから親父はすぐに仕事を退職し、毎日家に居る。相変わらず毎日の薬と、週に何回かの通院のままだけどね。

親父、長生きしてくれな。俺も大学を卒業し仕事に就く事が出来て、今まで出来なかった親孝行がやっと出来るようになったんだからさ。

俺が仕事に行く時、わざわざ玄関まで来なくたっていいよ。欲しい物があったら何でも言ってくれよ。

体が辛くなったらすぐ言ってくれよ。気なんか遣わなくていいんだからさ…。

最後に、面と向かっては言えないからここで言わせてくれ。

こんな馬鹿息子で本当にごめん…ありがとう。

空の太陽(フリー写真)

祖父が立てた誓い

三年前に死んだ祖父は、末期癌になっても一切治療を拒み、医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。 体中に癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)…

ファミレス(フリー写真)

兄妹の情

ファミレスで仕事をしていると、隣のテーブルに親子が座ったんです。 妙に若作りしている茶髪のお母さんと、中学一年生くらいの兄、そして小学校低学年くらいの妹です。 最初はどこに…

夕方の教室(フリー背景素材)

校長先生の名授業

私が考える教育の究極の目的は『親に感謝、親を大切にする』です。 高校生の多くは、今まで自分一人の力で生きて来たように思っている。 親が苦労して育ててくれたことを知らないんで…

犬(フリー写真)

良い犬の話

良い人じゃなくて、良い犬の話。 知り合いのお爺さんが愛犬と山道を散歩していて、途中のベンチで座って一休みしていたら…。 蛇(名前は忘れたが毒を持っている)がお爺さんに齧り付…

手を繋いで歩く夫婦(フリー写真)

たった一つの記憶

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵を彷徨いました。 私がそれを知ったのは、倒れてから5日も経ってからでした。 夫の家族が病院に駆け付け、携帯電話を見て私の…

病室(フリー写真)

おばあちゃんの愛

私のばあちゃんは、いつも沢山湿布をくれた。 しかも肌色のちょっと高い物。 中学生だった私はそれを良く思っていなかった。 私は足に小さな障害があった。 けれど日…

巣鴨の歩行者天国(フリー写真)

とげぬき地蔵様

私は小さい頃から中耳炎で、しょっちゅう耳が痛くなっては、治療のために耳鼻科へ行っていました。 小学校に入ると、私が耳鼻科に行くために学校を休んだり早退したりすると、クラスの子に …

手を繋いで夕日を眺めるカップル(フリー写真)

ずっと並んで歩こうよ

交通事故に遭ってから左半身に少し麻痺が残り、日常生活に困るほどではないけれど、歩くとおかしいのがばれる。 付き合い始めの頃、それを気にして一歩下がるように歩いていた私に気付き、手…

白打掛(フリー写真)

両親から受けた愛情

先天性で障害のある足で生まれた私。 まだ一才を過ぎたばかりの私が、治療で下半身全部がギプスに。 その晩、痛くて外したがり、火の点いたように泣いたらしい。 泣き疲れてや…

家族(フリー写真)

娘への遺言

レミオロメンの「3月9日」という曲が流れる度に、私は泣きそうになります。 両親は、私が10歳の時に事故死しました。 あの日は家族旅行に行っていました。 帰り道、高速…