僕はずっと傍に居るよ

公開日: 心温まる話 | 恋愛 | 長編

カップル(フリー写真)

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。

友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。

しかし無愛想・無関心ではやって行けないご時世ですよ。

嘘を吐いたり笑顔を作ったり、そんなことばかりしていたら苛められるようになりました。

小学校から中学校まで、友達は本当に少なかったです。

そんな私にも、中学一年生の頃から付き合い始めた彼氏が居ました。

好きじゃなかったけど告白されたから付き合った、そんな感じです。

そして私は苛めっ子の居ない、少し遠くの高校を選び、平凡に通っていました。

しかし、噂はよく届くもので、小さい頃の噂が高校まで流れて来ました。

また悪夢のような苛めを受ける日々が始まりました。

ところがある日を境に少しずつ、本当に少しずつ私を苛める人は減って行きました。

そして半年もすれば、入学当初のような優しい笑顔を、大体の人が向けてくれるようになりました。

理由もよく判らず、また普通の生活を送っていました。

その三日後くらいに、隣に住んでいて同じ高校に通う幼馴染が、学校の階段から落ちて病院に運ばれたとお母さんから電話が来ました。

病院に着くと、足を天井からぶら下げた紐のようなもの(名前が判らない)に乗せていました。

そして顔には殴られたような痣があり、病弱な幼馴染にしては珍しいなと思いました。

本人は、

「また眩暈がして階段から足滑らしたんだー」

なんて笑っていました。

幼馴染は結局、一週間ほどで退院をして、すぐにいつものようになりました。

私はお母さんから、

「ジュン君は病弱だし、危ないから毎朝一緒に登校したら?」

と言われました。

私には前述の通り彼氏が居て、駅まで一緒に行くというのが日課でした。

だから少し嫌だなと思い、幼馴染に話しに行きました。

すると幼馴染は、

「彼氏と行きなよー」

と笑って断りました。

少し困ったような顔をしていたので『こいつは私が嫌いなのかー』なんて思ったぐらいでした。

そんなある日、私は彼氏に振られました。

「お前以外に付き合ってる奴居るし。クールそうだと思って付き合ったらただの無愛想だし。つまんねーから別れる」

と言われました。

私は別に好きじゃないと自分で思っていたので、

「いいよ」

と言って別れました。

しかし、やはり好きだったのでしょうか。涙が沢山溢れ出して、苛め以上に辛く感じられました。

その時、声を掛けてくれたのは幼馴染でした。

「僕はずっと傍に居るよ。離さないよ。だから僕と付き合おう? ずっと好きだった」

と言うのです。

私は傷心していたのもあり、すぐにOKを出しました。

幼馴染は前の彼氏以上に私を大切に扱ってくれましたが、逆にそれが鬱陶しく感じて、別れようかなと思っていました。

そんなある日、一緒に登校した幼馴染が、靴箱の前で紙を握り締め、溜め息を吐く光景を見ました。

私はただの興味本位で、幼馴染が見ていない隙にポケットから紙を抜き出しました。

『まだ懲りてないんだね』

『死ね』

『リンカと付き合ったんだって? キモ(笑)』

『また落とされたいのぉ?(笑)』

私は紙に書かれた内容に目を疑いました。

私は幼馴染に、

「これ何?」

と詰め寄りました。

すると幼馴染は温かい表情で笑い、

「だってリンカ、危なっかしいんだもん。

言ったじゃん、ずっと好きだったって。

僕はずっとリンカだけを見てたよ。

リンカは全然僕を見てくれないしさ。

でも僕は守ることが出来たら良かったんだ。

小学校と中学校は体が弱くて何も出来なかったけど、今なら守れるからさ。

気にしないで!」

私は気付くことが出来ていなかったのです。一番優しくて、大好きで、大切なかけがえのない存在が近くに居たことを。

声を出して泣くと、幼馴染は優しく頭を撫でてくれました。

これからは彼を大切にする、そう決めたばかりの頃のことでした。

学校が終わったある日、幼馴染が

「用事があるから先に帰ってくれる?」

と言い、私だけを帰しました。

そこで私が帰らなければ、彼はあんな風になる筈が無かったのです。

