野球と夢

公開日: 心温まる話

野球道具(フリー写真)

一球投げる度、脱げそうになる帽子を被り直す。

岩瀬・真壁・筑波の連合チームの田中康太(筑波2年)は同点の七回、3番手でマウンドに上がった。

1点勝ち越されたが、味方が追い付いてくれた。

八回二死一、二塁のピンチもゼロで切り抜けた。

ぶかぶかの田中の帽子は、学校から借りた。

他にも、身に着けている野球道具の殆どが貰い物だ。

グラブは体育の授業で使うソフトボール用、スパイクは部室に放置されていた。

練習着も田嶋一彦監督や先輩から貰った。

田中は5人兄弟の母子家庭で育った。

野球道具を買って貰う余裕はない。

穴が開いたスパイクは砂が入るし、ソフトボール用のグラブは生地が薄くて、ちょっと痛い。

でも、野球は楽しい。

今年5月、小学4年の弟がサッカーを始めた。

道具や食費など出費がかさむ。

夜、母が涙を流す姿を見てしまった。

お金のことで悩んでいるようだ。

練習試合を終え、自転車で帰宅していた時、

「家族を助けられるなら」

と決意し、田嶋監督の携帯を鳴らした。

「野球辞めてバイトします」

これまでも、田中の家庭事情を知る田嶋監督や部長が、体を大きくさせようとプロテインや筋肉に負荷をかける加圧パンツをプレゼントしてくれた。

マネージャーはこっそりチームで一番大きいおにぎりを作ってくれた。

でも、この時は『辞めた方が』の気持ちが勝った。

初めて告げられた田嶋監督は、

「絶対辞めさせたくない」

と思い、両立できる方法を二人で考えた。

田中は野球と両立出来るバイトを探し、スーパーの品出しのバイトを見つけた。

仲間よりも早く練習を切り上げ、スーパーに向かう日々だ。

九回裏、先頭打者に立った。

「死んでも塁に出よう」

死球で出塁し、サヨナラの本塁を踏んだ。

試合後、

「僕と同じ境遇の人の希望になれれば」

と笑顔で話し終えるとすぐ、バイト先に向かった。

桜吹雪(フリー写真)

母さんのふり

結構前、家の固定電話に電話がかかってきた。 『固定電話にかけてくるなんて、誰かなぁ』 と思いながらも、電話に出てみた。 そしたら、 「もしもし? 俺だけど母さん…

ご縁の糸(フリー写真)

風変わりなアピール

30歳になる少し前に離婚した。 その一年半後に現在の妻を紹介された。 高校を出て7年間、妻は俺の祖母の兄が営む田舎町の店舗に勤めていた。 安い給料なのに真面目に働く良…

タクシー(フリー写真)

母の愛

俺は母子家庭で育った。 当然物凄く貧乏で、それが嫌で嫌で仕方がなかった。 だから俺は馬鹿なりに一生懸命勉強して、隣の県の大きな町の専門学校に入ることができた。 そし…

椅子(フリー写真)

脳内共同ガールフレンド

大戦中にドイツ軍の捕虜収容所に居たフランス兵たちのグループが、長引く捕虜生活の苛立ちから来る仲間内の喧嘩や悲嘆を紛らわすために、皆で脳内共同ガールフレンドなるものを作った話を思い出した…

ローカル電車(フリー写真)

特別な千円札

学生時代、貧乏旅行をした。 帰途、寝台列車の切符を買ったら残金が80円! もう丸一日、何も食べていない。 家に着くのは約36時間後…。 空腹をどうやり過ごすか考…

ラグビー場(フリー写真)

ラグビーと恩師

私は高校時代に万引きをして、人生観が変わりました。 中学から好きだった野球を続ける為に、有名な強豪校に希望して入りました。 しかしボールを触らせて貰えず、毎日ボール拾いばか…

赤い薔薇(フリー写真)

赤い薔薇の花束

数年前にお父さんが還暦を迎えた時、家族4人で食事に出掛けた。 その時はお兄ちゃんが全員分の支払いをしてくれた。 普段着ではなく、全員が少しかしこまっていて照れくさい気もした…

猫(フリー写真)

父を護衛する猫

父が突然亡くなった。 うちの猫のみぃは、父の行く先行く先に付いて行く猫だった。 「こいつはいつも俺の後を付いて来るんだ。俺の護衛なんだ」 と父は生前、少し自慢気に言っ…

機関車(フリー写真)

モンロヴィアへ

太平洋戦争が終わって間もない頃、彼女は単身ニューヨークに留学しました。 ところが、待っていたのは人種差別…。 栄養失調と精神的プレッシャーが重なり、肺結核に罹ってしまったの…

夫婦の手(フリー写真)

大事なメール

嫁が風呂に入っている時に携帯を見てしまった。 メールボックスには俺が送った『今から帰る』というような、くだらないメールばかり。 でもフォルダがあって、そこにメールが一杯貯ま…