彼女の遺言

恋人(フリー写真)

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合っているカップルが居ました。

仲良しで、でも二人だけの世界を作っている訳ではなく、みんなと仲良くしていました。

私は女の方の一番の友達だったのだけど、彼氏とも仲良くしていました。

大学を卒業しても交流があったし、何度か会った時も二人は一緒で、本当に仲良しだなあ…と思っていました。

最後に三人で会った時、

「結婚しないの?」

と聞いたら、

「うん、まあね…」

とお茶を濁すような返事が返って来ました。

その後、彼女の病気が判り入院して、彼は仕事の行きと帰りに欠かさず彼女のお見舞いに行っていました。

私も何度も行きました。

病名は水頭症(脳腫瘍の一種)でした。

結局、治療も空しく、彼女はこの世の人ではなくなってしまったのです…。

私達が25歳の夏でした。

お通夜と告別式のお手伝いに行った時、喪服を着てちょこんと座り、タバコを吸っている彼に、

「…何て言って良いか、分かんないよ…」

と、私は泣きながら言いました。

すると彼は、

「そうだね。でも、これであいつが他の誰のものにもならない事が決まったしね」

と、ニッコリと笑顔で言いました。私は耐えられなくて号泣。

それでも彼は殆ど無表情で、まあまあと私の肩を抱いてくれました。

出棺の時、

「これが最後のお別れです」

と式場の人が言った途端、彼は耐え切れなくなって、崩れるようにボロボロと涙を流し始めました。

子供のように、大きな声を上げて。

その姿を見て、またしても私は号泣でした。

数日後、少し落ち着いてから彼と会いました。

見て欲しい物があると言うのです。

それは彼女が昏睡して意識を失う前に書いた、最後の手紙だったんです。

「俺はね、あいつを励まそうと思って『結婚しようよ』と言ったんだ。

そうしたら、あいつは『病気が治ったら結婚届けを出そうね』と言ってた。

俺は『間違いなく治るからさ』と励まして、役所に行って結婚届けを貰って来た。

でも俺は、本当はもう無理だって知ってたんだ。でも励ましたかったんだ。

あいつが死んだ日に、あいつのお父さんが黙ってこれを渡してくれた」

彼はそう言って、私に手紙を渡してくれました。

中には見慣れた彼女の筆跡で、こう書いてありました。

『うそつき。でも凄く嬉しかった。本当にそうなったらな…と何度も思いました。

私にはあなたの代わりはもう見つからない。だから私はずっとあなたのもの。

だけどあなたの代わりはいるんだよ。気にしないで良いからね。

落ち込んだあなたを、きっと一番励ましてくれるだろう人が誰なのかは、解ってるから。

その人にこの手紙を見せてあげて下さい。本当にありがとうございました。じゃあね!』

私はその手紙を見て、人前なのにまたしてもボロボロ号泣してしまって。

彼は、

「それは多分、君の事なんじゃないか?」

と言いました。

うん。私は前から彼が好きだった。

それから彼とお付き合いを始めて、もう4年になります。

カップル(フリー写真)

二人の幸せ

私は現在20歳です。 今付き合っている彼氏とは、去年の夏にナンパされて知り合った。 彼氏の見た目はいわゆるチャラ男で、それなりに遊んでいる感じ。 絶対好きになんてなら…

カップル(フリー写真)

大好きだった彼

あれは今から1年半前。大学3年になりたての春。 大学の授業が終わり、帰り支度をしている時に携帯が鳴った。 着信画面を見ると、彼の親友でした。 珍しいなと思って電話に出…

椅子(フリー写真)

脳内共同ガールフレンド

大戦中にドイツ軍の捕虜収容所に居たフランス兵たちのグループが、長引く捕虜生活の苛立ちから来る仲間内の喧嘩や悲嘆を紛らわすために、皆で脳内共同ガールフレンドなるものを作った話を思い出した…

空(フリー写真)

4歳の約束

7ヶ月前、妻が他界して初めての娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って、朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後はあんなに、 「ママにあいたい」 「…

夏休みの情景(フリー写真)

バス停の女の子

俺が小学3年生の夏休みの話。 今の今までマジで忘れていた。 小学校の夏休みとか、遊びまくった覚えしかない。 俺は近所の男子と夏休み中、開放されていた学校の校庭で、午後…

夫婦の後ろ姿(フリー写真)

一番大切なもの

ここ数ヶ月、色々な意味で忙しかった。 25歳で自営を始めて10年と少し営んで来た店を畳んだ。 利益が出ず、嫁の収入が主な生活費になっていて、いつ辞めるかのタイミングを見てい…

猫(フリー写真)

息子が教えてくれた

ある日、子供が外に遊びに行こうと玄関の戸を開けた。 その途端、まるで見計らっていたかのように、猫は外に飛び出して行ってしまいました。 そして探して見つけ出した時には、あの子…

花(フリー写真)

母心

ちょっとした事で母とケンカした。 3月に高校を卒業し、4月から晴れて専門学生となる私は、一人暮らしになる不安からか、ここ最近ずっとピリピリしていた。 「そんなんで本当に一人…

ダイヤの結婚指輪(フリー写真)

年下の彼氏

年下の彼氏が居た。当時の私は30歳で、彼は22歳だった。 大学生だった彼は、社会人の私に頭が上がらなかったらしく、付き合い始めて3年経っていたが将来の話なんて一つもしなかった。 …

海の父娘(フリー写真)

例え火の中でも

私の両親は小さな喫茶店を営んでいます。 私はそこの一人娘で、父は中卒で学歴はありませんが、とても真面目な人でした。 バブルが弾けて景気が悪化して来た頃、父は仕事の暇な時間に…