僕はずっと傍に居るよ

公開日: 心温まる話 | 恋愛 | 長編

カップル(フリー写真)

私は昔から、何事にも無関心で無愛想でした。

友達は片手で数えるほどしか居らず、恋愛なんて生まれてこの方、二回しか経験がありません。

しかし無愛想・無関心ではやって行けないご時世ですよ。

嘘を吐いたり笑顔を作ったり、そんなことばかりしていたら苛められるようになりました。

小学校から中学校まで、友達は本当に少なかったです。

そんな私にも、中学一年生の頃から付き合い始めた彼氏が居ました。

好きじゃなかったけど告白されたから付き合った、そんな感じです。

そして私は苛めっ子の居ない、少し遠くの高校を選び、平凡に通っていました。

しかし、噂はよく届くもので、小さい頃の噂が高校まで流れて来ました。

また悪夢のような苛めを受ける日々が始まりました。

ところがある日を境に少しずつ、本当に少しずつ私を苛める人は減って行きました。

そして半年もすれば、入学当初のような優しい笑顔を、大体の人が向けてくれるようになりました。

理由もよく判らず、また普通の生活を送っていました。

その三日後くらいに、隣に住んでいて同じ高校に通う幼馴染が、学校の階段から落ちて病院に運ばれたとお母さんから電話が来ました。

病院に着くと、足を天井からぶら下げた紐のようなもの(名前が判らない)に乗せていました。

そして顔には殴られたような痣があり、病弱な幼馴染にしては珍しいなと思いました。

本人は、

「また眩暈がして階段から足滑らしたんだー」

なんて笑っていました。

幼馴染は結局、一週間ほどで退院をして、すぐにいつものようになりました。

私はお母さんから、

「ジュン君は病弱だし、危ないから毎朝一緒に登校したら?」

と言われました。

私には前述の通り彼氏が居て、駅まで一緒に行くというのが日課でした。

だから少し嫌だなと思い、幼馴染に話しに行きました。

すると幼馴染は、

「彼氏と行きなよー」

と笑って断りました。

少し困ったような顔をしていたので『こいつは私が嫌いなのかー』なんて思ったぐらいでした。

そんなある日、私は彼氏に振られました。

「お前以外に付き合ってる奴居るし。クールそうだと思って付き合ったらただの無愛想だし。つまんねーから別れる」

と言われました。

私は別に好きじゃないと自分で思っていたので、

「いいよ」

と言って別れました。

しかし、やはり好きだったのでしょうか。涙が沢山溢れ出して、苛め以上に辛く感じられました。

その時、声を掛けてくれたのは幼馴染でした。

「僕はずっと傍に居るよ。離さないよ。だから僕と付き合おう? ずっと好きだった」

と言うのです。

私は傷心していたのもあり、すぐにOKを出しました。

幼馴染は前の彼氏以上に私を大切に扱ってくれましたが、逆にそれが鬱陶しく感じて、別れようかなと思っていました。

そんなある日、一緒に登校した幼馴染が、靴箱の前で紙を握り締め、溜め息を吐く光景を見ました。

私はただの興味本位で、幼馴染が見ていない隙にポケットから紙を抜き出しました。

『まだ懲りてないんだね』

『死ね』

『リンカと付き合ったんだって? キモ(笑)』

『また落とされたいのぉ?(笑)』

私は紙に書かれた内容に目を疑いました。

私は幼馴染に、

「これ何?」

と詰め寄りました。

すると幼馴染は温かい表情で笑い、

「だってリンカ、危なっかしいんだもん。

言ったじゃん、ずっと好きだったって。

僕はずっとリンカだけを見てたよ。

リンカは全然僕を見てくれないしさ。

でも僕は守ることが出来たら良かったんだ。

小学校と中学校は体が弱くて何も出来なかったけど、今なら守れるからさ。

気にしないで!」

私は気付くことが出来ていなかったのです。一番優しくて、大好きで、大切なかけがえのない存在が近くに居たことを。

声を出して泣くと、幼馴染は優しく頭を撫でてくれました。

これからは彼を大切にする、そう決めたばかりの頃のことでした。

学校が終わったある日、幼馴染が

「用事があるから先に帰ってくれる?」

と言い、私だけを帰しました。

そこで私が帰らなければ、彼はあんな風になる筈が無かったのです。

