父と過ごした日々

公開日: ちょっと切ない話 | 家族 |

親子(フリー写真)

2年前、父を癌で亡くしました。

癌が発覚したのはその3年前。風邪が治らないと病院に通い、それでも治らず精密検査をしたら肺癌が見つかりました。しかもリンパにも転移していました。

この時から、父を含め私達家族は、彼の人生が残り少ない事を少しずつ覚悟していたと思います。

リンパに転移がある以上、もう癌を切っても意味がないので抗ガン剤治療です。

副作用で味覚は変わってしまい、美味しいものを美味しく食べられない生活でした。

そんな中でも私達家族も父も精一杯、幸せに過ごす事を一番に考えて沢山笑いました。笑う事で少しでも回復すると信じていました。

でも現実は甘くはなく、ある時から食べられていたのが食べられなくなり、ずっと嘔吐を繰り返し、ついには痩せ細って倒れてしまいました。

私は内臓に癌が転移したのかと心配していたけどそうではなく、転移は脳でした。

父は脳に転移した事で日常生活もままならず、記憶力も日に日に落ちて行きました。

賢くて、頼りになって、困ったら何でも直してくれた父が、子どものようになってしまいました。

病はゆっくり父を蝕み、脳に転移が発覚した一年後、父は静かに息を引き取りました。

病気が発覚してから父とお別れするまで、私達には3年の月日がありました。

事故などで大切な人と突然お別れした方々の事を思うと、父と向き合う時間をしっかり作れたのは幸せな事でした。

父自身も、脳への転移で闘病で苦しんだ事も死への恐怖も最後まで分からず、精神的に辛かった方々を思えば幸せだったと思います。

だけど、やはり最初の病院でもっと早く癌を疑ってくれたら、嘔吐が繰り返された時にもっと早く脳への転移を疑っていたらと、後悔すればきりがありません。

最後にお父さんとちゃんと話したのはいつだったかな。どんな話をしたのかな。

最後のお父さんの言葉、ちゃんと聞きたかったな。色々大切な事を言葉にして話したかったな。

お父さん、大切にしてくれてありがとう。いつも助けてくれてありがとう。

お母さんが反対した結婚に賛成してくれて祝福してくれてありがとう。

彼が挨拶に来た時泣いてたよね?

孫の事もとても可愛がってくれてありがとう。

これからも大切に育ててもらった分、お父さんと一緒に居られなかった分、お母さんを大切にして、家族を大切にして、周りを大切にして、私は一生懸命生きるから見守ってね。

花(フリー写真)

綺麗なお弁当

遠足の日、お昼ご飯の時間になり、担任の先生が子供たちの様子を見回って歩いていた時のことです。 向こうの方でとても鮮やかなものが目に入って来ました。 何だろうと思い近寄って見…

ケーキカット(フリー写真)

思い出のスプーン

私は不妊治療の末にようやく産まれた子供だったそうです。 幼い頃から本当に可愛がられて育ちました。 もちろんただ甘やかすだけではなく、叱られることもありました。 でも常…

色鉛筆で描かれた線(フリー写真)

弟の物語

私の家族は、父、母、私、弟の四人家族。 弟がまだ六歳の時の話。 弟と私は十二才も歳が離れている。凄く可愛い弟。 だけど私は遊び盛りだったし、家に居れば父と母の取っ組み…

渋滞(フリー写真)

迷彩服のヒーロー

一昨年の夏、私は5歳の息子を連れて、家から車で1時間の所にある自然博物館の昆虫展へ向かっていました。ムシキングの影響で、息子はとても楽しみにしていました。 あと数キロと言う地点で…

女性(フリー写真)

見守ってる

昨日、恋人が死んだ。 病気で苦しんだ末、死んだ。 通夜が終わり、病院に置いて来た荷物を改めて取りに行ったら、その荷物の中に俺宛の手紙が入っていた。 そこには、 …

妊婦さんのお腹(フリー写真)

母子手帳

今年の6月に母が亡くなった。火事だった。 同居していた父親は外出していて、弟は無事に逃げる事が出来たのだけど、母親は煙に巻かれて既に駄目だった。 自分は違う地方に住んでいた…

手紙(フリー写真)

神様に宛てた手紙

四歳になる娘が字を教えて欲しいと言ってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。 ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。 「○○ちゃんから…

ラブラドール(フリー写真)

最期の見送り

もう数年前の話。 私が小学5年生の時に、ラブラドールを飼った。 母はその犬に『サーブ』と名付けた。 ※ 飽き性だった私は、散歩も父に任せきになり、餌やり当番だけを続けた…

ゴルフ場(フリー写真)

数奇な恋の話

俺が惚れた子の話をします。 俺はもう既に40歳前を迎えた独身男だ。 彼女も5年近く居ない。 そんな俺が去年の5月頃に友人に誘われ、ゴルフを始めた。 ゴルフなんて…

おばあさん(フリー素材)

ばあちゃんいつまでもげんきでね

ばあちゃんの痴呆症は日に日に進行し、ついに家族の顔も分からなくなった。 お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んだが、それすらも自分の母親と思い込んでいるらしかった。 俺と親父は…