人と人との出会い

公開日: 仕事 | 心温まる話

警察官の方(フリー写真)

何年か前の、5月の連休中のこと。

あるご夫婦がライトバンのレンタカーを借り、佐賀から大分県の佐伯(さいき)市を目指して出掛けた。

佐伯市からは夜23時に四国行きのフェリーが出ていたからだ。

有料道路も整備されていなかった時代なので、充分な時間の余裕を持って出掛けたつもりだったが迷いに迷ってしまい、大分の湯布院に着いた時は夜の21時だった。

ご主人はこれでは間に合わないと焦り、大分南警察署に飛び込み、佐伯までの近道を聞いた。

警察官は、

「我々大分の慣れた人間でも、佐伯までは距離があり山道で複雑なので、道に迷ったり事故に遭うかもしれない。

今晩は諦めてゆっくりここへ泊まり、明日出掛けたらどうですか?」

とアドバイスした。

しかしご主人は、

「それは、できません。

実は、私たちの19歳になる娘が、高知県でウィンドサーフィンをやっている最中に溺れて亡くなった、という知らせを今日受けたのです。

生きた娘に会いに行くのなら明日でも良いのですが、死んでしまった娘ですから急いで駆け付けてやりたいのです」

と正直に事情を話した。

それを聞いた警察官は、

「そういうことでしたら全力を上げ、何とか努力だけはしましょう」

と言った。

そしてすぐにフェリーの会社に電話をし、事情を説明して出港を待って欲しいと頼んだが、

「公共の乗り物でもあるし、キャンセル待ちが何台もあり難しい。とにかく22時半までには来てください」

と断られたという。

その遣り取りをしている間、もう一人の警察官が署長に了解を取り、車庫のシャッターを開けて閉まってあったパトカーを出して来た。

そして赤色灯を点け、レンタカーの前にぴったり寄せて、

「今から、この車をパトカーで先導します。

このレンタカーの運転もベテランの警察官が運転しますので、ご夫婦は後ろの席に替わってください」

と言った。

そして物凄いスピードで大分市内まで降りて来て、

「我々はここから先は送れませんが、とにかくこの10号線を真っ直ぐに南に下ってください。

そうしたら佐伯に必ず出られます。

どうか、頑張って運転してください」

と言い、敬礼をして戻って行った。

佐伯に着くと、警察官の再三再四の要請に船会社も動いてくれ、一台分のキャンセル待ちのスペースを空けて待っていてくれた。

そしてフェリーに何とか乗ることができ、娘さんの遺体を収容して帰って来ることができたという。

娘さんを亡くされたご夫婦はその後、何日間かはあまりの悲しみで呆然とし、何もできなかった。

暫くして気持も落ち着き、

『あの時もし船に間に合わなかったら、どんな気持で一日待っただろうか』

と思うと居ても立っても居られなくなり、大分南警察署にお礼の手紙を出した。

そして、その手紙で皆の知るところとなった若い警察官は表彰され、こう言ったという。

「我々だけじゃないと思いますが、人と人との出会いは損か得かじゃありません。

損か得かだったら、こういうことは一歩も進みませんから」

お年寄りの手(フリー写真)

おばあちゃんが注いだ愛情

こどもの発達がちょっとゆっくりで、保健センターに通っている。 そこの母子教室の最中、おばあちゃんと男の子が二人、迷い込んで来た。 「すみません、里親会の集まりの会場はここで…

夫婦の手(フリー写真)

私は幸せでした

文才が無いため酷い文になると思いますが、少し私の話に付き合ってください。 24歳の時、私は人生のどん底に居ました。 6年間も付き合って婚約までした彼には、私の高校時代の友人…

レストラン(フリー写真)

父の気持ち

某信用金庫に勤める二十歳の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院へセットに行ったりして大喜び。 ところ…

ディズニーランド(フリー写真)

ディズニーランドの星

ある日、ディズニーランドのインフォメーションに、一人の男性が暗い顔でやって来ました。 「あの…落とし物をしてしまって」 「どういったものでしょうか?」 「サイン帳です…

ラムネ(フリー写真)

笑顔でいるんだ

俺が小学生の頃、家のすぐ近くにお好み焼屋があったんだ。 その店はお婆さんが一人でやっているお店で、細々と続いていた。 俺はその頃いじめられててさ、でも家に帰っても家族には何…

母と子

母の強さ

母は、バツニです。 1人目の旦那さんで兄と私を産み、2人目の旦那さんで妹を産みました。 1人目の父はギャンブル依存症で、多額な借金を抱え家に帰って来ないほどパチンコをして…

手を繋ぐカップル(フリー写真)

幸せの在り処

もう五年も前になる。 当時無職だった俺に彼女が出来た。 彼女の悩みを聞いてあげたのが切っ掛けだった。 正直、他人事だと思って調子の良いことを言っていただけだったが、彼…

レトロなサイダー瓶(フリー写真)

子供時代の夏

大昔は、8月上旬は30℃を超えるのが夏だった。朝晩は涼しかった。 8月の下旬には、もう夕方の風が寂しくて秋の気配がした。 泥だらけになって遊びから帰って来ると、まず玄関に入…

野球ボール(フリー写真)

父と息子のキャッチボール

私の父は高校の時、野球部の投手として甲子園を目指したそうです。 「地区大会の決勝で9回に逆転され、あと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」 と、小さい頃によく聞か…

親子(フリー写真)

知ってるよ

「結婚したい子が出来た」 とオヤジに言ったら、数日後に 「大事な話がある」 と言われ、家族会議になった。 今までに無い、真剣な顔で…。 父「実は、俺と…俺…