家でダラダラしていると、お母さんが凄い形相で部屋に入って来ました。

彼が、私を苛めている女子たちに、氷水をかけられ倒れたと。

彼は心臓が悪く走るのも駄目で、無理して私の通学に付き合ってくれているレベルだったのです。

病院に駆け込むと、彼は目を閉じて横たわっていました。

私は思わず、

「死んだの…?」

と呟いてしまいました。

すると彼はゆっくり顔を上げ、いつものように優しく

「勝手に殺さないでよ」

と笑いました。

そう笑っていたものの、彼は私との通学やその日の氷水などが原因で体を壊しました。

そして学校を退学し、ずっと入院することになりました。

私はまた学校で苛められるようになりました。

そこで初めて知りました。

彼は、

「リンカは良い奴だから、悪いところだけじゃなく良いところも見て」

と皆に言い回っていたそうです。

つまり、私の高校での苛めが減ったのも彼のお陰。

私は馬鹿でした。

気付くの遅いし、ずっと傍に居てあげられないし、鬱陶しく感じていたし。

私は朝と昼休みと夕方に毎日、病院に通いました。

本当に大切なものは、その時には気付かないかもしれない。

そして、その大切なものを自分が傷つけるかもしれない。

でも、後から全ては変えられるんです。

後から気付いても、頑張って埋めれば良い。彼がそれを教えてくれました。

あれから8年経ちますが、今では彼そっくりの可愛い女の子と彼と三人で、仲良く暮らしてます。

ちょっと風邪っぴきなので、

「あなたに似たんじゃない?」

と笑い合えるのが凄く嬉しいです。

関連記事

砂浜を歩くカップル(フリー写真)

当たり前の日常

小さな頃から、私と彼はいつも一緒でした。 周りがカップルに間違えるほどの仲でした。 私が彼に恋愛感情を抱いていると気付いたのは、高校3年生の時です。 今思うと、その前…

夫婦(フリー写真)

奥さんの日記

嫁の日記を盗み読みしたら、いつも昼飯は納豆ご飯やお茶漬けしか食べていないことが判った。 友達とファミレスに行くのも月に一度と決めているらしい。 俺に美味しい料理を食べさせた…

丸まるキジトラ猫(フリー写真)

猫のたま

病弱な母がとても猫好きで、母が寝ているベッドの足元にはいつも猫が丸まっていた。 小さな頃は、母の側で寝られる猫が羨ましくて、私も猫を押し退けては母の足元で丸まっていた。 『…

桜(フリー写真)

地元の友だち

話は遡ること3年前。 桜が開花し始めた頃、俺は自殺を考えていた。 大した理由ではないが、失恋、借金や勤めていた会社が倒産した事が重なり、全てに失望していた。 コミュニ…

手編みのマフラー(フリー写真)

オカンがしてくれたこと

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。 そんな家だった。 ※ そんな俺の15歳の誕生日。 オカンが顔に微笑みを浮かべて、…

高校生(フリー写真)

ほら、笑いなよ!

高校2年生の夏、僕は恋をした。 好きで好きで堪らなかった。 その相手を好きになった切っ掛けは、僕がクラスで虐めに遭い落ち込んでいた頃、生きる意味すら分からなくなり教室で一人…

バイク(フリー写真)

最高の子供達

昔話になるが、15歳の時に親父が畑や山に通うのに使うスーパーカブを無免で持ち出し、親父に顔の形が変わるほどぶん殴られて以来のバイク好きだった。 カブから始まり、モンキー、FX、C…

雪(フリー写真)

季節外れの雪

「ゆきをとってきて…おねがい、ゆきがみたい…」 あなたはそう言って、雪をほしがりましたね。 季節外れの雪を。 ※ あれから何年も時が経ちました。 あなたは、ゆっく…

三毛猫(フリー写真)

幸せな猫の一生

僕はご主人様に拾われました。 毎日、おいしいご飯をくれました。 外で汚れたら、お風呂で洗ってくれました。 いつもいっぱい遊んでくれました。 たまにイタズラして怒…

飛行機雲(フリー写真)

きっと天国では

二十歳でヨーロッパに旅をした時の実話をいっちょう。 ルフトハンザの国内線に乗ってフランクフルト上空に居た時、隣に座っていたアメリカ人のじい様に話し掛けられた。 日本は良い国…