彼女の遺言

恋人(フリー写真)

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合っているカップルが居ました。

仲良しで、でも二人だけの世界を作っている訳ではなく、みんなと仲良くしていました。

私は女の方の一番の友達だったのだけど、彼氏とも仲良くしていました。

大学を卒業しても交流があったし、何度か会った時も二人は一緒で、本当に仲良しだなあ…と思っていました。

最後に三人で会った時、

「結婚しないの?」

と聞いたら、

「うん、まあね…」

とお茶を濁すような返事が返って来ました。

その後、彼女の病気が判り入院して、彼は仕事の行きと帰りに欠かさず彼女のお見舞いに行っていました。

私も何度も行きました。

病名は水頭症(脳腫瘍の一種)でした。

結局、治療も空しく、彼女はこの世の人ではなくなってしまったのです…。

私達が25歳の夏でした。

お通夜と告別式のお手伝いに行った時、喪服を着てちょこんと座り、タバコを吸っている彼に、

「…何て言って良いか、分かんないよ…」

と、私は泣きながら言いました。

すると彼は、

「そうだね。でも、これであいつが他の誰のものにもならない事が決まったしね」

と、ニッコリと笑顔で言いました。私は耐えられなくて号泣。

それでも彼は殆ど無表情で、まあまあと私の肩を抱いてくれました。

出棺の時、

「これが最後のお別れです」

と式場の人が言った途端、彼は耐え切れなくなって、崩れるようにボロボロと涙を流し始めました。

子供のように、大きな声を上げて。

その姿を見て、またしても私は号泣でした。

数日後、少し落ち着いてから彼と会いました。

見て欲しい物があると言うのです。

それは彼女が昏睡して意識を失う前に書いた、最後の手紙だったんです。

「俺はね、あいつを励まそうと思って『結婚しようよ』と言ったんだ。

そうしたら、あいつは『病気が治ったら結婚届けを出そうね』と言ってた。

俺は『間違いなく治るからさ』と励まして、役所に行って結婚届けを貰って来た。

でも俺は、本当はもう無理だって知ってたんだ。でも励ましたかったんだ。

あいつが死んだ日に、あいつのお父さんが黙ってこれを渡してくれた」

彼はそう言って、私に手紙を渡してくれました。

中には見慣れた彼女の筆跡で、こう書いてありました。

『うそつき。でも凄く嬉しかった。本当にそうなったらな…と何度も思いました。

私にはあなたの代わりはもう見つからない。だから私はずっとあなたのもの。

だけどあなたの代わりはいるんだよ。気にしないで良いからね。

落ち込んだあなたを、きっと一番励ましてくれるだろう人が誰なのかは、解ってるから。

その人にこの手紙を見せてあげて下さい。本当にありがとうございました。じゃあね!』

私はその手紙を見て、人前なのにまたしてもボロボロ号泣してしまって。

彼は、

「それは多分、君の事なんじゃないか?」

と言いました。

うん。私は前から彼が好きだった。

それから彼とお付き合いを始めて、もう4年になります。

バー(フリー写真)

大好きな姉

20歳を迎えたその日、姉が雰囲気の良いショットバーに連れて行ってくれた。 初めてのバーに圧倒されている俺を見て、姉は 「緊張してんの? 何か子供の頃のアンタみたい」 …

目玉焼き(フリー写真)

彼女とフライパン

一人暮らしを始める時、意気込んでフライパンを買った。 ブランドには疎いが、とにかく28センチの物を一本。 それまで料理なんて全くしなかったのだが、一人暮らしだから自分で作る…

巣鴨の歩行者天国(フリー写真)

とげぬき地蔵様

私は小さい頃から中耳炎で、しょっちゅう耳が痛くなっては、治療のために耳鼻科へ行っていました。 小学校に入ると、私が耳鼻科に行くために学校を休んだり早退したりすると、クラスの子に …

数式(フリー素材)

天才数学者の意志

人は彼のことを「神童」とも「天才」とも「未来を嘱望された若手数学者」とも形容する。 ただ一貫しているのは、彼の頭脳力と、それに劣らない人格に対する尊敬と敬愛だろう。 20…

田舎の風景(フリー写真)

せめて届かないだろうか

葬式、行けなくてゴメン。 マジでゴメン。 行かなかったことに言い訳できないけどさ、せめてものお詫びに、お前んちの裏の山に登って来たんだ。 工事用の岩の間に作った基地さ…

桜(フリー写真)

優しい彼の嘘

私には付き合って一年の彼氏がいました。 その彼氏(Sとします)には持病があり、心臓を患っていました。 一緒にご飯を食べていると胸を押さえて苦しがったり、偶に倒れたり、何度も…

デジカメを持つ女性(フリー写真)

母がデジカメを買った

機械音痴の母がデジカメを買った。 とても嬉しいらしく、はしゃぎながら色々なものを撮っていた。 ※ 何日か経った頃、メモリが一杯で写せなくなったらしく 「どうすればいいの…

手を繋ぎ歩く子供(フリー写真)

身近な人を大切に

3歳ぐらいの時から毎日のように遊んでくれた、一個上のお兄ちゃんが居た。 成績優秀でスポーツ万能。しかも超優しい。 一人っ子の俺にとっては、本当にお兄ちゃんみたいな存在だった…

おでこを当てる父と娘(フリー写真)

もうおねえさんだから

7ヶ月前に妻が他界して初めて迎えた、娘の4歳の誕生日。 今日は休みを取って朝から娘と二人、妻の墓参りに出掛けて来た。 妻の死後、暫くはあんなに 「ままにあいたい」「ま…

野良猫(フリー写真)

猫の痰助

11年前の2月、何も無い湖の駐車場に彼女と居ると、ガリガリの猫が寄って来た。 よろよろと俺たちの前に来ると、ペタンと地面に腹をつけて座った。 動物に無関心だった俺は『キタね…