彼女の遺言

恋人(フリー写真)

大学時代の同級生仲間で、1年の時から付き合っているカップルが居ました。

仲良しで、でも二人だけの世界を作っている訳ではなく、みんなと仲良くしていました。

私は女の方の一番の友達だったのだけど、彼氏とも仲良くしていました。

大学を卒業しても交流があったし、何度か会った時も二人は一緒で、本当に仲良しだなあ…と思っていました。

最後に三人で会った時、

「結婚しないの?」

と聞いたら、

「うん、まあね…」

とお茶を濁すような返事が返って来ました。

その後、彼女の病気が判り入院して、彼は仕事の行きと帰りに欠かさず彼女のお見舞いに行っていました。

私も何度も行きました。

病名は水頭症(脳腫瘍の一種)でした。

結局、治療も空しく、彼女はこの世の人ではなくなってしまったのです…。

私達が25歳の夏でした。

お通夜と告別式のお手伝いに行った時、喪服を着てちょこんと座り、タバコを吸っている彼に、

「…何て言って良いか、分かんないよ…」

と、私は泣きながら言いました。

すると彼は、

「そうだね。でも、これであいつが他の誰のものにもならない事が決まったしね」

と、ニッコリと笑顔で言いました。私は耐えられなくて号泣。

それでも彼は殆ど無表情で、まあまあと私の肩を抱いてくれました。

出棺の時、

「これが最後のお別れです」

と式場の人が言った途端、彼は耐え切れなくなって、崩れるようにボロボロと涙を流し始めました。

子供のように、大きな声を上げて。

その姿を見て、またしても私は号泣でした。

数日後、少し落ち着いてから彼と会いました。

見て欲しい物があると言うのです。

それは彼女が昏睡して意識を失う前に書いた、最後の手紙だったんです。

「俺はね、あいつを励まそうと思って『結婚しようよ』と言ったんだ。

そうしたら、あいつは『病気が治ったら結婚届けを出そうね』と言ってた。

俺は『間違いなく治るからさ』と励まして、役所に行って結婚届けを貰って来た。

でも俺は、本当はもう無理だって知ってたんだ。でも励ましたかったんだ。

あいつが死んだ日に、あいつのお父さんが黙ってこれを渡してくれた」

彼はそう言って、私に手紙を渡してくれました。

中には見慣れた彼女の筆跡で、こう書いてありました。

『うそつき。でも凄く嬉しかった。本当にそうなったらな…と何度も思いました。

私にはあなたの代わりはもう見つからない。だから私はずっとあなたのもの。

だけどあなたの代わりはいるんだよ。気にしないで良いからね。

落ち込んだあなたを、きっと一番励ましてくれるだろう人が誰なのかは、解ってるから。

その人にこの手紙を見せてあげて下さい。本当にありがとうございました。じゃあね!』

私はその手紙を見て、人前なのにまたしてもボロボロ号泣してしまって。

彼は、

「それは多分、君の事なんじゃないか?」

と言いました。

うん。私は前から彼が好きだった。

それから彼とお付き合いを始めて、もう4年になります。

パソコン(フリー写真)

母からのメール

私が中学3年生になって間もなく、母が肺がんであるという診断を受けたことを聞きました。 当時の自分は受験や部活のことで頭が一杯で、生活は大丈夫なのだろうか、お金は大丈夫なのだろう…

空(フリー写真)

祖父の恩人

仕事でどうしようもないミスをしてしまい、次の日に仕事に行きたくないと鬱ぎ込んでいた時の事だ。 家に帰りたくなく、仕事帰りにいつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみた。 …

夕方の教室(フリー背景素材)

校長先生の名授業

私が考える教育の究極の目的は『親に感謝、親を大切にする』です。 高校生の多くは、今まで自分一人の力で生きて来たように思っている。 親が苦労して育ててくれたことを知らないんで…

桜(フリー写真)

天国のお父さんへ

幼くして父親を亡くした女の子が、小学校に入学する頃のことでした。 周りの子はみんな、親から買ってもらった赤いランドセルを背負って通学していました。 しかし、その子の家庭は幼…

花(フリー写真)

母が見せた涙

うちは親父が仕事の続かない人で、いつも貧乏だった。 母さんは俺と兄貴のために、いつも働いていた。ヤクルトの配達や、近所の工場とか…。 土日もゆっくり休んでいたという記憶は無…

ベトナムの夕日(フリー写真)

あの子は僕の友達なんです

ベトナムの村にある宣教師たちの運営する孤児院が、爆撃を受けてしまいました。 宣教師達と二人の子供達が即死し、その他の者も重傷を負いました。 重傷になった者達の中でも、8才の…

父と子(フリー写真)

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。 産まれた時から耳が聞こえなかった俺は、物心ついた時にはもう既に簡単な手話を使っていた。 耳が聞こえな…

ろうそくの火(フリー写真)

ろうそくの火と墓守

急な坂をふうふう息を吐きながら登り、家族のお墓に着く。 風が強いんだ、今日は。 春の日差しに汗ばみながら枯れた花を除去して、生えた雑草を取り、墓石を綺麗に拭く。 狭い…

梅干し(フリー写真)

憧れた世界

飲んだくれの親父のせいで貧乏育ち。だから小さい頃は遠足の弁当が嫌いだった。 麦の混ざったご飯に梅干しと佃煮。 恥ずかしいから、 「見て~!俺オッサン弁当!父ちゃんが『…

柴犬(フリー写真)

おばあちゃんと柴犬

昔の話だが、近所に旦那さんに先立たれ、独り暮らしをしているお婆ちゃんが居た。 お婆ちゃんは室内で柴犬を飼っていた。 嫁いだ娘さんや孫たちがしょっちゅう様子を見に来ていたから…