人と人との出会い

公開日: 仕事 | 心温まる話

警察官の方(フリー写真)

何年か前の、5月の連休中のこと。

あるご夫婦がライトバンのレンタカーを借り、佐賀から大分県の佐伯(さいき)市を目指して出掛けた。

佐伯市からは夜23時に四国行きのフェリーが出ていたからだ。

有料道路も整備されていなかった時代なので、充分な時間の余裕を持って出掛けたつもりだったが迷いに迷ってしまい、大分の湯布院に着いた時は夜の21時だった。

ご主人はこれでは間に合わないと焦り、大分南警察署に飛び込み、佐伯までの近道を聞いた。

警察官は、

「我々大分の慣れた人間でも、佐伯までは距離があり山道で複雑なので、道に迷ったり事故に遭うかもしれない。

今晩は諦めてゆっくりここへ泊まり、明日出掛けたらどうですか?」

とアドバイスした。

しかしご主人は、

「それは、できません。

実は、私たちの19歳になる娘が、高知県でウィンドサーフィンをやっている最中に溺れて亡くなった、という知らせを今日受けたのです。

生きた娘に会いに行くのなら明日でも良いのですが、死んでしまった娘ですから急いで駆け付けてやりたいのです」

と正直に事情を話した。

それを聞いた警察官は、

「そういうことでしたら全力を上げ、何とか努力だけはしましょう」

と言った。

そしてすぐにフェリーの会社に電話をし、事情を説明して出港を待って欲しいと頼んだが、

「公共の乗り物でもあるし、キャンセル待ちが何台もあり難しい。とにかく22時半までには来てください」

と断られたという。

その遣り取りをしている間、もう一人の警察官が署長に了解を取り、車庫のシャッターを開けて閉まってあったパトカーを出して来た。

そして赤色灯を点け、レンタカーの前にぴったり寄せて、

「今から、この車をパトカーで先導します。

このレンタカーの運転もベテランの警察官が運転しますので、ご夫婦は後ろの席に替わってください」

と言った。

そして物凄いスピードで大分市内まで降りて来て、

「我々はここから先は送れませんが、とにかくこの10号線を真っ直ぐに南に下ってください。

そうしたら佐伯に必ず出られます。

どうか、頑張って運転してください」

と言い、敬礼をして戻って行った。

佐伯に着くと、警察官の再三再四の要請に船会社も動いてくれ、一台分のキャンセル待ちのスペースを空けて待っていてくれた。

そしてフェリーに何とか乗ることができ、娘さんの遺体を収容して帰って来ることができたという。

娘さんを亡くされたご夫婦はその後、何日間かはあまりの悲しみで呆然とし、何もできなかった。

暫くして気持も落ち着き、

『あの時もし船に間に合わなかったら、どんな気持で一日待っただろうか』

と思うと居ても立っても居られなくなり、大分南警察署にお礼の手紙を出した。

そして、その手紙で皆の知るところとなった若い警察官は表彰され、こう言ったという。

「我々だけじゃないと思いますが、人と人との出会いは損か得かじゃありません。

損か得かだったら、こういうことは一歩も進みませんから」

関連記事

観覧車

天使の誕生日に

秋の深まりを感じながら、私たちは数年ぶりにディズニーランドを訪れました。ディズニーランドのスタッフの皆様、いつも夢のような時間をありがとうございます。 この日は、特別な日でした…

ベトナムの夕日(フリー写真)

あの子は僕の友達なんです

ベトナムの村にある宣教師たちの運営する孤児院が、爆撃を受けてしまいました。 宣教師達と二人の子供達が即死し、その他の者も重傷を負いました。 重傷になった者達の中でも、8才の…

桜

再会と再出発

3年前、私は桜が開花し始める頃に自殺を考えていました。失恋、借金、会社の倒産と様々な問題が重なり、絶望していたのです。両親とも絶縁状態で、孤独を感じていました。 最後に何か美味…

蒸気機関車(フリー写真)

まるで紙吹雪のように

戦後間もない頃、日本人の女子学生であるA子さんがアメリカのニューヨークに留学しました。 戦争直後、日本が負けたばかりの頃のことです。人種差別や虐めにも遭いました。 A子さ…

スマホを持つ男性(フリー写真)

父からの保護メール

俺は現在高校3年生なんだけど、10月26日に父親が死んだ。 凄く尊敬出来る、素晴らしい父親だった。 だから死んだ時は母親も妹も泣きじゃくっていた。 ※ それから二ヶ月ほ…

靴を持つ夫婦(フリー写真)

二つの指輪

「もう死にたい…。もうやだよ…。つらいよ…」 妻は産婦人科の待合室で、人目もはばからず泣いていた。 前回の流産の時、私の妹が妻に言った言葉…。 「中絶経験があったりす…

セイコーマート(フリー写真)

小さな子供達の友情

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。 いつも買い物に来る小さな子の話を一つ。 その子は生まれつき目が見えないらしく、白い杖をついて母親と一緒に週二、三度うちの店を訪れる…

花嫁(フリー写真)

娘として育てた妹

先日、友人の娘の結婚式に出席した。 友人とは高校からの友達で、娘の事も知っている。 しかし、その子は実は友人が20歳の時に生まれた妹で、親の居ない家族として育てるよりも、…

手話(フリーイラスト素材)

手話の先生

小学生の頃、難聴の子がクラスに居た。 補聴器を付ければ普通学級でも問題無い程度の難聴の子だった。 彼女はめちゃくちゃ内気で、イジメられこそしていなかったけど、友達は居なかっ…

瓦礫

震災と姑の愛

結婚当初、姑との関係は上手く噛み合わず、会う度に気疲れしていた。 意地悪されることはなかったが、実母とは違い、姑は喜怒哀楽を直接表現せず、シャキシャキとした仕事ぶりの看護士だっ…