ほどこしと親切

公開日: 家族 | 心温まる話

サーカス(フリー写真)

私がまだ十代の頃の話です。

サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を待っていました。

私たちの前に居るのは、ようやくあと一家族だけとなりました。

私はその家族に強く心を惹かれました。

その家族には子供が八人も居て、一番年上の子供でも十二歳ぐらいにしか見えません。

あまり裕福そうではなく、着ている服も上等とは言えませんが、綺麗に洗濯されています。

そして行儀良く手を繋ぎ、両親の後ろにきちんと二列に並んでいました。

期待に胸をはずませた子供たちは、ピエロのこと、象のこと、そして今から見る色々な演技のことを嬉しそうに話していました。

どうやら、サーカスを見るのはこれが初めてのようです。

子供たちにとって、今日のサーカスは生涯残る素晴らしい思い出となることでしょう。

子供たちの前には、両親がとても誇らしげに立っていました。

妻は夫の手をしっかりと握って夫を見上げ、夫も暖かいほほ笑みを浮かべて、妻を見つめ返していました。

売場の女性が、入場券の枚数を訊ねました。

父親は胸を張って答えます。

「子供八枚と大人二枚ください。これで家族にサーカスを見せてやれますよ」

入場券の合計金額が告げられました。

すると妻は夫の手を離し、黙って俯いてしまいました。

夫の口唇も震えています。

彼は聞き返しました。

「いくらですって?」

売場の女性は、もう一度答えました。

その父親には、それだけのお金が無かったのです。

サーカスを見るにはお金が足りないということを、後ろに居る八人の子供たちに、どうやって告げれば良いのでしょう。

事の成り行きを見ていた私の父は、ズボンのポケットに手を入れました。

そして20ドル札を取り出し、何気無く落としました。

父は腰をかがめてそのお札を拾い上げ、その前の男性の肩を軽く叩いて、こう言いました。

「失礼ですが、ポケットからこれが落ちましたよ」

その男性は、私の父が何をしようとしているのかすぐに察しました。

彼は人からほどこしを受けるような人ではなかったかもしれません。

でもその時は、私の父の助けを心から感謝して受け取ったのです。

20ドル札を差し出す父の手を両手で固く握り締め、その目をじっと見つめました。

口唇は震え、頬には涙が伝わり落ちています。

「ありがとう。

ありがとうございます。

これで助かります」

父と私は車に戻ると、そのまま家に帰りました。

その晩、私たちはサーカスを見ることは出来ませんでした。

でも、それで良かったのです。

スマホを持つ男性(フリー写真)

父からの保護メール

俺は現在高校3年生なんだけど、10月26日に父親が死んだ。 凄く尊敬出来る、素晴らしい父親だった。 だから死んだ時は母親も妹も泣きじゃくっていた。 ※ それから二ヶ月ほ…

親子(フリー写真)

娘が好きだったハム太郎

娘が六歳で死んだ。 ある日突然、風呂に入れている最中に意識を失った。 直接の死因は心臓発作なのだが、持病の無い子だったので病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受…

虹(フリー写真)

道路に架かった虹

昨日、犬の散歩をしていた時の事。 20代後半くらいの男性が二人、作業着でマンホールを調べていた。 少し立ち止まって見ていたら、前から女子中学生が泣きながら歩いて来た。 …

サイコロ(フリー写真)

あがり

俺は小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。 当初は見知らぬ土地に来てまだ間も無いため、当然友達も居ない。 いつしか俺はノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中…

父の日のプレゼント(フリー写真)

見知らぬおじさん

私には妻が居たが、一人娘が1歳と2ヶ月の時、離婚することになった。 酒癖の悪かった私は暴力を振るうこともあり、幼い娘に危害が及ぼすことを恐れた妻が、子供を守るために選んだ道だった…

おむすび(フリー写真)

母の意志

僕が看取った患者さんに、スキルス胃がんに罹った女性の方が居ました。 余命3ヶ月と診断され、彼女はある病院の緩和ケア病棟にやって来ました。 ある日、病室のベランダでお茶を飲み…

手編みのマフラー(フリー写真)

オカンがしてくれたこと

俺の家は貧乏だった。 運動会の日も授業参観の日さえも、オカンは働きに行っていた。 そんな家だった。 ※ そんな俺の15歳の誕生日。 オカンが顔に微笑みを浮かべて、…

電車の車内(フリー写真)

みんな同じ

俺の娘は今年、4歳になる。 嫁は娘を生んですぐに家を飛び出したので、子供には母親の記憶は無い。 今まで母親のことはあまり話題にせず避けて来たのだが、この間ちょっと考えさせら…

ファミレス(フリー写真)

兄妹の情

ファミレスで仕事をしていると、隣のテーブルに親子が座ったんです。 妙に若作りしている茶髪のお母さんと、中学一年生くらいの兄、そして小学校低学年くらいの妹です。 最初はどこに…

東京ドーム(フリー写真)

野球、ごめんね

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。 学も無く技術も無かった母は、個人商店の手伝いのような仕事で生計を立てていた。 それでも当時住んでいた土地にはまだ人…