家でダラダラしていると、お母さんが凄い形相で部屋に入って来ました。

彼が、私を苛めている女子たちに、氷水をかけられ倒れたと。

彼は心臓が悪く走るのも駄目で、無理して私の通学に付き合ってくれているレベルだったのです。

病院に駆け込むと、彼は目を閉じて横たわっていました。

私は思わず、

「死んだの…?」

と呟いてしまいました。

すると彼はゆっくり顔を上げ、いつものように優しく

「勝手に殺さないでよ」

と笑いました。

そう笑っていたものの、彼は私との通学やその日の氷水などが原因で体を壊しました。

そして学校を退学し、ずっと入院することになりました。

私はまた学校で苛められるようになりました。

そこで初めて知りました。

彼は、

「リンカは良い奴だから、悪いところだけじゃなく良いところも見て」

と皆に言い回っていたそうです。

つまり、私の高校での苛めが減ったのも彼のお陰。

私は馬鹿でした。

気付くの遅いし、ずっと傍に居てあげられないし、鬱陶しく感じていたし。

私は朝と昼休みと夕方に毎日、病院に通いました。

本当に大切なものは、その時には気付かないかもしれない。

そして、その大切なものを自分が傷つけるかもしれない。

でも、後から全ては変えられるんです。

後から気付いても、頑張って埋めれば良い。彼がそれを教えてくれました。

あれから8年経ちますが、今では彼そっくりの可愛い女の子と彼と三人で、仲良く暮らしてます。

ちょっと風邪っぴきなので、

「あなたに似たんじゃない?」

と笑い合えるのが凄く嬉しいです。

関連記事

新郎新婦(フリー写真)

結婚式場の小さな奇跡

栃木県那須地域(大田原市)に『おもてなし』の心でオンリーワン人情経営の結婚式場があります。 建物は地域の建築賞を受賞(マロニエ建築デザイン賞)する程の業界最先端の建物、内容、設…

母の絵(フリー写真)

欲しかったファミコン

俺の家は母子家庭で貧乏だったから、ファミコンが買えなかった。 ファミコンを持っている同級生が凄く羨ましかったのを憶えている。 小学校でクラスの給食費が無くなった時など、 …

阿佐ヶ谷七夕まつりの短冊(フリー写真)

人のために出来ること

ある家庭に、脳に障害のある男の子が生まれた。 そして数年後、次男が誕生した。 小さい頃、弟は喧嘩の度に 「兄ちゃんなんて、バカじゃないか」 と言った。それを聞い…

機関車(フリー写真)

モンロヴィアへ

太平洋戦争が終わって間もない頃、彼女は単身ニューヨークに留学しました。 ところが、待っていたのは人種差別…。 栄養失調と精神的プレッシャーが重なり、肺結核に罹ってしまったの…

柴犬(フリー写真)

犬が結んだ家族の絆

昔、うちでは一匹の犬を飼っていた。 名前はナオ。 ご近所の家で産まれた犬を、妹がみんなに相談もしないで貰って来たのだ。 当時うちの妹は中学生、俺は高校を卒業して働いて…

赤ちゃんの手を握る母(フリー写真)

お母さんありがとう

昨日、午前4時22分に母が亡くなった。 風邪ひとつ引かない元気な母だった。 僕が幼稚園に入る頃には、もう父は居なかった。 借金を作って逃げたらしい。 母は早朝4…

教室(フリー写真)

先生の決心

俺のばあちゃんから聞いた、ばあちゃんの小学生時代の話をする。 ばあちゃんが小学5年生の時の担任の先生、島田先生はとても良い先生だったそうだ。 とても熱心で生徒思いの先生だ…

父の手(フリー写真)

受け継がれた情熱

俺の親父は消防士だった。 いつ何があってもおかしくない仕事だから、よく母に 「俺に何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 と言っていたのを憶えている。 ※…

花(フリー写真)

母の匂いと記憶

先日、母の日に実家へ帰った時、ジョイントを持って行った。 兄に子供が生まれた関係で家は禁煙になっていて、俺の部屋も物置き状態。 母親の隣で寝る事になったんだけど、何か気恥ず…

夕方の教室(フリー背景素材)

校長先生の名授業

私が考える教育の究極の目的は『親に感謝、親を大切にする』です。 高校生の多くは、今まで自分一人の力で生きて来たように思っている。 親が苦労して育ててくれたことを知らないんで…